2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« 暑かった~ | トップページ | yoyoシステムでのトラバース枝打ち »

2008年9月 8日 (月)

第三回東日本チェンソーアート大会

 日本では初めての試みとして、今回は60歳以上用のシニアクラス枠が設定され、通常のオープンクラスより時間枠が2時間追加された。 
 折から初日は地元も驚くほどの暑い猛烈な日ざし。 正直、ヤマでの作業でも もう若い人たちと同じペースでの仕事はできない(←もともと出来なかったりして gawk )ので、このプラス2時間という設定はとにかく有難かった。
 作ったのは前にも書いたとおり 峠越えの少女像(おしんをイメージ)。 材はいつもの金山杉のゴン太根株で末口68cm。 色々と木から学ぶことの多い挑戦だった。

 気になったのは写真のとおりの宮城Sさんの仕事での疲れ具合。
566
  あー、 ・・・失礼。 

   こっちは作品 草笛を吹く少年 の写真でした catface

 本人の写真は・・・ 丁度いい塩梅に左上で切れてしまっているけど、ちょっと無断で掲載しちゃ悪いような疲れかただったんで今回は遠慮しておきます。

 つくづく、作品と作者って本当に同じ人物だったんだなー と感じてしまったです。 作者のほうがちょっとだけ老けているようには見えるんだけど(笑)

 いくら仕事でもあまり無理を続けるなよー と、口で言うのは簡単ですが、現役の仕事の責任者の重圧はよく判ります。 くれぐれもお大切に、ご健闘をお祈りします としか言うほかありません。

 いつまでも負けないでいてください。

555  今回の大会でひそかにコラボを組んでくれた長野のあいバーガーさん、同じタイトル「ふるさと」で味のある婆さまを彫っていた。

これは本人の写真。

 作品の写真はこっちのほう・・・DEATH!

556

 本当、作品ってのはどういうわけか不思議と作者に似るんだよねー (汗)


 

 ならば、この作者は誰か・・・

   見てすぐにわかっちゃうからなー この世界には怖いものがあるんですよねー。

577

 
 
 
 
 
 

 シニアクラスでいただいた2時間のプラスアルファは、初日のピーカン天気での熱あたり退避時間にかなり食われてしまった。

 私だけが鍛錬が足りていないってことでもないようで、隣で古代ローマのシーサーガーゴイルを彫っておられた同じシニア組のWさんも、開始30分あたりで暫らくは倒れそうになっておられた。  異国文化のアートには、また心惹かれるものがあるけれど、私はまだそこまで手を広げる余裕がない・・・

 とにかく、夢中で彫った 峠越え姿の少女像

538

 とにかく、みてやっておくんなせえ。

  

 ← これは作者も混じってます。

 やっぱし作者と作品って、良く似てるでしょ catface

  

542  

 M~!さん、息子さんと一緒に応援にきてくれて有難う。 

 

 まさか!と思っていたんで、ジ~ンときそうになっちまい、精一杯に憎まれ口を叩いてしまったです。 

  

  それから、彫らないで写真記録を残してくださるyoukiさん、アテにしてあまり自分では写真とってませんので、なにぶん、よろしくお願いしますです。

 それと、今度はMS200の旧タイプのキャブ講習やってくらはい。

545_2  

 北海道の木霊さんは還りのフェリー便を待つので更に一泊。 音やんの天狗やヒロさんの鷹匠、熊さんの大迫力の守り神、一つ一つ取り上げていたら書き終わるまで今年いっぱいかかりりそうなブログになっちまう。

 懐かしい顔があり、心配の残る顔もある。 新しい出会い、そしていつもの大会。 なによりも 有難う、金山のみなさん。

 今回の挑戦で、山仙人さんを訪問する伊豆の旅でみた踊り子像への、私の総括を一段落させようかと思う。

 内心のテーマは、稚ない者達の示す健気さ です。

 口の大きさを作りこんでいる最中に競技時間が終わりになって、なんともつまらない顔を残してしまったけれど、これが今の私の飾らないしまらない到達点。

 
550

製作中に伴さんから指摘されたのだが、いつの間にか顔を可愛らしく作ろうとしてしまったのは最大の失敗だった。 

 本当の「おしん」は 美人ではなくても美しく懸命にいきた少女だったのではなかったか。

 それをチェンソー一本で表現できるところまで、果たして自分は行けるんだろうか、そのまえに自分は逝ってしまふのではないだろうか catface

 たぶん、これからその道への最初の一歩が始まる。  

 とにかく シニアクラスで優勝という評価を戴いたことには素直に感謝。

 高速料金のETC割引時間になるのをまって夜明け前にようやく帰宅。
 犬たちの歓迎ぶりに、いつの間にか涙もろくなってしまっている自分に呆れる。

どんどんやな爺さんになっていきそうな予感がするにゃ~  gawk 

  一日じっくり休んだんで、明日はまた支障木の伐採だにゃん。

« 暑かった~ | トップページ | yoyoシステムでのトラバース枝打ち »

木を刻む」カテゴリの記事

コメント

優勝おめでとうございます!
今回はシニアであってシニアでないようなパワーで
したね。次回もお待ちしてまーす!

