2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« 安曇野、二度あることは・・・? | トップページ | し、知らなかった・・・ »

2008年4月25日 (金)

忘れてた・・・

 おとつい ちゃんとブログを更新したものとばかり思っていたが、ボランティア活動の掲示板に写真をUPしたことでブログ更新完了と勘違いしていた。  いかんなー 最近、勘違いすることが随分増えてしまった。

 23日の水曜、定例の里山清掃日がよい天気だったので、その午後、メンバーのNさんの親戚のヤマの榊の大木の下見にでかけた。 大きな枝を下ろしたいのだと言うことで、伐採というハナシではないから応援するのも気楽だった。

 毛呂山の現地へはNさんに同乗してもらって迷わずに到着。 昼にぶっかけウドンで腹ごしらえをしてからのんびりと検分。 直ぐ傍に祠があって後ろにカヤの大木がある。
 2本の大きな榊(本榊)は背が伸びすぎて後ろのカヤのゴン太枝にアタマがつっかえるという状況になっていた由。
 向かって左の榊は傍の作業小屋の屋根を足がかりにして長い梯子をかけたものらしく、すでにアタマが詰められていた。
 で、右側の榊。
 これも相当に無理をしてギリギリ梯子の届く範囲の枝が落とされている。
 ホントウは下見の目的で訪問したのだが、こういう無理をした形跡のある現場をみると、のんびりまったりしているわけにも行かないという気分になる。
 作業所要時間を2時間とみてNさんの都合を確認。 問題なしという事だったので手鋸での作業を実施することにした。
 祠に2礼2拍手1礼してから榊の木に挨拶。 よく見ると左の榊のてっぺんには大分昔に幹芯を止められた痕らしく、大きなウロができて天に向かって開いていることが見て取れた。

 登る上の問題は何もなく、後ろのカヤの太い枝にSRTシステムをセットし、手製の4m長フリップライン(ランヤード)をぶら下げてイッキに登る。 DRTとちがってSRTでのリダイレクトは難しい。 あ、リダイレクトというのは自分をぶら下げているロープのアンカーポイントを別の場所に増設したり移動したりする作業のこと。

 DRTシステムなら、ランニングエンドを手繰り上げて別のポイントに掛け、2つ目のシステムを組むだけで懸吊り状況を簡単にV字型に修正できる。 SRTでのロープのランニングエンドを有効に活用する方法はまだよく判らない。

Dscf0008  んな訳でフリップラインを使って別のポイントに体を強引に引き寄せ、手ごろな場所にスリングをチョーク掛けして足場にして作業を行う。

 実はこのフリップラインでの作業ポイントの変更が、榊の樹冠の複雑な枝組の中では結構手間取る仕事になってしまう。

 細かいことを抜いても都合4回の掛け直しをしてようやく自分の作業ポジションを確定できた。

 ここまでが30分。

Dscf0010

 実際に全部の枝を落としてしまわず、樹冠部に少しは葉のある枝を残して萌芽状態を確認したかったので地上のNさんに同意を求め・・・っちゅうか、かなり自分勝手に枝を残してしまって全作業を済ませてオープンロープ。

 所要時間は1時間45分前後。 まずまずは思い通りの作業内容となった。
Dscf0013 帰る間際に少し太めの榊の枝を頂戴することにして1尺ほど切り取ったが、艶のあるちょっと赤色かかった樹皮が印象的。 

 とにかく神のヨリシロである榊の枝なんだから何かにつくって飾っておけば、いつかよい事が起きるかもしれないぢゃん♪

Dscf0011  

Nさんに撮って貰った写真で、どれだけ立派な榊の木だったかわかる。

 

 あれ? よく見たら、この一連の写真に写っている枝の切り口、これは私の仕事ぢゃないからね。 Nさんの親戚が無理な梯子作業でようやく切った枝 の痕だと思うけれど、かなり無理して作業してるなー と改めて思う。 私だって梯子で木に登って鋸つかうってのは怖くてできないし。

 記念にブログに残しておこう・・・ って言っても、ヒトの山の木のハナシなんだけどね(笑)

« 安曇野、二度あることは・・・? | トップページ | し、知らなかった・・・ »

木を伐る」カテゴリの記事

樹に登る」カテゴリの記事

コメント

 木挽屋さんの木登りブログ久し振りに楽しく拝見しました。特殊技能はヒッパリダコでご盛況ですね。今週当りは、川越へお出かけしようと思ってたのですが雑用に追われ果たせませんで残念!。私は、来週は山篭りの予定で、5月半ばに入って川越行き果たす事にします。

仙人さん、近頃あまり地上界には降りてこられないようですが・・・ そのせいかなー、世界はとぉ~っても平和だったりして(^^;
 椋の大木やら墓地上のソロやら、そろそろ本格的な吊り伐り作業をやる時期になってきてます。 5月に川越にこられた時には目一杯に働いていただいたりして(笑)
 ヒッパリダコといえば、薪プロの集材機ですね。 あれは今頃どこに眠っているんでしょうねー。
 最近半年ほど森サポにまったく顔を出さなくなりましたけど、夏の下刈りにはやっぱし参加しないと山オトコの名折れになっちゃいますか。
 入間の宮司さんの所へも顔出しておかないと忘れられちゃいそうだしなー
 おー そうは言っても5月も6月も土日は毎週つぶれているしー。

やっぱし体が4つ欲しひや (^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102810/40986210

この記事へのトラックバック一覧です: 忘れてた・・・:

« 安曇野、二度あることは・・・? | トップページ | し、知らなかった・・・ »