2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« 安曇野カービングキャンプ2008へ | トップページ | 手紙-アンジェラ・アキさんの歌に添えて (補記081026) »

2008年10月21日 (火)

安曇野カービングキャンプ2008終了

とにかく無事(←??)に終わりました。
 上で?マークをつけたのは自分の個人的な部分で車のタイヤのパンクとか、結構ストレスになることがあったため。
 緊急ヘルプコールと思ったけど、なんと携帯電話がバッテリー切れでただの形態電話になってしまってましてね・・・ 田んぼの中の暗闇道をトボトボと救援を求めて歩き始めたときの、なんとまあ、心細かったこと(泣)

 幸い、帰路を付いて来ない私の車を心配したアイバーカーさんが探しに戻って見つけてくれ、連絡をうけた塾長にレスキューされましてね、なんとか無事に生きて家まで帰れました。
 正直、車のボンネットなんか開けなくなって何十年。 いやはや、今回はなんとも参りました。
 気力を振り絞って安曇野で撮影した写真をHPページにまとめてみましたので、その気のあるかた、覗いてみてやってください。 ちゃんとしたレポートは塾長がチェックしたあとで本家のHPに掲載されると思いますんで、そこんとこ、よろしくです。

第1日目 → http://kobikiya.web.fc2.com/AzuminoSchool/Azumino_2008_1.htm
第2日目 → http://kobikiya.web.fc2.com/AzuminoSchool/Azumino_2008_2.htm

とにかく材のお代わり自由。 根曲がり杉を使い杉ても誰も文句を言わないで、もっと使って存分に彫れという なんとも不思議でユニークなキャンプでした。
 あまりチェンソーアートとしての形式に縛られないで、もっと楽しくできる方向を探してもいいんだよ という塾長の方針。 参加された皆さんにはかなり伝わったのではないかと思いました。
 今回の100本杉のスポンサーになってくれた等々力さん(配布したTシャツ背中にある似顔絵の人物)に改めて感謝です。 本当に有難うございました。

さあて、明日はタイヤの安売りチラシで店を探して一日暮そうか。

« 安曇野カービングキャンプ2008へ | トップページ | 手紙-アンジェラ・アキさんの歌に添えて (補記081026) »

木を刻む」カテゴリの記事

コメント

安曇野アルバムしっかりと見ましたよ~♪
私もあの空の上みたいなところで自由にカービングしたいと思いました。

この度はありがとうございました。
月光仮面さん達のおかげで思いっきり楽しめました。
三次会あたりは写真撮ってるんですけど、それが
どんな状況だったか覚えていない有り様です...
とにかく自由に彫って、360度からエンジン音が
聞こえている空間!よかったですねぇ。

アルバム楽しませて頂きました(少し頂きました)、家族共々2日間何かとお世話になりました、ゆっくりお話する機会が有りませんでしたが次回の楽しみに取っておきますね、有り難うございました。

うぅぅ~(/□≦、)
楽しそうだねぇ~。
来年はぜひ行きたいけど、職長講習を受けるという事はますます本職が…
でも、何とか来年は調整して行きたいのだ!
五郎さんのバカボンシリーズも良かったねぇ~。
今年はアニメがテーマだったのでしょうか?

やっぱし相性がそうゆー事になってるみたいで、佐藤さんからの酒がわたしんところへやってきました。
 昨日はワイングラスにほんの杯ほどいただいただけですっかり赤くなって寝ちゃいましたが、素直でいい酒だとおもいました。

菊池さんのフクロウ、今回初めて見ましたYO
 スタンド部分をずいぶん工夫しておられたけれど、ずいぶんと余裕も感じられましたね。
 やっぱし最後はヤマガラで締めたところなんざ、故郷の町のシンボルを大切にする菊池さんの、その心意気やよし! ですね。

 ムラタさん、鳥羽生徒がずーずーしくも山小屋モデル製作についてのご指導をお願いしてしまいました。
 ご親切にも懇切丁寧に付き合っていただき ただただ感謝です。
 鳥羽生徒に負けず私もずーずーしく、 今後のお付き合いをよろしく! と、お願いしちゃったりします。( ^ω^ )
 

音や~ん♪
 安曇野、いいでしょ。
 でも、とぉっても残念なことに、今回もカオナシ網タイツを目撃する前に私は沈没してしまってました。
 そっか、職長講習うけるんですね。 お仕事、ぐわんばってください。 それに負けないくらいに、カービングもぐわんばりましょう。

 五郎さん、漫画パワー全開でしたね。 おまけに・・・ あー、これ以上は私の口からはとても言えねぇ言えねぇ (笑) なんちって。
 五郎さんの素敵な面もしっかり確認してきました。
 みんな凄い人たちばかり。
 なんてったって 安曇野を雲の下に見晴かす長嶺山頂でのカービングキャンプでしたから (v^ー゜)!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102810/42861932

この記事へのトラックバック一覧です: 安曇野カービングキャンプ2008終了:

« 安曇野カービングキャンプ2008へ | トップページ | 手紙-アンジェラ・アキさんの歌に添えて (補記081026) »