2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« 書初め | トップページ | 納屋の上の怪人 »

2008年1月 6日 (日)

TAA熊選手権(?)

なんだか原作者の了解もアイマイなままで、日本のどっかとどっかでTAA熊チェンソー彫刻の選手権が始まっているらしい (^^;

043

 散歩で行き会う近所の犬好き仲間から 今度は可愛いゴリラができました と誉められた(泪)私のTAA熊さん、選手権に応募するために写真をとっといた。

044 そりゃあ、原作の雰囲気はとても出せないけれど、この不思議な可愛らしさは凄く勉強になるんぢゃないかと感じたし、下手なりに挑戦した意味はあったように思う。

 今日はクラブで入間の山神様詣。 懐かしい顔がいっぱい集まった。
クラブも新体制になってからは旧弊の訂正が進みはじめているようで、形ばかりの動力研修や重要拠点活動の日程重複なども総体的に良い方向に解消されている様子。

092 帰路、宮司さんの裏山の梅の木の伐採現場から少し材を頂戴してきた。 ドロを被った樹ばかりだったので、325ピッチのMS260ソーチェンが大分火花を飛ばしてしまった。

093

この梅の木はPEG1000含浸乾燥させて色具合の納まりをみるつもり。  生木の梅で器を作ってみるのも、それなりに面白いかも知れないけれど・・・

« 書初め | トップページ | 納屋の上の怪人 »

木を刻む」カテゴリの記事

コメント

はい!TAA熊とても勉強になりましたよ(^_^)v
来月のミーティングではその辺も話しましょう!

埼玉でのKGさんのデモは見に行かなかったのですか?

原作者の了解も曖昧なまま、来るべく?TAAGUMA選手権にむけて特訓中?でございます。
だって、毎年この時期ときたら、東栄に心奪われて誰もかしこも大人しくなっちゃって・・・
あれは愛されるべく優れたデザインですよ!
凄く勉強になると思いますネェ!

佐藤さん、埼玉でKGさんのデモがあるって、しらなかった・・・(--;

 とは言え、今回の山詣は例年の行事なので、知っていたとしても見には行けなかったんぢゃないかと思います。 やっぱし自分から和歌山に見学に行くほうが確かかも。 でも、KGさん年中ずっとお忙しいようなんで(泣)

 ツーショットのTAA熊さん、ブログで拝見しました。 近くに同好の士が居るって、いいですね。 私の近くではまだそういう仲間は見つかってません。 老齢化が進む地域の住人ってのは なんともつらいのー でありまする。

音やん、やはり東栄ですか。 なんと言っても世界の東栄というイメージですね。 あまり肩に力が入りすぎると肩が凝るだけぢゃなくて、風邪も引きやすくなるんだそうです。 
 少しリラックスして・・・って、あー、 普段どおりの音やんが東栄で爆発するとどんな作品が出来ちゃうのか・・・想像しただけで恐ろしひ(笑)

 私の今年の目標は児童群像と犬・熊・栗鼠・フクロウ・火の鳥のジオラマ製作。 チェンソー彫刻だからこそできる、観客が参加して勝手に物語り組み立てられる事を特徴としたジオラマです。
 かなうことであれば岩手での、賢治にまつわる心のビオトープ作りに このイメージが繋がっていってほしいと思ってます。
 今年は安曇野も面白くなるかと思います。 よろしくお願いします。

明けましておめでとうございます。
TAAGUMA選手権、是非私も参加お願いします。
今年もいっぱいいっぱいお世話になりたくています。
ご迷惑でしょうがよろしくお願い致します。2/2楽しみにしています。重ねてよろしくお願い致します。

JINさん! ブログ(?)拝読してますです。
今年もよろしくお願いします。
 TAA熊選手権、なんか乱闘気味になってきましたね(^^; さぁて、これで先がますます見えなくなってきた~ ♪

 2月2日ってのは何の日だったかなー(^^?
あーっ、そうだ! みんなで秋保にあつまって、チェンソーアートについて語り明かす日だったんだー(←わざとらしひ)
 またお目にかかれる日を楽しみにさせていただいていますです。

 それにしてもご自分で住宅改造なさるんですか。 チェンソー使う人たちって多芸多才な人ばかりですが、My小屋の完成や5月の引越しのお話が楽しみです。 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102810/17601755

この記事へのトラックバック一覧です: TAA熊選手権(?):

« 書初め | トップページ | 納屋の上の怪人 »