2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« 最初の一歩から | トップページ | 道はいろいろ »

2008年12月18日 (木)

明日<の宿>はどこ?!

 頼もしく責任感とユーモアを併せ持った友人が居た。
 若すぎる死を悼み、彼を記念する植樹があって、その名札を製作する栄誉が回ってきた。 
もしかしたら本当に小さい名札を期待されているのかも知れないけれど、来訪した人々やこどもたちに優しく豪快に微笑みかけるような、在りし日の彼の姿を彷彿とさせるには、やはり森の番人、守り神、哲学者の フクロウ だろう! と思わざるを得ない。

Katotag
チェンソーカービングで作る名札のイメージを2つ、描いてみた。 どちらも杉かヒノキでクリアのキシラデコルを含浸させる。 名前部分の下地は赤。

右(A案)が児童に見上げる目線で語りかける迫力のあるフクロウ。
左(B案)は木の上で物思いに耽る小さなフクロウ。

 さあ、どっちがいいか。

 作って不満を買うようでは拙いが、余り小さい単なる名札では、彼の思いや彼への思いが伝えきれないような気がしてならない。 無論、「単なる名札」も太いリョウブの枝で作れない訳ではないから、チェンソー彫刻と一緒に渡して選択はむこうに任せようかと思う。

 今の段階で迷うのはA案かB案かというところ。

 B案では余りに寂しくなりすぎるような気がするので。 

明日からまた郡上八幡詣の予定。
 帰宅は月曜になるはず。
 当然、無事だったなら の話だけれど(笑)

« 最初の一歩から | トップページ | 道はいろいろ »

木を刻む」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102810/43458283

この記事へのトラックバック一覧です: 明日<の宿>はどこ?!:

» 木の番人 件 名札 [つれづれもん]
今月、とても悲しい出来事がありました。 ツリークライミングの先輩で、自宅も近所で、殿と共にすごく、すごくお世話になった 恩師でもあるK... [続きを読む]

« 最初の一歩から | トップページ | 道はいろいろ »