2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月30日 (木)

わすれもの・・・

なぜかは知らないが、思わぬところから伐採や応援の依頼などが舞い込むようになってきた。 考えてみたらスリング&シャックルはOさんのヤマ、クレモナ20mロープを1本所沢の宮司さんのヤマ、あちこちに仕掛けておいて回収していないギアが散在していることを思い出した。
 昨水曜の定期清掃活動後、ちょっと忘れ物をとってくるからと家内を車にまたせてOさんのヤマの檜に登り高価なスリングと太目のシャックルを回収。 

Dscf1104_2
止せばよいのに藪蚊の群がる車の外に出て写真をとってくれた家内が、観察した結果トップまで80ステップで登ったとレポートしてくれたが、所要時間は?と聞いたら計ってなかった とノタマウ。
 たぶん、車を停めてから撤収まで全部で40分程度の簡単なクライミングだったが、思い出してみれば最初のころはこんな作業でも3~4時間はかけていたような記憶がある。 なんとなく、習熟してきたのかな?なんて自覚が生まれる。

 今日は所沢へでかけて仕掛けておいたロープをつかって枯れはじめた電線傍杉の伐採を片付け、クレモナ12mmロープを回収してきた。。

続きを読む "わすれもの・・・" »

2008年10月25日 (土)

手紙-アンジェラ・アキさんの歌に添えて (補記081026)

 ずっとこのところ、アタマの中でアンジェラさんの歌がリフレインを続けている。
 彼女が素直で美しい声の持ち主であるのはもちろんなのだが、この歌にこめられた思いに60過ぎた爺さんがいまさら共感するってのも・・・ 正直つらいものがないわけではない。

( 中には勘違いする人も居るみたいなんで補足しときますが、私がこれまで人物像を彫ることで伝えたかったメッセージがこのアンジェラさんの歌と同根・同質のものだった という意味でしてね、私がアンジェラさんから励まされたりした・・・などという訳のわかんない話ではないんですYO  60過ぎた爺さんならもっと枯れた励まし方ができそうなものですが、やはり自分の声を信じて頑張ろうよ と言う言い方しかできない ってのが「辛いものがある」という意味です 念のため )

拝啓 この手紙読んでいるあなたは どこで何をしているのだろう・・・

 NHKのみんなの歌や中学生たちの合唱課題曲で知るようになったこのアンジェラ・アキさんの歌をテーマに、埼玉は日高の新堀建設主宰のチェンソー競技に出てみた。
 参加した面子はいつもの上位独占組みと、新しく参加されたツリークライミング仲間。 とにかぁ~く、ずっと辛抱して発酵して酢になりそうになったイメージをようやく吐き出すことができた。

1084l

 ただし、勝手に6時間競技を想定していて現地についたら実際は3時間競技なんだと気がつき、自分のテーマを追いかけつづけることにちょっと迷ってしまった。
 幸い、なんとか彫り上げることができて、最後にK氏が落札してくださった。

 Kさん有難う。  写真、メールしますね。

続きを読む "手紙-アンジェラ・アキさんの歌に添えて (補記081026)" »

2008年10月21日 (火)

安曇野カービングキャンプ2008終了

とにかく無事(←??)に終わりました。
 上で?マークをつけたのは自分の個人的な部分で車のタイヤのパンクとか、結構ストレスになることがあったため。
 緊急ヘルプコールと思ったけど、なんと携帯電話がバッテリー切れでただの形態電話になってしまってましてね・・・ 田んぼの中の暗闇道をトボトボと救援を求めて歩き始めたときの、なんとまあ、心細かったこと(泣)

 幸い、帰路を付いて来ない私の車を心配したアイバーカーさんが探しに戻って見つけてくれ、連絡をうけた塾長にレスキューされましてね、なんとか無事に生きて家まで帰れました。
 正直、車のボンネットなんか開けなくなって何十年。 いやはや、今回はなんとも参りました。
 気力を振り絞って安曇野で撮影した写真をHPページにまとめてみましたので、その気のあるかた、覗いてみてやってください。 ちゃんとしたレポートは塾長がチェックしたあとで本家のHPに掲載されると思いますんで、そこんとこ、よろしくです。

第1日目 → http://kobikiya.web.fc2.com/AzuminoSchool/Azumino_2008_1.htm
第2日目 → http://kobikiya.web.fc2.com/AzuminoSchool/Azumino_2008_2.htm

