2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« バックアップをとる | トップページ | 今年の秋 »

2008年8月26日 (火)

山形大会まで あと10日

大会のテーマは自然豊かな山里。 私の提出してあるタイトルは ふるさと。
 ぢゃあ、一体何を彫るのYO
(080827 09:10 文言一部訂正、追加)

 いまさらだけれど、もう散々に悩んでしまっている。 やはりどうしても虫や動物だけを彫って これが豊かな自然です とはいえない屈託がある。
 母の生きた時代とまるまる重なるあの「おしん」の時代、山河は今ほどに豊かだったのだろうか。 今、山里は、ひとの心は、果たして豊かなのだろうか。  いやさ、そもそも豊かって、どういう事だったのだろうか。  人は一体どこに豊かさを見出すのだろうか。

 だが、どのような時代にあれ、盆の休みに懐かしい村へ帰る娘たちの心には きっと優しさとか切なさとか懐かしさとか思いやりとか恨みとか、そういう様々な思いが溢れていただろう。 
 迷いの振り子は、だんだん、親元を離れ自活の途を歩き始めた年頃の娘たちの若いせつなさ、つまりは健気さ、とでも言うべきものを彫ってみよう という思いに集約されてきた。

----

 坂道を登りきってようやく景色がひらけた峠から望むふるさとの山河。

 手甲脚絆姿の旅の娘は足許に盆帰りの軽い荷をおろし、ひと時の休憩をとる。
 左手で胸の高さに支え持つのは背ほどの高さの太いが軽い真竹杖、右手は肩から斜めにかけた風呂敷包みを今まさに解こうとしているかのように右肩に伸びかかっている。
 腰元からおはしょりを高くとって裾裁きの軽い絣の道中着。
 その下の膝下までたくしあげた襦袢の裾は、脚絆の上から結んだ草鞋の紐の膝にわずかにかかっている。
 半幅帯を少しきつめの文庫に結び、やや抜き加減に着付けた襟もとは旅慣れた娘の日常を思わせる。 桃割れの髪に簪は無く、代わりの長櫛が無造作にさしてある。
 ( 娘の背後の、肩の高さに伸びた枝に小鳥がとまり、足許には小動物たちが娘を眺めている。 )

 懐かしい我が家まで あと一息。

 お帰り。 そう呼びかける故郷の山河。

 そう、母の少女時代。 おそらく大正末期ごろの光景。

----

おーし。
 これが私の今回のイメージ。
 実際にこれがちゃんと彫れるかどうか。 そんなことは知らない。 ただやるだけ。
 こんなに押し詰まってからでも、まだ抽象的なイメージ作文しか書けない。 これでもまだ諸のカーバーさん、コラボやってくれるかな。 コラボやるのはもっと練って上越にしたほうがいいかな。 どーしよー think

« バックアップをとる | トップページ | 今年の秋 »

木を刻む」カテゴリの記事

コメント

なかなかの文才ですね。私には絵に書いたような田舎が有り、イメージが゙、バッチリ重なります。
 しかし、我が子、まして孫には、「こう云った感慨を味あう事は無かろう」と、可愛そうと想った事が有ります。
 安房峠が雪で、野麦峠周りで返った事が2度程有りますが、女工哀史の少女が、古里の山河を見下ろす峠で、ホッとして息を引き取る光景も重なります。この”古里に帰った時の安堵感、モナリザの表情や仕草”が現せれば最高ですね~。月光仮面さんの田舎は東京ですよね~良くイメージカが膨らみますね~。
大会での健闘を祈ります。

