2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« 山形大会まで あと10日 | トップページ | 木登り仲間が »

2008年8月29日 (金)

今年の秋

毎年の参加イベントとして楽しみにしてきたチェンソー大会と、ツリークライミングの日程

  1. 9月 5・6・7日 東日本大会  前泊含 (自然豊かな山里)
  2. 9月 19・20日 安曇野教室  前泊含
  3. 9月    23日 井の頭公園  Pro’sEye 体験会
  4. 9月 27・28日 上越エコフェスタ (里山からエコを訴える)
  5. 10月11・12日 千葉エコフェスタ (生きている仲間たち)
  6. 10月17・8・9日 安曇野教室&大会 (彫りたいもの?)
  7. 11月15・16日 相模原公園  Leaf 体験会
  8. 11月~30日 和歌山竜神村曼荼羅美術館 KGさん作品展最終日

こうやってみると今年もまたあっけない終わり方をするみたいだ think 

(我が家の飼い犬の病気もあっていくつかの日程を諦めざるを得なかった 081114

 実際はこの他に 伐採、枝打ち、道づくり、草刈、落ち葉掃きなどの林業もどきの作業もあるし、そろそろ乾燥が進んできた4年ものの桜などの材での器作りの遊びもある。
 今年の落ち葉掃きの季節に地主さんたちを家族単位でつかまえて、来年からの除草剤撒布中止をお願いするというたくらみもある。
 つまり、お願いするからには草刈応援をする ということなんだけど、考えてみれば、それだって遊びみたいなもんだよね・・・ 頑張ってあと10年もつづけられるかどうか、わかりゃ~せんし、だいたい、いま嘲った鬼の数が期待してたより少なかったのが気がかりだったりするし catface

 雷雨で閉じこめられた昨日の午後、110mm高 82mm径 3.5mm厚 山桜のボックスを挽いた。
Dscf0445
 #400まで研磨したプレーンなタンオイル仕上げ。
 意図的に縁を厚くして実用器を衒った。 
 実際には外形をあと1mm、内側をあと1mm程度削っておいたほうが良かったかもしれないが、あまり薄い器は使う人が気をつかってしまうとか。
 そういう樹づかいは、あまり良くないのかも知れない。


Dscf0447  蓋はまあまあの出来だが、エアタイトすぎて締め切るまで時間がかかり腹が立つことがありそう。

 用途はハーブやポプリなどの容器を想定しているが、ちょっと大きすぎたかもしれない。

作って楽しいのはやはりボックスもの。 在庫材のある限りという、ほんのすこしの間であっても、桜の平な器を連作してみたくなる。

Dscf0446

この山桜は入間の大日様前で業者過誤によって伐採された桜の片割れ。 なにかにつけて、思い出すことが増えてきた。




 Dscf0449

 気になったので器の壁の厚さを2.mmに修正した。 一度作ったものを修正する手間は新しく作る手間より大きいような気がする。

 


Dscf0450


 そろそろ本格的に食器作りでも考えてみっか(^^;

« 山形大会まで あと10日 | トップページ | 木登り仲間が »

木を刻む」カテゴリの記事

木を挽く」カテゴリの記事

樹に登る」カテゴリの記事

コメント

秋の陣、目白押しですねぇ~4班三交替勤務なかなか休みが合わなくて週末の参加思うようになりません。新潟は、早生品種の稲刈りが始まり、15日頃からコシヒカリの刈り取りです。9/28日には、新米に(ピカピカ)して持ってきますョ~ウ!
待ってて下さい。
今年は、籾を温湯消毒から始まり、除草剤一回のみ使用で後は無農薬で終えることができました。めざすは完全無農薬ですが・・。
樹の器、汁用と弁当用(静岡の井川メンパ)毎日使ってますがイイです。

M~!さん、いつも拙ブログを気にかけていただいて有難うございます。
 上越で江村さんがどういう表現をするのか、安曇野で拝見した素人とは思えない業をみると、しぜん、期待が膨らみます。
 
 除草剤を撒布した里山では、シードバンク(種子の銀行)が破壊されちゃいます。 数年経っても生えてくる草木には特定の偏りができてしまいますし、どんぐりのように発芽能力が一年しか持たない裸子樹の実にとっては壊滅的な打撃になるように思います。
 除草剤撒布の目的は侵入してくる根笹退治ですんで、春夏の群生域を年2回も刈り払いをすればなんとかなるんではないかと まあ、甘いことを考えていたりします。
 ちょうど上越大会のころが新米の楽しみな季節になるんですね。
 丹精こめた大切な御米、きちんとした代金できちんと受け取った上で大切にいただきたいと思います。
よろしくお願いします。

月光仮免さん、山桜ですか、色いいですね!!
カミさんの家の桜(多分山桜)切ったら、そのような色がでるのかな?(親が切りたがっている!!)
切っても、薪にする位なので、太い部分を貰おうかな
と悩んでいました。(せっかくの資源なので大事にしたい)
今まで、撮り貯めた、画像少しづつ公開したいと考えています。
CDで見た方も居ると思いますが。
数枚ですが、動物公園のも有ります。

youkiさん、早速ブログ拝見しました。
 自分で彫っているときの写真ってなかなか撮れない・・・ ってか、誰も気にしてくれないので、自分の写真ってあまりありませんでした。
 これからはもっとyoukiさんのブログをアテにすることが多くなると思いますwink
 桜は磨いて植物油を塗ってやるとこういう発色をしてくれます。
 ケヤキの芯材も似たような色になりますが、桜の重量感と緻密な質感はずいぶんと違うものです。
 もし桜を伐ったら、なるべく早めに小割りして木口を封じて保存するようにしてやらないと干割れで細かく割れて使える部分が少なくなります。

ところで、今回の東日本大会、写真を撮る際は、なにとぞ、木挽屋をお忘れなく!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102810/42313171

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の秋:

« 山形大会まで あと10日 | トップページ | 木登り仲間が »