2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« ロープ架けの高さ | トップページ | セキュアード・フットロッキングって (補記) »

2009年3月22日 (日)

車の調子が・・・(補記^2+1)

2009・5・14 補記^2+1 を追加してあります。

ちょっとモンダミン・・・
 やむなく、今日の森サポ活動は欠席。 本当は今日で2連荘になる筈だったけど ・・・まあ、しゃあない。 
 おまけに今日は雨含みの空模様、朝から小雨がちらつくようで あまりアウトドアって気分になれない・・・のも まあ、しゃあない (゚m゚*)

 東京マラソン中継もおわって、さあ今日は何すべえか? 

Wesspur2009

 

 

 

 

 

 んな気分でネットで拾ったWesSpurのpdf2009カタログの表紙をみたら、トップカットでのランヤードとクライミングラインと衝撃ブロック用のアンカーの関係がよくわかる写真が掲載されていることに気がついた。

 やっとこさっとこデッカいファイルをダウンロードし、この絵をイラストレータでなぞってみたのだが、考え方を学ぶには悪くない絵になっていると思ったので、改めて紹介しておく。

Topcut_1

 画面からはみ出しているが、この絵の右側には今まさに落下を開始した瞬間の、トップカットされた丸太が写っている。

 スパーを履いての登高は未だあまり得意になれないテクニックだけれど、この写真でみるクライミングライン・アンカー、ランヤード、ブロック用スリングの位置関係はなるほどと思うことばかり。

 それにしても車の調子が悪い日ってのは時間の潰し方がピンとこないで困る。

 やっぱし入院させるっきゃないか・・・ な

追記:
 書き忘れたけれど、トッピングカットを行うとき、受け口両脇のツルの下に必ずカーフカット(斧目)を入れ、木の繊維方向への裂けが生じてもでタイ・イン・ポイントが影響されないようにすることになっている。

 まあ、この写真(イラスト?)のような事例では、直下にあるブロック用スリングで裂けの伝播は十分に抑制されるから問題ないってわけだが。

補記^2:
 それと、この写真には大きな疑問がついて回ることを書いておくべきだったんで補記の補記しときます。

 本来のトッピングカットでは、チェンソーで受けを切ってから短コロ落としのブロックラインを結んで、その後で追い口を切るんですが、その追いはノコ道が開く直前あたりで停めておいて最後の追いは手鋸で切る・・・ って作業を反復練習しとく訳です。

 この写真にあるような、チェンソーで叩き切って短コロを落とすような作業は派手に見えるけれど余り意味は無いやり方ぢゃなかろうか と個人的には感じていたりします。

 チェンソー彫刻でも本当に尊敬できる達人クラスの人たちはみなさん、大きなブロックを切り出したら丁寧に(?)確保しておいて、本番のおわるころ、それで小物作品を作って観客にプレゼントしたりしてますよね。

 乱暴に木を切りまくるってのは、本当はかなり格好悪いんぢゃないかな・・・(ボソッ)

補記^2+1:

 さきほどWさんから電話を貰ってこのブログ記事の写真・イラストでのロープ位置がちょっと標準的でないという指摘を貰った。
 基本的にそのとおり。
 普通に知っている範囲では、自分をセキュアしているロープ類の上に荷重のかかるリギング関係のアンカーがくるようなことは避けるものだと思う。
 ただ、何しろこの写真でのカットされた丸太は太くて長すぎるんで、落下距離を最短にしたいという意図が働いたんではないか そのために自分のランヤードの上にティンバーヒッチのブロックアンカーをかけて40cm程度のロープ設定をした(結果的に80cmの落下衝撃になることを狙った)のではないか それにしては、カットした瞬間、次の落下衝撃へ備えるためチェンソーを下げ自分を確保する姿勢にうつらなきゃなんないのに、写真映りの格好決めてるのはどういうもんだろか・・・・ なんて事を話し込んでしまった。

 実際に起きる落下衝撃はロープの遊び分だけで決まるわけではなく、切断した丸太の重心位置の変化した分(つまり位置のエネルギーの変化分)によって決定される筈なので、あまりこの説が有力な気はしないけれど・・・ WesSpurに問い合わせのメールを出してみようか なんて事をかんがえたりした。

 Wさんは多分、特伐で日本の代表選手になれるくらいの凄腕のクライマー樵さん。

 どんな小さな疑問もとことん自分で考え、必要であれば色々な人に考えをぶつけて自分を磨くという生き方をしているひとだけど、オイラも同じ路線でやっていきたいと思ってますんで、そこんとこ よろしくです( ^ω^ )

« ロープ架けの高さ | トップページ | セキュアード・フットロッキングって (補記) »

木を伐る」カテゴリの記事

樹に登る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102810/44428363

この記事へのトラックバック一覧です: 車の調子が・・・(補記^2+1):

« ロープ架けの高さ | トップページ | セキュアード・フットロッキングって (補記) »