2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« やっぱし安曇野 2度あることは3度ある・・・ | トップページ | 相当にやばい・・・ »

2008年5月19日 (月)

かなりヤバい・・・

明日は嵐になるとの予報、なんとなく落ち着かない気分で小諸から積んできた松の丸太を自分のフィールドに下ろしてきた。
 そのままほうっておいたら松丸太の重さで車のサスがへたるんぢゃないかと思ったもんだから(笑)

 下の写真は今日の作業記録をおさめたGoogleのPicasaアルバムへのリンク。
 これはかなり重いリンクなので、普段Picasaを使っていない方はうかつにクリックしないでください( ・・・汗)

5月19日チェンソーカービング

 疲れもあるんだろうが、やっぱし年齢相応に散漫になってきているらしく、今回の安曇野学校でチェンソー用のヘルメットとチャップス/安全ズボンを置き忘れてきていることにはじめて気がつく。 幸い、小諸のアイバーガーさんが先に気づいて連絡をくれたのだが、こちらの住所を連絡してない事を忘れたまま送付を御願いしたりして確認のメールを貰ったりした・・・・ どうやら自分はかなりヤバい脳ミソ状況になっているらしい。

 にも関わらず、やっぱしヤマにいくと血が騒ぐ。 先月持ち帰って修正して置いておいた松の木の少女が、こんな顔のままではイヤだと訴えているように思えたので、ヘルメットもチャップスもゴーグルも無しで修正カービング。
 あー、こういう事をやっちゃいけないんだけどなー と思いながら、ついでに奇妙な形になっていたソアリング・ア(オ)ウルにも訂正を加え、ポツポツと降り始めた雨に追い出されるようにして帰宅。

 なんだか明日は本当に嵐になるみたいだし、 こういう日って、あまり楽しくないよねー。

以下、安曇野スクールの本家サイトで利用してもらえるよう、リンクバナーとあわせたフォトアルバムを2つ記録に残しておくことにした。

Azumino_camp

Azumino_camp

 後になったら、 あれ?どーやってバナー張りつけたんだっけ? って思い出せなくなるような気がするもんで。

« やっぱし安曇野 2度あることは3度ある・・・ | トップページ | 相当にやばい・・・ »

木を刻む」カテゴリの記事

コメント

かなりやばいんですか!
もう次々に刺激されてこっちもやばくなりそうですよ(^_^;)

本当にエネルギッシュだなあと正直思いましたもん。
午前三時まで酒飲みながら待ってて、更にそれから打ち合わせをして、それから講習会で、帰ってきてからアノ画像の通り作ったって事ですよね!!!

講習会の記事や写真で私も元気貰いました(^^♪
こっちはぼちぼちですが、地道に頑張ります!

ああ、それね、とうほぐ人ばのげもんにして楽しいごと内緒でやったがらだっちゃ!
ばぢあだったんだよねぇ~佐藤さん。
ちゃんとTAAさんも通ったはずの釜津田小学校の前さ「後世焼ぐな!」って看板建ってだおん!

 ツバメにお宿を貸している佐藤さん。 子ツバメたちの将来までがヤバくならん程度にヤバくなってください(^^;
 たった2ヶ月で飛び立つフクロウまで進んでしまう安曇野スクール、マジでやばいっすよ。 しかも皆さん、ちゃんと彫れているしー。
 東北では宮城カーバーズミーティングなど、その地域の核になっているグループが活動してますからねー なんとも素晴らしい人脈ネットワークが出来上がりつつありますよねー
 なぜか埼玉にはそれがにゃい・・・ いつもオイラは独り上手、チェンソー抱えて放浪の旅・・・ ってかなー。
 今ようやく信州に手がかりが出来つつある訳ですからして、あたたかぁ~く見守ってやってくださいませっ(^^)

にゃはは 何をおっしゃる音やんさん。
 もともと、東北勢の活躍が羨ましくて、近場で便利だと飛び込んでしまったような安曇野ですYO
 あ、本当に何を言われたんだかわかんない(^^? 部分もちょっくらあったけどな~

 関東の核というと千葉になるかと思いますけど、アクセスが東京を抜けていかにゃあならんので、気分的にも信州よっか遠いんですよねー。
 安曇野が、マジ、中部日本の核になってチェンソーカービングが広く認知され広がってゆくといいなーと思ってますです。
 今はしっかり腕を治してねー、こっちもトウホグから応援講師に来てもらえるようぐわんばる積りで居ますYO

木挽屋さん、大分ご無沙汰してしまいました。
ご多忙中、タフな飛び回り・・・ご同慶の至りです。チョット位のボケ、ヘッチャラですよ(^♪^)!。
 処で、少女像にソワリングオウル像さんは、私の処にお嫁入りの準備として看るのは贅沢ですか~?。
 楽しみに想いを巡らせてますよ~宜しく!

仙人さん、ちょいボケOKって、私も思うんですがねー
 実際には、高速道の長いトンネルで反復される調光パターンに眩暈やら視野狭窄のゴーグルパターンを感じたりすると・・・あんまし気楽に構えても居られなかったりしますです。
 最初に年齢を感じたのは40台後半での老眼と乱視の兆候で、現役生活に見切りをつけた切っ掛けがメニエールでした。
 今の引退生活でチェンソー彫刻に見切りをつけるのはどんな事件が・・・ なんちって(--;)

 少女像については仙人さんの眼力が御見通しのとおりですが、ソアリングアウルはもっと白い桧材でサクランボのお守りをしていた奴のほうです。 今製作中なのはTAA熊さんの木挽屋バージョンです。 熊を彫っているとどういう訳か、タヌキも可愛いしパンダもいい雰囲気だなーなんて浮気心が湧き出してきます。
 やっぱ木彫だけあって、木が多い・・・気が多い (←言った本人が参っていたりして)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102810/41257086

この記事へのトラックバック一覧です: かなりヤバい・・・:

« やっぱし安曇野 2度あることは3度ある・・・ | トップページ | 相当にやばい・・・ »