2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« やっぱしココログ。 また記事を捨てられてしまった。 | トップページ | 第三回東日本チェンソーアート大会 »

2008年9月 3日 (水)

暑かった~

久しぶりの晴天。 
 このところの豪雨をもたらした高気圧とか低気圧とかの話を忘れ、単純にまるまる青いだけの夏の空を見上げれば自然、こころは浮き立つ(^^;
 んな訳で、ってより、森サポクラブのIさん経由で電話依頼のあった「どんぐりを植える会」の名札50枚製作作業。 その素材をゲットする目的もあって朝から所沢へ。 メインの目的は杉の短コロの引き取り。

 ブログをたどれば7月11日の事だったと今更日記の便利さに感心したりするのだが、あの日の膝の故障でそのままになっていた杉玉切り材の搬出にようやくとりかかったって訳だ。

 しっかし、本当に太陽が遠慮なく照らし腕がジリジリと焦げるような暑い夏だ。 

 Dscf0467  

この界隈名物の極細の道路に車を停めて、あたりの民家に片っ端から駐車理由のことわりをいれた。

積んでおいた材は1m80cmにそろえてあった。 我乍ら感心。
 だけどねー、このままでは私の車には積めないので、大袈裟にMS260で1m20cmに切り直す。  とりあえずこの短コロ4本をいつものSTIHLのツル(トビ)で転がして藪の中に道を作りながら道路まで30mほど運ぶ。 これが結構な作業になった。

 この広大な敷地の隅に地域の共同墓地が2箇所あるのだが、その敷地境界間際の杉を台風シーズン到来前に安全のため倒しておいてくれないかという相談をう けた。 倒すのは難しくないが6600vの電力線も近くにあるのでロープ掛けで慎重に処理する必要がある。 倒したあとの材は神社境内を掃除奉仕する人た ちのための休憩用ベンチにしてくれという。 そのための軽トラは地元で手配できるとのこと。 あっさり引き受けたものの、9月10月の週末はぜーんぶ大会 やイベントサポートで詰まっている。 伐採それ自体は週日に自分でやるとして、搬出やベンチ作りなどについて応援してもらえそうな人を募るよう厚かましく森サポのS さんに携帯電話でお願いした♪ 

 今日の主目的の短コロを車に積み込む時、ぎっくり腰を警戒して「バナナのように腰をいれ、持ち上げる時には息を吐きながら」積み込んだけど、いやあ・・・暑さで参りました、これ以上の作業は諦めました と宮司さんに挨拶。
 汗まみれで搾れそうになったシャツを着替え、とにかく退散。 ようやく川越の借森で材を下ろした。

 慣れ親しんだヤマでしばらく休んで、昨日作りかけた峠越え少女像を眺めていたら、やっぱし彫りたくなってくる。
 あー、俺って歳に似合わず結構元気ぢゃん♪

 んな訳でともかく、なんとか昨日の像は完成させた。
 合計すれば7~9時間かかった勘定になるだろうか。

 もう暗くなったので写真は明日。

 あー、今日のハイネックTシャツの着替えは合計4枚。
 とにかく暑い一日がおわる。

いやあ、山形大会がなければ、オイラ、こんな日はずっと家でクーラーにあたってTVみて過ごすんだよなー

« やっぱしココログ。 また記事を捨てられてしまった。 | トップページ | 第三回東日本チェンソーアート大会 »

木を刻む」カテゴリの記事

コメント

今日は暑かったね~全く。
昨日、病院に行き神経痛の診察を受ける。「痛みは引いてきて、痺れが有る」と言うと、ブロック注射はせず投薬のみになった。少し良くなった訳!。医者は少しの作業はOKと言うので、早速素人農園へ出かけて、サツマイモ畑の手入れをする。
 急に暑い最中の作業をしたので、「熱中症」になってしまった!・・・フラフラになり吐き気がして、涼しい処で1時間程横になってやっと収まったが・・・本当に身体も弱ったと想ったよ!。
 以上は身勝手な我が話ですが、”本題!”、9月末頃になれば、状況が好転すれば行けるかも(^♪^)・・・Sさんにも会いたいしね!。
 

あったく呆れた爺様ですな~仙人さん。 いい加減にご自分の歳を考えなされませ happy01
 あたしなんざぁブログに書いたとおり、ちょっと無理だと思ったらすぐに謝ってしまうからねー おかげでなんとか無事に生きてますYO

 9月末ごろになれば って、もう9月も半ばですぜ(←気が早いってのも老化現象のうちかな)
 とりあへず伐採は9月13・14日の土日あたりを考えています。
 玉切り作業や搬出などを森サポの仲間に応援してもらえれば、稲刈りのころにはあちこちにベンチを揃えられると思います。  
 今考えているテーマは半割り丸太で作るテーブル面に水平一括溝彫り筋入れ(一種のホゾ継ぎ)技術です。
 これはやっぱしアラスカンなどを使った、ある程度精度の出た均一厚の板の製作、が前提になりますが そこそこ面白い作業になるんぢゃないかと思っています。
 10月中旬になると大会も一段落。 19日の安曇野大会が最後になります。 またご一緒に森サポで遊ばせてもらいましょう lovely

成瀬さん!
いいじゃないですか。イメージどおりじゃないんですか?
顔のバランス、目のディテールいいですよ。
ああーおれも彫りたくなってきたぞ!

木霊さーん、前にもどっかに書いたんだけど、大会で 可愛く作ろうと思ってら って伴さんから笑われましたよ。
 特別に可愛いという訳でもなく特に美人でもないような、本当に普通の女の子が、数々の辛いこと哀しいことを自分の運命として受け入れながら、決して諦めず活きてゆく道を切り開いてゆく姿が、あの「おしん」の物語でした。
 そのたゆまぬ健気に生きる姿こそが 美しい という賛辞に値するものだろうと思います。
 私もなんとか、そういう境地を彫り描きたいものと思っています。
 これからもずっと、一緒に頑張りましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102810/42369028

この記事へのトラックバック一覧です: 暑かった~:

« やっぱしココログ。 また記事を捨てられてしまった。 | トップページ | 第三回東日本チェンソーアート大会 »