とにかく材のお代わり自由。 根曲がり杉を使い杉ても誰も文句を言わないで、もっと使って存分に彫れという なんとも不思議でユニークなキャンプでした。
 あまりチェンソーアートとしての形式に縛られないで、もっと楽しくできる方向を探してもいいんだよ という塾長の方針。 参加された皆さんにはかなり伝わったのではないかと思いました。
 今回の100本杉のスポンサーになってくれた等々力さん(配布したTシャツ背中にある似顔絵の人物)に改めて感謝です。 本当に有難うございました。

さあて、明日はタイヤの安売りチラシで店を探して一日暮そうか。

2008年10月17日 (金)

安曇野カービングキャンプ2008へ

午前2時。
 なんかトンでもない時間だけど、これから信州安曇野の長嶺山頂での会場設営、安曇野教室、大会(キャンプ)、そして後片付け の4日間のスタート。 
 大金を払って取り付けたETCの減価償却を進めるタメ、高速道路料金の深夜割引制度を利用するんで、こんな時間に出発せにゃあならんのDEATH (--;

 今ではすっかり落ち着いて食欲も寝息もイビキも元のままに回復したボビーを足許に踏んづけながら出発の挨拶ブログ。
 今回の安曇野大会に集まってくる懐かしいようなオッカナイような顔が目に浮かぶ。 

 もう穂高は冠雪の時期。 常念岳はどんな姿で出迎えてくれるんだろう。

念のため携帯品の再確認。 
 どうやら徳用トクホンが最重要品ってことになるみたいだけど(汗 

 まだ時間は早すぎるけど

    ♪ さあ出発だ~ いま~日が登るぅ~♪

      って、 ・・・ 誰がマルコだって (‐‐?

2008年10月13日 (月)

自作ギア ( pabllo's acorn )

ツリークライミングで日本と欧米のギアの違いの目立つポイントは樹皮・ロープ保護用具ではないかと思う。
 欧米はこういう道具 →http://www.wesspur.com/images/product/90400230_01_500.gif
 あるいはフリクションセーバーとしてこういうやつ →http://www.wesspur.com/images/product/4157group_01_500.gif
を使うことが多い。

friction saver
 日本でもフリクションセーバーは多用されるが、トップアンカーでの cambium saver は欧米と違い宅内配線保護用チューブを利用したものがよく使われる。
 この写真の黒いチューブがそれで、使い方としては木の枝にこのチューブをかけ、そのチューブの中をロープが通るようにセッティングする。

続きを読む "自作ギア ( pabllo's acorn )" »

2008年10月10日 (金)

エコフェスタ2008 in 千葉

 今晩のウエルカムパーティから始まる今年度の千葉大会、突然の事情があって参加できなくなりました。
 皆さんにお目にかかれることをずっと楽しみにしていたんですけど、実に残念です。

 またあえる時まで、皆さん、よろしく。

2008年10月 9日 (木)

広葉樹でのトラバースって

世の中、教わった知識の範囲では処理しきれない要求が溢れている ってのは別に科学技術や世渡り技術の世界だけの話ではない。
 木渡り技術の世界でも当然、本やマニュアルにならないようなノウハウ・ドゥハウはいっぱいあるわけだが、御多聞にもれず、日本国内でそういう情報がオープンに交換される場ってのは哀しくなるくらいに少ないもんだ。
 んな訳もあって、今朝から今まで、TCIのフォーラムでトラバース時のスローライン回収方法についての会話スレッドと添付YouTube画像をしっかりと勉強させてもらった。

目的は、隣の木とか、ずっと離れた枝にトラバースするためのロープの架け方の探求。

 で・・・ どうもアタマで考える限りでは、これが決定的なアイデアであるような気がしない。 むしろ、あまり繊細な用具をヤマに持ち込むことには多少否定的な感覚がある。

続きを読む "広葉樹でのトラバースって" »

2008年10月 6日 (月)

やまおやじの会の里山隣接地で

このところ4連チャンでヤマ遊びをしまくってきている。
 今日は休肝日ならぬ休山日(^^;
前半2日間は川越での前の伐採処理の後始末。 倒した木の枝を全てナタで葉削ぎ小枝削ぎをして筋肉痛に悩まされたあと、引き続き2日間をこんどは狭山で遊ばせてもらった。
 狭山の大病院駐車場予定地で伐採があり、本格的に重機が入る前に自分たちの手で伐倒処理をする地主さんたちの会の応援、兼、森サポクラブの薪プロジェクトの助っ人。

10098180243

 その地主さんがご自分のブログで作業写真を公開してくださったので、私もちゃっかりその写真を頂戴してしまったりした(笑) 

 

続きを読む "やまおやじの会の里山隣接地で" »

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »