2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« リギング用ブロック(イラスト3点追加) | トップページ | 雨の日は・・・スッピンの器 »

2009年5月28日 (木)

ティンバーヒッチのセッティング

久しぶりにマジになってイラストを描いているうちに、以前友人に紹介して目からウロコの1例だといわれた短いロープを使うテクの1つを思い出した。
 目的はアンカーなどをセットするときのティンバーヒッチを簡便かつ正しくセットする方法。
ティンバーヒッチというのは薪結びのことだけれど、実際は巻き結びでもある。 信頼性は高いけれど、根本的に面倒な要素があって嫌われたり危険な簡易策で対処されることもある。

 幹に巻きつけるロープを折り返し、5回以上よじってアンカーとしてセットすることが指定されているが、簡便策では180度回った位置で1回挟み込むというのもあるようだ。
 これはよほど細い木が相手でないかぎり、なるべく止めたほうが良いと思う。

Photo_2
 ならば簡単に5回よじったロープを巻きつけるにはどうしたらよいか? 現場的で、かつ、安全な方法ってのは?

 こういうノウハウとか技術ってのは仕事の安全にかかわる話なので、できるだけ多くの人に共有してもらいたいと思うし、もし可能であればその欠点な どの指摘も互いに交換しあうというのが私の期待するブログ発信の意味でもある。 ただ、発案したひとの名誉を忘れるべきではないので、このアイデアを教え てくれたDVDを詳細に調べてみたのだが当該部分を見つけられないでいる。
 確か、オリジナルは Ken Palmer& Rip Tomkinsの The Art and Science of Practical Rigging
だったはず。

 どうも私が知る限りの書籍にはどこにも紹介されていないので自分でイラストにしてみた。 現場で適用する前に、雨の自宅の手元で試しておいてみるのも悪くないんぢゃないかと思う。

イラストにコメントし忘れたが、5回よじるとかなりロープが短くなるので、P点をきめる場合、ちゃんと余裕を取っておくこと。

 アイを掴む というのはボーリンの輪の部分をP点の折り返し輪にかける使い方をするという意味。 カウヒッチがずっと簡便だという人も居るけれど、引き出しやポケットはなるべく多く用意しておいたほうが楽しいよね ♪

« リギング用ブロック(イラスト3点追加) | トップページ | 雨の日は・・・スッピンの器 »

木を伐る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102810/45153774

この記事へのトラックバック一覧です: ティンバーヒッチのセッティング:

« リギング用ブロック(イラスト3点追加) | トップページ | 雨の日は・・・スッピンの器 »