2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« 久しぶりのチェンソー彫刻 | トップページ | 安曇野カービングキャンプ »

2008年3月 9日 (日)

入間の杉山

昨日10時、同じ川越の沢さんの応援を得て入間の腐れ杉の始末を行なった。

目的は2つ。
 1つは今後のヤマ仲間となる沢さんに、きれいごとでない里山の経験を積んでいただくこと。
 ヤマ仕事では特にマニュアル依存の判断が危険であること、と、自分が何をしようとしているかを周囲に的確に伝えることが安全の最初のステップであることを十分に認識していただく事 に留意して組み立てをしたつもりだった。

もう1つの目的は、先日来の強い風で幾本もの太い杉が風倒している現実を考え、実被害が発生する前に住宅・公共地に近い危険木を予防的に伐採すること。

 気楽なクラブでの体験的伐採作業とことなり、現実の民地作業では周到な用具の準備が欠かせない。 
 使用したロープは20m長12mmφのクレモナを2本。 フィドラ5倍力タンデム滑車に9mmφ50m長ロープをセットして300kGで9mを牽引できる装備を持ってヤマに入る。
 台付け用にスリング2種とシャックル各1。 これにロープ掛け用のフリンギットラインと10オンスのブレット、ビッグショット、そしてMS260とガソリン+オイルで結構な重さになる。 
 枝がゆれる程度であっても、風があるときに受け・追い切りだけで腐れの進んだ20m級の杉を確実な方向に安全に倒すのは、安易な考えでやってよいことではないと思うので、これは現在の私の伐採技術レベルではやむをえない必須装備だ。

Dscf0316
大雑把な見当をつけて腐れの具合をみるために受けを入れて確認すると、やはり実際の腐れは予想どおりに進んでいた。

アテにできるツルが極めて限定されている。

 ロープ掛け高さは8m以上、スローラインで引き上げる処理。  すぐに沢さんも作業分担を買って出てくれ、伐採後のロープ始末を引き受けてもらえた。
Dscf0317

殆どの伐採を沢さんにやってもらってこちらは写真を撮る側にまわってみた。
 合計8本(?)の杉をほぼ狙いどおりに伐採することができたが、2本ほどの腐れがひどい木については、受け追い位置を腰の高さより上にとってツルを確保しての作業も実演してみせた。
 もしこれで掛かってしまった場合には、例の畳み伐り(?)という手法らしきもので、「チェンソー作業禁止事項」を回避する実演をすることになってしまったかも知れない。 掛かり方によっては効果的な局面があるかもしれないけれど、でも、アレをやるには太すぎて怖い木ばかりだったな・・・

 まあ、10m位置にロープ掛けしてツルを太く残し、フィドラー牽きをして倒すのだから忠実に受け口方向に倒せることは倒せるのだが、疲れがでてきた頃だったセイか、ラスト1本では追いを切ってから受けの方向が違っていることに気づき、焦って交代し修正する顛末もあった。  最後の1本はせっかくロープ掛けをしたものの終了時間を見て打ち切り取りやめにした。

 沢さんとはまだお互いに遠慮がありすぎるのだろう。 疲れたら 疲れたからやんぴにしよう などと気楽に言い合える間柄にならんといかんなー。

 倒した杉の枝払い玉切りなどの後始末は後日に行うこととしたが、これを独りでやるのは結構な仕事になりそう。 そろそろ山仙人さんにお出ましいただこうか なんて悪企みを練ってみたりする(笑)。

Dscf0318

 でも、こんな腐れ杉を一日8本も伐採させるなんて、ほかでは経験でき無いと思うYO 
 このクラス以上の太さの杉を伐倒したときの地響きを自分で管理して体験するというのは、たぶん、これからヤマ作業をする上で大きな意味を持つことになるんぢゃないかしら。

 安全に処理するためにどういう装備が必要なのか、実地に見て使って経験を積んで貰えれば、私の目的は達成できたようなものだし。

おーし、今日はこれからコナラの枝おろし。
 葉が茂る前の今のうちに降ろしておかないと、作業時に吹く風に負けて事故る可能性の高い樹だからね。

« 久しぶりのチェンソー彫刻 | トップページ | 安曇野カービングキャンプ »

木を伐る」カテゴリの記事

木を刻む」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ~
 オトトト・・・よく読むと、ご指名の光栄を賜りましたよ(^♪^)。
 今月、12or13日当りはどうですか?。天気は良さそうですが、榎に当りそうですか?。

にゃはは・・・ すんません。
 もし13日(木)に入間の中宮司さん宅の杉始末。 仙人さんの応援をお願いできれば千人力(^^; 実に助かります。
 作業内容は枝払いと玉切り、積み上げと地味ですが、日を改めて同じ場所の墓地上に傾いた紅葉の太い枝をロープ吊りで下ろす予定があります。
 他にも色々なメニューが準備中(笑)ですので、木挽屋をよろしくお願いします。

なにやら楽しげな相談をされていますね。出きれば伺いたいと思います。

沢さん、ネットでは初めまして(^^)/になりますね。
 よろしく~ お願いしますです。
 あまり毎回応援いただくと負担感がつのると思うので遠慮(?)しちゃってました(笑)
 沢さんのHP拝読しました。
 手鋸での間伐でも、以前より考える時間が増えて能率が上がらなくなった・・・とのこと、大変よいことなのではないかと思います。
 昨日も公園公共工事の伐採現場で自称プロたちが事故をおこし隣家の塀を壊していました。
13日は午前9時から中さん宅で作業、昼に打ち切って別の現場(オオタカの営巣林)でのソロ伐採の下見にゆく予定になりそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102810/40435034

この記事へのトラックバック一覧です: 入間の杉山:

« 久しぶりのチェンソー彫刻 | トップページ | 安曇野カービングキャンプ »