2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« 墜ちる練習・・・ | トップページ | 連日の・・・ »

2009年2月14日 (土)

ユガテの森で

一昨日の所属クラブのMLで、東吾野のユガテの森で循環式架線集材の研修があることを知った。 平成16年の日本の名人100人に選ばれた上林さんが指導してくれるというので即、参加申し込みをした。 

 雨の予報が心配だったのだが、予報どおりの雨模様だったものが、何故か現地に着くころには晴れあがり 杉花粉も抑え気味♪・・・だったのかどうか・・・は しらないけれど(笑)

 実はユガテというフィールド訪問は今回が初めて。

Dscf1529

 カーナビが勝手にきめた鎌北湖からのアクセスで散々道に迷いながらなんとか時間前に現地到着したのだが 「目的地周辺です 案内を終了します」 と放り出され、慌てて辺りを見回してみれば、なんとまあ さっぱり方向がわからない。

 偶然に出会った軽トラにユガテへの道を聞こうとしたら、なんとまあ、その軽トラがちょうど担当の事務所のメンバーで、なんとも都合よくピッタンコの相手にめぐり合えたって話になってしまった。


 名人と再会の挨拶もそこそこにDscf1532、開会式前から早速、200m巻6mmワイヤーのスプライシングの特訓からはじまり、一日で「ひっぱりだこ」ウインチを利用した循環架線設営と実際の集材とを体験した。

  ワイヤーのスプライシングは今回が初めての経験。

 超ベテランの名人に叱咤激励(笑)されながら、とにかく鋼索で大きな輪っかをつくり、(たぶん、全部で180mくらい?) 8台だったかの片持ち滑車をあちこちに台付けした林内に集材ループを設定する。

Dscf1550

慣れてしまえば別にどうって事ないんだろうけど、やっぱし片持ちの滑車を材が通り抜けるのを見ているときには、ちょっと気分が踊るような気がする。

Dscf1544

  搬送ワイヤーにぶら下げるスリングはいつものバッチマン。

 この輪に、材を吊るすチョーク掛けしたループスリングをくぐらせ、その先端に小枝を刺して止めておく。 ま、役に立てばどんな方法でも別に構わないって訳だが。

 んでもって、成果はってえと、この動画のとおり。

まだ2月だというのにまるで春みたいな陽気の、なんとも面白い刺激的な1日を、蝋梅の咲き誇る秩父路の奥、ユガテの森でまったりと堪能してきましたです。

 何かと役人に風当たりの強い昨今の世相だが、休日に地域NPOの活動を保護観察するため一日こうしてつきあってくれる人も居たりして、マスコミを介して 見る世と違い、自分の目でみる世の中ってのにはそれなりに深いものがある・・・ ような気がしないでもないでもなひ(汗)

 あぅ・・・ もし、顔でてて都合悪いって事になったらyoutubeの動画はいつでも抹消しますんで、そこんところ よろしくです。

 でもまあ、また新しい出会いもあって う~ん なんとも まんだむ  (v^ー゜) でバレンタインな一日でした。

« 墜ちる練習・・・ | トップページ | 連日の・・・ »

木を伐る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102810/44059170

この記事へのトラックバック一覧です: ユガテの森で:

« 墜ちる練習・・・ | トップページ | 連日の・・・ »