2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« yoyoシステムでのトラバース枝打ち | トップページ | 応援を貰って・・・(080922 追記) »

2008年9月16日 (火)

3年目の奉納

 城所教室でチェンソーアートの基本を学び、最初にスタンプカービングをさせていただいた山が入間(所沢)糀谷の八幡湿地。
 この年、フクロウを2体彫ってNPOの世話人Sさんを介し神社に奉納させていただいた。 今から3年まえ、2005年のことになる。

 心に秘めた願文は技量向上の祈念だった と記憶。

(2008.09.16 誤字脱字文言一部訂正)

 昨日までの3連休に、その宮司さんの杉山での支障木の伐採と一部搬出・ベンチ加工を行い、第三回東日本チェンソーアート大会での成果報告を兼ねた彫像の奉納を行った。

Dscf0635  
 地元の方も神社側も口をそろえて彫像を宝殿の中に入れろ と言ってくださったが、それは私の本意ではないことを懸命に説明した。
 宮城の佐藤さんの言葉を借りれば、だが、 雨風に晒され、やがて石になり土に還ってゆく、そういう杉の彫像こそが素朴なカーバーの一員である私の願いには相応しい。

 今回、心中に込めた願文は、この地での彫刻の森の実現。

 またしても大それたことを・・・ なんておもっていたんだが、地元の会長さんは大いに結構! と言ってくださった。 

 ま、今のところは、その話はおいといて 

 
Dscf0639

 「参拝するお遍路さん」とも見える像を、あえて宝殿の外におき、この小高い山頂の八幡神社前に素朴な者達の祈りを刻み込みたい などという傲慢な願いを受け入れてくれた護持会の皆様に感謝。 

Dscf0648 「峠を越え、とおくふるさとの村を望むおしんの姿」 これをどういう文言で板書きしてくださることだろう。 

   あまりに乾燥が進みすぎ軽量となってしまった像は、土台にネジ止めし、位置が動かしにくいように土台に方向性をもたせることでようやく安定した。  言 い忘れていたが、そもそもは、神社清掃奉仕の皆さんが腰をかけて休む場が欲しいという希望があったので一応の納得ができた今回の杉伐採だった。  

 Dscf0649     

その材をアラスカンで挽き割って、和歌山の丸太先生直伝のハンドスクライビングで簡易ベンチを製作、境内へ設置したのが一昨日のこと。 

 峠を越えふるさとの村を望む「おしん」像 の土台を作っている間にも頻繁に地元のみなさんが見物に来て、このベンチに腰掛けては色々とお褒めの言葉をくださったりした。

Dscf0644  
 伐採実施3日前のクラブMLで突然呼びかけた応援依頼に快く応じてくれたNPOの仲間に、改めて、感謝。

 wink

 林内に残った材は塀とベンチに作りこむ予定。 無論、彫刻の森の住人たちに化けるのもアリ。

 川越・所沢あたりの地域でチェンソー彫刻やりたい人、来年になったら、カービングバーと安全防具のチャップスとを揃えて参加してみませんか。  

Dscf0641

« yoyoシステムでのトラバース枝打ち | トップページ | 応援を貰って・・・(080922 追記) »

木を刻む」カテゴリの記事

コメント

少女像の表情がものすごく良くなりましたね。
大会の後も手を加えたのですか?。
地域の皆さんに感謝される事、ボランテア冥利に尽きますね・・・益々人柄が磨かれますね。
14日は行けなくて残念!。ブログを読んでは、「蚊帳の外」で寂しい想いをしました。
今日は、近くのNPOの方と菜の花畑の耕作、明日は神経痛の病院、明後日は妻の病院通いをする我が身、日頃の行い悪くてかな~?・・・ついてないyo~。でも元気だそう。その内福が舞い込むのを信じてね!。


これ御霊が入りますねぇ。
すでに、ただの彫刻ではありません。
参拝客が腰を抜かすんじゃないんでしょうか?

仙人さん、まずは体の建て直しが先決です。  日ごろの行いが大切になるのは、ちゃんと回復するまでの静養期間、これからの事ですよ。
 この彫像は第2作そのものです。 どこにも何も手は入れてません。 きっと写真の腕があがったんでしょう(笑)
また一緒に入間の手入れ地で快い汗を流しましょう。

音やん、あんな重いブログ書かれたら何も言えなくなっちまふ。
 何も言わないままで通じているもんだと勝手に思ってるけど、オイラも愛するものを体の続く限り彫り続けるよ。

 GoodBye Girl
 言い方がみつからないよ。

 ツリークライミングのイベントでフィジカル・チャレンジャーの家族をサポートして居る時、達成感に顔を輝かせる児と その児を囲み護る家族の姿に、ボク等は大きな力を貰ったりする。
 そういう力を、感じたよ。

いつもブログを楽しみに拝見させて頂いてます。
文末にある「所沢あたりの地域でチェンソー彫刻やりたい人」をみて私の事と勝手に思ちゃいました。
23日の井の頭でお会いできる予定なので
カービング、ツリークライミング等の事を色々お聞きするかもしれませんので宜しく御願いいたします。

大沢さん、初めまして・・・でしたっけ?
 つい先ほど、ETCの割引時間帯をセコク狙って帰宅したばかりなのですが、日付が変わってしまって今は21日。
 ってことは、明後 23日の話ですね(笑) 最近は指で勘定しないといろんな事がこんがらかり始めていて、わかんなくなりそうになってしまってます。
 井の頭公園は、ジブリの裏の芝生公園近く、東屋脇でのクライミングになる予定です。
 チェンソー彫刻やりたいんでしたら、是非一度、川越の私のフィールドをご案内させてください。
 これからもよろしくお願いします。wink

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102810/42491094

この記事へのトラックバック一覧です: 3年目の奉納:

« yoyoシステムでのトラバース枝打ち | トップページ | 応援を貰って・・・(080922 追記) »