確かに随分キモー短かくなったヤナ爺さんだこと。
おらァこんな顔しちゃぁーいねぇーずらょ!
確かにこの画像をみると指摘されたように、婆さんに髭がはえちゃってますネ。
言われたように、すじではなく面にした方が良かったみたい。
この次はもう少し良くなるかもしれないので、もう一度同一テーマやりやしょう!
出来れば現場で列べてどうだっ!とやりてぇだず。千葉がチャンスだに?
上の聖の作者も、あんなに品良く枯れてねえよ!ってこれは失礼。
どちらかと言うと、クイックの不動明王や安曇野名物●●大王のような眼力がある顔ずら!
踊り子だって作者の何処が似てるつうだい?!
冗談はともかく遠路お疲れさまでした。朝のコーヒーは嬉しかった!ありがとうごわした!
お互い充分に面白く愉快だったと思います。
ヒロの葬式をゆっくり観られなかったのが唯一の心残り。あぁ場が抜けたます。バーカーなものですみません。
再来週また遊んでやって下さい。その時10月の謀も打ち合わせお願いしやす。

優勝おめでとうございますshine
日本初のシニアチャンピオンですねっnote
今回も成瀬ワールドを見せて頂きました。

成瀬~さん!“人生をいっぱいエンジョイされた爺やのクラス”での優勝おめでとうございますscissors芝生の絨毯での表彰式・・・壇上に駆け上がる成瀬さんの姿すごく輝いておられました。応援者の一人として嬉しかったです。
今回、東日本大会を拝見でき、多くのみなさんと出会えることができて本当に良かったです×2。
ほんとうは、自分もやりたくてウズウズしてたんですけどね~。

情緒豊かな作品で感心しました。優勝おめでとうございます。モクモクとそして淡々とタフに作業されていましたね。私は恥ずかしながら、何度も息を切らして芝生で寝転がっていました。2時間余分に頂いたことで、やっと完成できました。また、次にお会いできるのを楽しみにしています。

成瀬さん、シニアチャンプ、おめでとうございます。

画像ですが、明日住所が分かる人達に郵送予定です。

今回、枚数が非常に多いので、見る人にもカービング並み?の負担?が罹るかもしれません?

皆さん、ビール片手にジックリご覧下さい。

菊池さん、東日本大会はこれで3年の節目を乗り越え、皆さんの力で更に特色ある大会として位置づけられてゆくものと思います。 出場選手 兼 事務局方でのご活躍、有難うございました。 来年も混ぜてください(^^;
 
 
 

あいバーカーさん、ふるさとテーマのコラボ、存在感ありました。
 ちょっと褒められたんだかクササレタんだかわっかんないけど、お互いに自分の世界観が作品に顕れることを誇りとも喜びともして頑張って楽しんでいきたいと思います。 
これからも、よろしくです( ^ω^ )

ヒロ2号さん丹精のトロフィー 有難く戴きました。 いただいたものは返さない主義なんで、しっかりと神棚にあげてしまっておきました。
 今回はララに挨拶しただけで帰りましたけど、次回はBASUEで騒ぎましょう ( ̄ー+ ̄)

M~!さん、いつの日か、かつて日本にこういう歴史があった、こういう直向きさがあった と伝える彫像群を作ることを思うと心が震えます。 エンジンが震えます。 手元も震えます。 財布も震えます(笑)
 息子さんと仲の良い親子の雰囲気が実にうだやまぢひ(^^;
 その姿がそのまま、次の彫刻の目標になったりします。

和田さん、ご一緒できて光栄でした。 長いヨーロッパ在住で磨かれた審美眼、私もそこまで広く高い視野をもてるようになりたいものと思います。
 異文化との共感。 おそらく最終目標はそのテーマになるんではないかと思います。 これからも色々と教えていただければ本当に嬉しいです。

youkiさん、私があまりにエンジン音痴なんで驚いたでしょ(泣)
 写真記録、完全にアテにしてますんで、是非是非、なにとぞよろしくお願いしますです。
 次回は一緒に彫刻やりましょう。
 近場に与作さんがおられる環境、実にうだやまぢひですYO

優勝おめでとうございます!
やー ご活躍で 何より!
次 新潟大会で お会いできるんでしょうか?

