2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« このツタにキヅィタ? | トップページ | まぼろしの犬・・・ »

2009年3月 7日 (土)

なに、これ?

予定どおりにカレンダーをめくり、予報どおりにおだやかに晴れた土曜、立派なクヌギの材を戴きに再度毛呂山訪問した。 ただし、今回は木工作家のSさんと一緒。
 なんといっても私の車では現場に入れないし、チェンソーも貧弱だから、ジムニー持ってて088を振り回す本職の虎の威を借りることにしたって話 (^^;。

Dscf1763

 前回には気がつかなかったけれど、 山積みになっている材のめぼしいところを漁ってみると、これが重機利用伐採の欠点(?)の芯抜けが実に激しく目立つことにやや落胆。
 丁寧に受け追いを切って芯を抜いたり斧目をいれたりして倒せばここまで激しい抜けは起きないとおもうんだけど、バックホーなどの重厚長大な機械力を雑に使うとこうなることがあるという見本みたいな材だった。
 最初の写真でわかるとおり、芯抜けが80cm以上にも及んでいて、この太い材は残念ながら、なに?これ? って品になってしまっている。

 しかし、この現場のクヌギ、不思議なくらいに硬い。

Dscf1762
 スチールの088を使ってイッキにクヌギを3枚におろして貰ったけれど、流石に最大クラスのチェンソーの威力は大した物だ。 私のMS260だとどうやってもエンジンが負けてしまう。

 まあ、いくら088が凄いといってもクヌギの木肌に食い込んだ砂やゴミには敵わない。 この3枚おろしでSさんの088は 研ぎなおし! ということに相成った。

Dscf1761
チェンソー砥ぎの現場的な実感では、いかにスムーズに軽く手早く、必要な目立てをおこなうか という点が重要だろうと思う。

 Sさんは昔ながらの磁気貼り付け磁石取付け式角度パネルでフリーハンドの砥ぎを1カッター毎に1秒程度で回している。
 ヤスリを摺る音とリズムに本職の年季を感じる。

 Sさんから材のお礼の品として桐のサラダボウルを預かり、山主さんにお届けしようとしたら留守。  代わりに兄上のN川さんに使っていただくことにしたのだが、聞いてみたらご本人は一週間ほどエジプト旅行にでかけているんだとか。
ま、それはおいといて。
 厚さ3mm程度に挽いた桐の材は太陽に透かしてみると仄かに光を透す軽い器に仕上がっている。 サラダボウルとして使い込み、しっかりとドレッシングオイルが沁みこんだころには、きっと食卓の上に森の息吹を通わせてくれることだろう。

 帰宅した足でチェンソー彫刻練習森へ。 何をするでもなく、ただ2時間ほどもリッチでおだやかな森林浴の時間を堪能したのだが、信じられないようなオオタカの遊びの現場を目撃してしまった。
 まだ幼鳥なんぢゃないかと思うけど、まあ、そのなんだ・・・ 言っても誰も信じないと思うんでここには書かない。 自分でみたものが現実なんだか空想なんだかはっきりとしない部分があるし、どうせ なに?それ? って言われるのがオチだから。

« このツタにキヅィタ? | トップページ | まぼろしの犬・・・ »

今日の佛草」カテゴリの記事

木を伐る」カテゴリの記事

木を挽く」カテゴリの記事

コメント

結構でかいクヌギですね、目立て云々も大事ですが大きい木や固い木ではやはりチェンソーのパワー自体が無いと辛いです。
現場で3枚おろしにしてもらったのは判る気がします。バンドソーにも乗っけられないだろうし、なんといってもこれだけの木だとかなり重いはず!!!

私も信じられない光景を見たことありますよ、小熊が川原で黒い毛をきらきらさせながら遊んでいたのを近くで結構長い間見たり、信じてもらえないような巨大なヤマセミを見たことがあります。
だからオオタカの話しも信じられると思うので今度酒飲む機会にでも教えてください(^^)v
山にはまだいろんなものがあるのでしょうね、だから面白いですが。

にゃはは やっぱし佐藤さんには話が通じるな~
 そうなんですよ、とにかく重いんです。 同じクヌギと言っても、これだけ稠密で木口にトビが利かないってぇ堅い木は経験したことがありまっせん。
 3枚におろした真ん中の板1枚は私の力だけでは持ち上がらず、地面に立てて右・左と傾けながら移動するのが精一杯でした。  よく無事に車から降ろせたもんです。

 森の中で巨大な油蝉が地面を転げまわるようにして遊んでいる そんな錯覚を起こしそうなオオタカでした。
 しばらくしてからカラスたちが巡回していましたけれど、やはり気がたっているんでしょうね 仲間同士でとっつかみあいの喧嘩もしてたりしました。 地べたに仰向けになって喧嘩しているカラスってのはまるで野良猫みたいでした。
 カラスのことは別として、森ってのは本当に奥が深いですね。

お久しぶりです。
今日 近くまで行ったのでもしかして月光仮免さんがいらしゃるかなと思いジョイフルに駐車して森のさんぽ道を子供と散歩してきました。
きれいな森で多くの人の時間が費やされているなーと思いました。きれいに維持していく事でゴミを捨てる人が少なくなっていくのでしょうね。
自分で最近、カービング、ツリークライミングをやってないので時間を作らなきゃと思いながらですが今年もよろしく御願いします。

大沢さん、4月は5、29日に井の頭公園でのツリクラ体験会サポートにでかけます。
 今年のカービングテーマがようやく決まったんですが、その前提に、ちょっと腕立て伏せや腹筋運動で筋肉をつけておかにゃあならん・・・ような実情です(泣)
 今年からは定期的な練習会を開くようにできればと思っています。
 ご参加期待しています(^^)
よろしくで~す!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102810/44273607

この記事へのトラックバック一覧です: なに、これ?:

« このツタにキヅィタ? | トップページ | まぼろしの犬・・・ »