2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« 今年もまた巡ってきた季節 | トップページ | 入間の5月は »

2008年5月 7日 (水)

さて、今日は・・・

何をすべえか・・・と言うか、それとも、何をしないでおくべえか と言うべきだったか。

 優先したい課題はいっぱいあるけれど、入間の杉山の手入れもさることながら、やりかかったOさんの墓地上のソロや、その奥のウロが入った椋の木の始末も、Iさんのヤマの墓地脇残りヒノキの件も気になる。 すべて、今年の台風シーズン前に片付けておきたいものばかり。

 そろそろツリークライミングがかなり自由に出来るようになって、いわゆる「慣れてきた頃」になる。  単独行作業ばかりの日々では、時々自分自身をチェックする機会を意識して作らないと、単なる自分自身の慢心で片付けきれないような大きな問題を見逃すことになるような気がする。 

ほら、昔から言うぢゃんか 自慢高慢バカになる って。

 自営の設計業やってたころには、多層基板にせよFPGAにせよ、自分の設計の良否確認は実機製作で本番勝負するしかないという厳しい世界で胃に潰瘍痕を幾つもつくって喜んでいた・・・訳ぢゃないんだけど、本番勝負ではいつも多額の費用が発生するので、ひとコケ500万なんて事態に備えて会社規模からみれば無理・無茶なシミュレーター投資に励んだものだ。
 そんな無理をして購入した高価なシミュレータが教えてくれるものは、なんともごく簡単なチェックに過ぎないことが多かったような気がする。 
 んな訳で、最近ブログには書かないけれど、機会をみつけて公園でのイベントにスタッフ参加させてもらい、資格取得後のCEUぢゃないけれど、なるべく厳しいチェックを受けるように心がけてみた。 

 目的は バカ化防止・・・ って書いた瞬間、今更手遅れ! って突っ込まれたような殺気が走ったね。  ホントウに誰か言った?

 ま、それはおいといて。

 特に今回感じたのはビレイヤーとしてスタッフ参加する場合の基本的な能力と責任感だった。
 どんなに用具に万全を期し、事前のセッティングを周到に確認しておいても、仕掛けるイベント当日に肝心のスタッフが「ほんの些細な」不注意からその能力を発揮できないようであれば、全ての確信の根拠が崩壊する。
 なぁ~んちって オドロオドロシイ表現をつかっちまったけど、要するに手元作業は基本的にブラインドで行い、目線は常に樹上の客の動きを確認しながら次の行動を予測する ってのは、口で言うほど易しくはない。
 でも、それはイベントに対するツリークライミングジャパンの基本スタンスなんだ って教わって、今更だけど、感心することしきりだった。

 こういうイベントでチェックされる安全への取り組み意識は、自分のソロ作業においても必ず役に立つ形になって反映されてくるんだと思う。
 半導体チップならひとコケ500万で済んだけれど、自分の命とか、与った人様に骨折させちゃう・・・とかいうこと意味の重さから考えれば、そんなものはちっちゃな話しってことになるんだよね。
 
 あー 又しても意味のない長口舌。 

Image_muku04a 

 とにかく今日は朝からOさんのヤマで写真をとりまくってきた。 目的は作業の組み立て演習。

以下は、それらの写真のうち、ウロの空いた椋の木についてのチェック事項。

Image_muku05    毎度 自分用の記録ばかりおっぴろげて申し訳ないけれど、もしかしたら親切で意地悪などっかの誰かさんが厳しく問題点のチェックを入れてくれるかもしんないし~。

 

 ・・・って、言ってる本人も実はそれほどWEBでの交流だけをアテにしてる訳ぢゃないんだけどね。

Image_muku06

 

 

 とりあえず、アンカーを2段階に設定し16m位置でのソロ作業という基本的な枠組みは見えている。

 

 

Image_muku07  もしかしたら里山仲間の誰かがたまたま偶然閑になって見物かたがた応援してくれる というような、これまで同様 なんとも都合のいいシッチュエーションになるかも知んないけれど、それはまたその時の話し。

« 今年もまた巡ってきた季節 | トップページ | 入間の5月は »

木を伐る」カテゴリの記事

樹に登る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102810/41123213

この記事へのトラックバック一覧です: さて、今日は・・・:

« 今年もまた巡ってきた季節 | トップページ | 入間の5月は »