成瀬さん、言い忘れましたけど寝るの早杉~!
なんか会話が中途半端だったような(酔ってたからか?)・・・
今度のカーバーズミーティングではじっくり飲み明かしましょう!
それまでにもうちょっとましなネタも仕入れておきます(^_^)v

優勝おめっとうございます!
ヽ(´▽`)/
実は酔って眠っちゃった成瀬さんの上を跨いでしまったのはオイラです。すみません。
屁は漏れませんでしたから安心してください。
今度は千葉大会ですね。
千葉大会大きな声では言えませんけど、オイラは少女でイッちゃいます。
一緒に少女でイッちゃいますか?

kiitikitiさんこそご活躍の様子、久しぶりのブログ更新でリトリーバーを彫るという事を知り、楽しみに写真公開を待っていたりします。
 犬には特別の思い入れがあります。 上越(新潟)大会ではお手合わせよろしくお願いしますとお伝えください(^^)

佐藤さん、オイラ普段9時には寝てしまう習慣が染み付いてしまってるみたい(泣) んでもって、こんな夜明け前の時刻に目がギンギラぱっちり。
 ホントに今回はなんか、こう、語り足りなかったです。 もちょっとはやめに大部屋から退散して、芸術論(汗)やテーマにこめた思いや克服しようとしている技などについてトーク&バトルをやれたらいいですね。
 でも、その前に、ちゃんと体調を回復してきてくらはい!
 がんばんべ~ 

音やん♪ あの烏天狗の迫力は音やんがもう完全に独自の世界に足を踏み込んでいるというメッセージになってますよ。 本物のアート、ってのかな、そういうものを感じましたです。
 そんな境地の世界にイッチャうまえに早々と逝ってしまいそうな気もしますが、たどたどしく生きている間、とことん目指すものを彫り続けたいと思ってます。 千葉、児童群像 よろしく!

成瀬さん!
今回も同様あなたに元気をもらったような気がします。この元気が覚めないうちに、木霊復活計画に移りたいと思います。
みなさんにあえてよかった。
やや人間不信になりかけてたんで、それがどっかに吹っ飛びました。
だいぶ気持ちに左右された今回の作品でした、私は。
また彫りたくなってきました、人物像。
デモも予定がないんでまた人物三昧してみます。
大、大事なこと忘れてました。
シニアクラス優勝おめでとうございます。
またどこかでお会いしましょう!

まだまだ元気、優勝おめでとうさんです。
ブログも成瀬さん人気素晴らしいですね~。
 表情に拘ってしまい時間が足りなかった?~それも有りますが、3日付け焼刃の練習でここまで完成させる力、素人の私には驚きです。
 3日遅れの便りで、シンガリの応援歌になりそうですが、ビッコの割には5日から伊豆の踊り子に滞在中、息子の嫁の父が逝去、9~10日(今日)は横浜で通夜・告別式に参列し、今感激のエールを送った次第です~改めておめでとう。また嫁さんが欲しくなったな~その内に相談に乗って下さい。

木霊さんの緻密な作風は独特なものが滲み出てくるような気がします。
 最初は鮭にウロコを彫るのかな?と思って、バーの角度が難しいポイントのあれこれを想像してました。
 我慢できなくなって直接に聞いてみたら、ウロコは彫らないんだYO って一蹴されちまった(汗)
 瞬間、ちょこっとコケました。

ネット上のビデオ木霊さんよりも、やっぱし なま木霊のほうがバイタリティ溢れているように思います。
 いつか木登りの世界にお誘いしたいと思ってますが、考えてみたら本職を素人が誘っているみたいな気がしますです(笑)

仙人さん、まだ山が取れたまんまですね。 無理は禁物、手に荷物、腹に一物・・・って、何の話でしたっけ。
 ご不幸があったとのこと、お見舞い申し上げます。
 親が先に逝くのは自然のなりゆき、私もそう長くは・・・と思っていたんですが、今度の大会でシニアクラスには青森の73歳が元気に活躍しておられましたです。
 オイラもどこまでやれるか、やってみるべえと思ってます。
 一昨日は2本の広葉樹を倒しました。 どちらもきれいなところを木工作家さんが作品にするとのこと。 今週末は入間(所沢)の宮司さんの杉の伐採&神社境内ベンチ作りに出かけます。
 伐った材で落ち葉掃き童子の試作をやってみるかなー でも、そんなに太い木ぢゃないからなー
 なんて、あほな事を悩んでみたりして(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102810/42417165

この記事へのトラックバック一覧です: 第三回東日本チェンソーアート大会:

« 暑かった~ | トップページ | yoyoシステムでのトラバース枝打ち »