2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« 非力なツリークライマーは | トップページ | 学んで時にコレを習う? »

2008年3月13日 (木)

結果オーライ?

なんでもかんでも結果が良ければよいというものでもなかろう。 Dscf0338

 今日は入間の杉山でなんと二人の応援をいただき先日の伐採の後片付けと、心配でならなかった腐れ杉の追加伐採を3本処理した。

 その中の2本目、根回り径50cm弱の杉は腐れとの闘いのあげく、板根状の根株形状の木に育っていた。

Dscf0351

 ちょっと心配な木だったので受け口切りの途中から私が交代して処置したのだけれど、断面が菊とかダリアとか桔梗とかの花びらのようにヒダヒダとしてどこを探したら適正なツルが確保できるのか見当もつかない木だった。

 そのヒダヒダの外側部分に生きている白太が少しづつあるのだけれど、伐倒したい方向にツルとして利きそうなヒダヒダ(板根)部分がとれない。

 どこかでトチ狂って、アテになりそうな太い2つのヒダヒダのそれぞれに受け口を切ってみたけれど、如何考えてもそんな半端な考えが通用する訳がない。 2つのヒダヒダが残れば、その2つで決まる方向にツルが働くのであって、ヒダヒダそれぞれに受け口を切って角度を出しても何の意味もないだろう。

Imgp4903

 

( 投稿後、山仙人さんからメールで画像を送っていただいていたことに気がついた。 記録に残しておくべきだったかも知れない。 頂いた写真を有り難く掲載させていただいた。)

 

Dscf0343

 

 なんかその辺り、いい加減といえばいい加減なやり方をしてしまった後悔が痕を曳いている。 まあ、8m~10m高にロープをかけてフィドラ引きをかけて倒したので安全という意味での不安はなかったのだが、やはり2つのヒダヒダに受け口をそれぞれに切ってみたのは知恵が足りなかった。

 っていうか(笑)、思い切って枯れかけているもう1つのヒダヒダまで受け口をドン!と作っておくべきか と思うこともあったわけで。

 しかし、伐採したあと、記念に根株まわりの年輪を切り取って・・・とおもったら、とても年輪のようなカタチが残らないほど芯に腐れが進んでいた。
 もう1つのヒダヒダまで受けを切っていたらどーなってしまったかな。

Dscf0344  こういう時はセオリー全体がアテになるべき根拠を喪っているのだから、やはりロープ掛けで引き倒したのは大正解というものだろう。 そういう意味では今日の作業も結果オーライと考えられなくもないのだけれど、返す返すも2つのヒダヒダのそれぞれに受け口を切った自分のバカさ加減が悔やまれる。

 ま、こういう自己嫌悪に陥るのもある意味、研鑽の1ステップか。

 アホとしか思えないんだけれど、自分のことだからなー もっと考えを深めておかないとなー ・・・

帰路、狭山の薪プロジェクト現場で3本の中径ソロの伐採。

Imgp4921
( 仙人さんが伐採したソロ。 裂け対策のロープでトラロープをつかっているけれど、本当は余りよい選択ではなかった・・・って、自分でやっといておきながら )
 

色々自分では反省する点があるけれど、でもとにかく、今日も何人もの人に助けられて一日が無事に終わった。  ありがとう。

« 非力なツリークライマーは | トップページ | 学んで時にコレを習う? »

木を伐る」カテゴリの記事

樹に登る」カテゴリの記事

コメント

木挽屋さん・・・早速今日の反省と仕上げですか・・・流石、脱帽です。
私なんか、今日は眼も当てられない結果で、”なす事全て反省”・・・だが、こんな一般論では、反省ではないと言われますな!。1つ1つロジカルに分析しないとね!。
 ああ疲れた~風呂上りのビ^ルが美味しかったかと、今日も有難うございました。

仙人さん、写真ありがとうございました。 沢さんも汗びっしょりでしたね。 適度の肉体労働ってのは気持ちよく神聖なものという実感があります。 これが仕事になると・・・ って事は今更私なんぞが言うまでもなく、仙人さんが隠居開始したころに自ら望んで体験されたことでしたね。
 色々な人と人とのつながりがその中の自分を活かすことにつながってゆく。 皮相的にみればそういうゲマインシャフト的な(笑)生き方がこれからの時代に復活するような錯覚が起きちまいそうです。
 でも、本当にそれは錯覚なのかな?なんて思うことが増えてきました。 お互いに、これからが勉強ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102810/40487252

この記事へのトラックバック一覧です: 結果オーライ?:

« 非力なツリークライマーは | トップページ | 学んで時にコレを習う? »