2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« 3年目の奉納 | トップページ | 安曇野よ、神のほほえむ大地よ »

2008年9月18日 (木)

応援を貰って・・・(080922 追記)

 昨日の定期里山清掃日、ゴミを拾いながら歩いていたら里山の中心を貫く狭小道路が道路工事で交通どめになっている事を知った。  この封鎖されている狭小幅の古道上にかかるコナラの大枝が以前から気になっていた。 というのは、そのすぐ傍のソロが3年前の台風でなぎ倒され、道路が閉鎖されてしまったときの市役所の冷たい対応を地主のIさんが嘆いていたことを知っていたから。
 昨年、電線保守会社が枝を払ってくれて助かったと喜んでいた地主のIさんだが、後になって、実は、枝払いされた枝は電線の極く近傍だけに限定されていた事 を知って落胆しておられた。
 里山の木と電線の関係を、植林された山での線下保障補償の問題と混同する人も居るようだが、ちゃんと調べておかないと後で驚くことになる。
 このコナラは里山の始まる端にあたり、のぼり坂になっている道路の上だけでなく、隣の農地にも7~8mほど覆いかぶさるように枝を伸ばしている。 いずれにせよ、交通の面からも車両相互の見通しを悪くしていて、擦れ違い・譲り合いのタイミングを難しくしている。

 3年も気にしながらずっと処理できてこなかったのは、道幅の割りに案外に多い交通量の問題と、警察許可の問題と、ガードマン配置費用の問題。  幸い別件で道路が封鎖されているので、これを逃すという手はない。

( あ! 忘れてた・・・

 3年前は、そもそも自分が木に登れるようになるとは思ってもいなかったんだった catface

 何もできなくて指を咥えてみているだけ・・・ そういうのが悔しくてツリークライミングに挑戦するようになった顛末をすっかり忘れていました。   

信用して読んでくださった皆様 まいどしゅまんこってす。 )

Dscf0664
 いつも清掃奉仕に参加していただいている宮○さん、西○さんに、このコナラの枝始末について午後の応援都合を聞いたところ、快諾していただけた。 

 毎度の事だが、有難い事だ。

Dscf0657

 

 折から畑作業にきていた隣の農地のおやっさんに挨拶。
 どうせ枝があって使えていない土地だから、おろした枝の一時積み程度には使ってもいいよと、これまた快く畑地の一時占有についての許可をいただいた。

Dscf0661  
 目の子で重量30kG以下の枝は、鋼索補強の入っている電線にとって問題にならないと判断して直伐りとし、それ以上の重さのある枝については、毎度のクレモナ12mmロープでの先端・枝元吊り下ろしを実施した。

 大枝については、応援してくれる地上の二人に枝の動きの予測を説明。 
 道路上にかかっている枝については基本的に手鋸で吊り伐り処理とし、畑にだけかかっている大枝については筋肉内乳酸との相談で、ロープなし、チェンソーでの切り落としとした。

 畑にかかる大枝の1本だけ、処理の失敗があり、ツルの利かせ方を間違えて畑に下ろせる筈の大枝を道路側に振って下ろしてしまったのは反省項目。  いやぁ拙かったなあ~と思い、樹上から反省の弁を述べると、宮○さんが笑っておられた。
 Dscf0667

 普段、100%でなければ実施しない などと豪語していた割にお粗末なリギング内容となってしまったが、とにかく、地上で仲間が応援してくれることの力強さを痛切に感じた。

♪笑ってゆるして~♪ 

 って、ちょっと話のスジが違うかも wink

 日付がかわって今日は雨。  いくら承諾を得ているとは言え、他人の土地に大枝を放置しておくのは気分が悪い。 後始末にいけるのは来週の月曜になってしまうが、とにかく3年かかりで気になって幾度も通いつめてイメージトレーニングを重ねてきたコナラに最初の決着がついた。
 本当の決着がつくのは、この2本のコナラの根元からの伐採を安全に完遂した後のことになる。
 この後ろにある檜の枝もどんどん落としていきたいと思うし・・・
 あー 前にも 体が4つ欲しい って、口にして顰蹙を買ったことがあったっけ happy02

21日の午後、狭山への呼び出しがあった帰路で切り下ろした枝の後始末をしてきた。

Dscf0780  写真は枝の整理をする前の状態。

  
 

 
Dscf0781
 普段はCODITを意識した始末をする枝下ろしだが、この2本の極太コナラ(根回り70cm超)は余りに道路に近すぎるので除伐せざるを得ない為、単純な切り落としで台風シーズンを凌いでおく。 

 実際の除伐は年末あたりに他の林辺木と一緒に処理しようと思う。


 

Dscf0782

« 3年目の奉納 | トップページ | 安曇野よ、神のほほえむ大地よ »

木を伐る」カテゴリの記事

樹に登る」カテゴリの記事

コメント

毎日が楽しくて仕方なかろ!lovely
羨ましいけど、コチトラは我慢で辛抱ですが、狭山のU氏から”薪プロ”のお誘いを頂きまして、木挽屋さんから同じく伐採の手解きを受けたH氏と、日曜日に落ち合う事に合い成り、ビッコを引いて出かけます。日曜日の午後、永らくご無沙汰のご挨拶をするとしたら・・・お会い出来ますか?・・・何処かの山の中で。

仙人さん、そんなに出歩いて大丈夫なんですか? gawk

 先ほど帰宅したばかり、日付が変わって日曜になったばかりなのですが、今日の話ってことになるのかな。
 今日の午後はこのブログで書いた大枝下ろしの後始末になると思います。
 思いますって書いたのは、これから寝て起きてクソして飯食ってからの遠い将来の話になるので(笑)、すこしばかり朦朧としているためだったりします。
 場所は川越南文化会館から徒歩で6分程度の、幾度か応援していただいた福原共同墓地前のヤマの、下の畑との境界あたりです。
 たぶん、午後はずっと林床の整理にあたることになると思います。 ええ、思うんですが、思うだけだったりして(笑)
 おやすみなさいませぇ zzzzz

はじめまして、コメントありがとうございました、これからも色々な情報を公開してください。

http://blogs.yahoo.co.jp/mqhxf872

山仕事さん、はじめまして が、実は以前からの知り合いみたいな・・・って、ブログ始めてから経験するようになりましたです。 同好の誼、これからもよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102810/42513684

この記事へのトラックバック一覧です: 応援を貰って・・・(080922 追記):

« 3年目の奉納 | トップページ | 安曇野よ、神のほほえむ大地よ »