ぢゃあ、おらァも一体何を彫るのYO

峠のあちらの景色を想い謀りましょう。
なんのこっちゃ??
いまんとここんな感じです。
鏡のあちら側と此方側になるようになるよう考えましょう、。

なはは・・・仙人さん、言われてみれば意味の通りにくい文章を恥知らずにもUPしてしまっていました。
 まあ、それだけ思い入れのあるテーマでもあるってことで、この場は一部訂正、追加で誤魔化してしまったりしておきます(汗) あしからず。
 女工哀史の野麦峠描写には相当なイデオロギーのバイアスがかかっているという指摘もありますが、往時、結核という病が日本人の平均寿命を低いままにおさえる大きな要因であったとか。 思いみれば美しい故郷への憧憬は千々に乱れた葛藤の綾なせる人生模様の裏返しであるのかもしれません。
 スレート瓦が分厚く重なった工場跡地の爆撃穴沼でヨツデ網を使ってザリガニを釣った記憶しか持たない身。 美しい故郷を持たぬが故に尚つのる、みどりの山河への憧れというものも また、大切にしたい思いのひとつではあります。
 

愛のカーバー、餐場さんhappy01
 娘の帰宅を待ち望む親たちの思いこそは故郷というタイトルの隠れた本質でもあります。 私にとっては、それを描くまでの道のりはまだまだ遠い峠の先のものと思われておりました。
 実際に自分が孫を待ち望む歳になってみれば、案外にそれは身近なごく普通のありふれた思いであったと気づきます。
 どのような出来上がりになるにせよ、精一杯思いの丈をつぎ込んでみたいと思います。
 コラボ、よろしくお願いします。

月光仮面さん、今回の山形大会は2日間なので、時間的には、今までより少し楽かなと思います。
制作ガンバッテ下さい。

youkiさん、なんでカービングに選手参加しないのかなー。
 2日あっても私の老朽筋は耐久レース向きに鍛えていないので、果たしてどういう結果になることやら(汗)です。
 山形のシニアクラスでは須斎さんが本命かなーとは思いますが、どーしてどーして、埼玉にだって頑張るのが居るんだってキャンペーンのつもりで頑張ります。
 でもねー 文字で描いたこのポーズ、凄くカット技術が難しいんですよねー。
 木のサイズによっては地面におろした荷物の上に腰かけた形の娘を彫ることになるかもしれません。
 そうなると余計にまた難しいカットになっちまふ(涙)
 とにくゎ~く!
 ぐゎんばりま~っす。

成瀬~さん!ご無沙汰です。
数多いレシピの中から“壱つ”チョイスして下さい。
(10,100,1000の位か~?)
片手レシピの加齢汗男のM~!

え、M~!さん、いくら何でもそんなにレパートリー広くないっすcoldsweats01
 今度おめにかかるのは上越大会でしたね。 あれ? ひょっとして山形には・・・ と思ってエントリーリストをちぇーっくしてみたりして(笑)
 残りあと9日ですねー
 すげー難しいカットばかりになるんで、減点チェックに引っかかるポイントのオンパレードですが、わかる人だけに判って貰えればそれでOK。
 最近は一日交代の食事当番、こっちのレパートリーはかなり充実してきました。 やたらにコメが旨い毎日ですdelicious

こんにちは!山形大会楽しみですね!お願いがあってコメントしたのですが、今度カービング中の写真を欲しいという依頼があり東栄の大会のときの写真を使わせてもらえればと思ってます。なかなか自分の作業中のいい写真がなくてそういえばと思い探してたらいいのがありました。よろしくお願いします。大会、作品に対する思いを書く欄があるといいですね。頑張ってください!!

TAKAさん、久しぶりです。
たぶん、ピカサのアルバムのことかと思います
→ http://picasaweb.google.co.jp/owlofkawagoe/Touei2008
 
素人写真で申し訳ありませんが、どうぞ有効に使ってやってください。
 ダウンロードしてやると解像度の高い写真を落とせるようです。
 すげーっ!と思って林さんの動画を撮った瞬間 なんとバッテリーが上がってしまいました。 一秒程度の動画になっちまいましたが、一応UPしてあります。
 岡山大会のようにカーバーの思い入れを書かせてもらえるといいなぁと思うことがあります。
 山形 ベストを尽くしてみんなに見てもらいます。 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102810/42281621

この記事へのトラックバック一覧です: 山形大会まで あと10日:

« バックアップをとる | トップページ | 今年の秋 »