2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« 応援を貰って・・・(080922 追記) | トップページ | ようやく・・・ »

2008年9月21日 (日)

安曇野よ、神のほほえむ大地よ

去年から一体幾度、安曇野学校の奇跡のような天候に驚いてきたことだろう。

 授業としては今回が最後の、長嶺山頂でのチェンソーカービング教室は とうとう台風13号の直撃を受けることになってしまった。 どの予報士も予測雨量については語るものの、天候回復の可能性に言及するものはなかった。
 しかぁ~し。
  鹿脚! である。
 実に今回も、ものの見事に安曇野は前日の雨、当日の絶好のカービング日和という、いくらなんでもそんなご都合主義のお手本のような摩訶不思議な状況が・・・ おきてしまったんですよね これが lovely

 実はその前に、塾長とのメール交換で、前日に町役場から雨天用のテントの借り出しをうけ、もしかしたら奇跡がまたしても起きるかも知れない という半ば神がかりしたような期待の下、実際のテント設置は当日の雨模様を確認した上で行う という段取りを組んでおいたんですよネ。

 んでもって木曜の夜、っていうか金曜の未明っちゅうか、久しぶりの安曇野行で寝付かれないまま朝2時半に川越を出発。 セコい節約精神でETCの深夜割引時間を狙って奇妙な時間に家をでかけ、途中埼玉の上里SAにてヒト寝入りの車宿泊。 更に信州佐久PAで朝8時にアイバーカーさんへ電話を入れて毎度の中継基地経由の安曇野行と相成った訳です。

 重い鉄パイプを使った運動会用の(?)テントを3張り借り出して安曇野教室会場に持ち込み、荷解きをしないまま様子見とし、これで台風13号が来ても安心できるとお互いの労をねぎらいつつチュウハイ&ビールでヒトっ風呂にした風呂場の窓から ですね・・・

2908  

 あ、あの常念岳が!

 

2910

  穂高が!

 

  アルプスが!

  な、なんと 

微笑んだのですよ。  

   やあ、性懲りもなく よく来たな~  と。

 風呂場でカメラを忘れた!と騒いでいたら、流石に塾長、すかさず携帯のカメラでしっかりと撮影を開始。

 うだやまじひなあ と見上げていたら、神々しい常念の夕焼けに奇妙なシルエットを描いた異物がブラリ。

2911
 なはは・・・ 撮影している塾長の股間のものがブラリと目の前の神聖な空間を横切っていったのでありませり。

 思わず手を合わせそうになったね

  ナ~ムアミダブツ
   マッカ般若はらみた心経 catface ♪

 ・・・ なんちって(笑)

 当然、翌朝は思い切り素敵なカービング日和。

 夜明け2時半マインドさんもいつものとおり合流。 

 かくして安曇野チェンソーカービング教室は授業としての最後の最後まで、奇跡のような前日の雨・当日の快適日和 という恵まれすぎた天気を満喫することができたのでした ♪ちゃんちゃん♪

 早速塾長がメールを入れて添付画像を送ってくださったんで、共感をもってくれる皆様にだけ、そっとブログで紹介しちゃいました。

 いいでしょ。
 これが安曇野教室 だったんですYO!

 今回の教室内容はなんとか今日中に掲載しますです (←できっかな、んなこと)

待たるる!次号!!

    なんちって。

« 応援を貰って・・・(080922 追記) | トップページ | ようやく・・・ »

木を刻む」カテゴリの記事

コメント

お疲れさまでした。
もう更新しているとは、ずくのあること。 
頭が下がります。今日の木登り木をつけて木につけてウンニャ気を付けて!
来週も宜しくお願いします。楽しみだね、根曲がり。
自分のブログも更新しないといけないのだけれど、やりかけのホールの案内坂が明日納期です。
濡れていて往生してます。
他にも今週納期があって、週末の上越もあるし、スイスからもお世話になった町会議員さんも来るみたいだし、その彼女に頼まれたデザインもやらなくては、でもブログを更新して例のスポンサーの募集をしなくては!こんな時間にこんな事をしてしてはいていけないのだ!でもまた気になって明るいうちに覗きに来ちゃいそうです。

もうほんとにお疲れ様でした!
なんといっても毎度お天気に恵まれて楽しく一日をすごすことができました。
安曇野は天気妖怪でもいるんじゃないかと思えるほど不思議な現象が続きました。
ボクも二度ならず三度も雨の降り続く三河を出発したにもかかわらず・・
いざ夜が明けると清々しい信州が出迎えてくれます。
これはもう誰かが妖怪「アメフラズ」なのは間違いない事実ではないでしょうか。

さて・・
「根曲がり杉」ですが、難しいの一語です。
そもそもありきたりな円柱形丸太だけでのほほんとカービングを行ってきたボクにとってはイジワルな材なのです。
デザインするにあたって各パーツをどこにどう配置して収めるかまるでパズルを解きながらカービングするようなものです。
今回はいつもとは訳が違ってまったくといってよいほど周りが見えずにまるで個室カービングしていたみたいな錯覚に陥りました。

第5回カービングスクールのレポートを楽しみにしています。

このブログを書いた後来てくれたのですね!。
頭が下がります。こんな忙しい人に、薪プロの助っ人伐採作業の声をかけて良かったのかな~。
明日の結果によりますが、また足を引張らさせて貰いま~すlovely

あいバーカーさん、私も上越での販売品を依頼されているので、やっぱし時間に追われていたりしてます。
 あまりカービングや安曇野のこと以外の余計なことには体力を潰したくないんですが まあ、成り行きってことです catface
 とりあえず、画像のレタッチまでを処理してWebアルバムに放り込むところまでで気力を使い果たしました。
 明日は雨だろうと雪だろうと販売品を作らねばならない段取りになるので、正直時間のやりくりにこまっています。
 とにかく、ぐわんばるのだ。

マインドさん、前回の安曇野で私も根曲がりの活かし方に困り、鍬を持った農婦像を作りました。
 しかし、考えてみたら、これほど面白い素材は無いかもしれませんですね。
 今回の安曇野では私もカービングに夢中になってしまったもんで・・・塾長がご自分で生徒さんの撮影をして回っていたなんて事に、アルバム写真のレタッチをするまで 全然気がつきませんでした。
 いやあ・・・ 我乍ら困ったもんだhappy02

仙人さん、普段から計画の中に結構危険な作業を組み込んでいるので、突発的な話にはなかなか怖くて応じられないことがあります。 なによりも余裕のない作業は事故怪我のもとですし。
 一応、八王子の樵さんは桜に興味があるようです。 ただ、実際にそれを自分で伐採する時間余裕があるかどうか、がモンダミンだったりして(汗
 今週は販売品の製作で予定が完全に埋まっていたりします。
 そこんとこ、よろしくです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102810/42542340

この記事へのトラックバック一覧です: 安曇野よ、神のほほえむ大地よ:

« 応援を貰って・・・(080922 追記) | トップページ | ようやく・・・ »