2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« 入間の神社杉 | トップページ | 台風のくる前に・・・ »

2009年8月29日 (土)

戦意喪失・・・

入間では二人の森サポ仲間が応援してくれた土曜スカッ晴れの神社杉リギング。

Dscf0013  
 前日にかけておいたラインに加え、やや低いが万一のときのための檜の梢に2つ目のSRTをセット。

 

本日午前中の戦果 トップカット x1 短コロ落とし x2

一応の目的は達成したようなものかも知れないが、正午ごろになって相変わらずの無応答グランドワーカーに堪忍袋の緒が切れ、樹上から怒鳴り散らすようなみっともない仕儀と相成った。
Dscf0020

 

 やる気をなくした午後1時には事故未然防止の意味で本日の作業終了を宣言。

 
 

Dscf0022

 

 作業内容はやはりトップカット&リギング。

 

 但し、空中架かり木蹴飛ばし解決 ┐(´-`)┌ 付き。


  
 

Dscf0021_3

  以後は短コロおとし ・・・ってったって、やる事はトップカットと同じなんだけどね。 まあ、気分の違いで言い方変えてるよーな所があるけど、簡単な丸太状に切って下ろすのは短コロおとし(おろし)、長くて大きめの部分を下ろすときにトップカットって勝手に呼んでます。

 それにしても です。

 下がるたびにSRTのアンカー設定を変更する という実に拙いやり方をしたのがグラウンドワーカー練習生を鍛えるという目的からちょっとズレて最後には怒鳴る という羽目になった原因かもしれない・・・

Dscf0024_3
 だからと言って、グランドワーカーが返事をしない、前進後退指示に従わない、勝手にロープ処理を判断し誤った行動をとる など、許してはならない不良行為を許すわけにはゆくまい って思ってるんだよね。

 林業はイメージする力がなきゃ出来ない仕事だよ。

 それと責任感。 集中力。 共同作業の基本と同じだけど、林業では特に大切ぢゃないかと思ってる。

 今日はその意味で散漫さが余りに目立った一日だった。 大いに反省してもらいたいもんだ。

あまりこんなグダグダを書いていると自分でも嫌になってくるんで、同じ叱責の繰り返しはそろそろ打ち止めにしたいんよ。 

Dscf0027

 

 なんにしても加勢してくれた森サポの世話役に感謝。

 

 明日は続きをできるのかな。
 

    天気予報では雨になるらしいけど・・・

 あ、世の中は投票日ってことになってたんだっけ。

« 入間の神社杉 | トップページ | 台風のくる前に・・・ »

木を伐る」カテゴリの記事

樹に登る」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です。良くわかります苦労が・・うちにも一人いるのよ・・一緒に鍛えてあげますよ!このあいだ新品のバリカンで坊主頭にしたのよ。先ずは気合をいれておかないとね~なかなかね~いつでもどうぞ。

祝)ボーズ頭になりましたっ。
さんぶ刈りですよ。サンブ!!
風呂場でサンブ!!!
地球屋4人組にゴリ押しされて(泣)
どうでしょう?ご一緒に
煩悩をすててみては(泣)


ガムさん久しぶり。
 まあ、最低限のしつけと訓練をしてミニマムの資格?を持たせて諸国漫遊の旅に ぢゃなかった、みちのく一人旅にほーり出す積もりです。
 その時にはよろしくお願いしま~す♪

 をっとぉ
 そういえば、軽4トラのリフトかダンプ そろそろ見つかりそうですかぁ?

なんと! サンプの鞠ちゃんになってしまったんですか
 w(゚o゚)w
 気合がはいってますね!

 う~ん、齢(よわい)64にして未だ煩悩捨て難く♪ まだまだ女の子にモテタイからねー なぁんちゃって punch
 実言うと、おいら頭の格好が似合わないんっすよ。 大分前に(←昔とも言う)シンタロー刈ってのが流行ったころに試してがっくししてしまった虎馬がいまだに尾をひいていたりしてさ。

 んー

 でも、床屋代 バリカン一丁でいけるんだと大分浮くよね 生活費。
 浮いた分で新しいロープやギア買うとすっか? lovely
 でも待てよ?
いやー
 まだまだ女の子に(←口先ばっかし) catface

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102810/46060813

この記事へのトラックバック一覧です: 戦意喪失・・・:

« 入間の神社杉 | トップページ | 台風のくる前に・・・ »