2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« 慎重に、あくまで慎重に。 | トップページ | 樹上のクリスマス・イヴ »

2007年12月23日 (日)

木霊さんちのチュウ~さん

TAAクマさんのイメージをパクって・・・って、作ってみれば最初に思ってたよっかずいぶん充実感があった。

Ca3900042

色々な特徴をみれば、オリジナルが誰のものかすぐにわかるんだけれど、これだけ多くのチャームポイントを仕込んだデザインには かわらぬ敬意を表し続けたいものだ。

Ca3900162

とりあへず我が家の玄関先に掛けておいて、最終的にはIさんのヤマのクズ掃き杉板囲いに置かせていただくつもり。

 昨日から今日の昼まで続いた雨で足元が滑りやすくなっている。 入間の竹林作業は予定を取りやめにしたのだが、余ってしまったエネルギーで、今度は北海道の木霊さんの干支彫りイメージをパクってみた(汗

Ca3900053

 あんまりアチコチからアイデアをパクってばかり居ると、そのうちにどこからも出入り禁止にされちゃうからなー

 パクらせて戴きたいと思ってたのは、どこかしら暖かぁ~いものがにじみ出るようなイメージ。 その出所って、本当は何なんだろうね。

Ca3900083 

 この干支は家内が写真にとって年賀状にするんだとかゆーておった。

 実を言うと昔から年賀状ってのは自分から書いたことが無く、そういう付き合いはほとんどしないできたのだが、それでも年末にかけ、舞い込む枯葉のように喪中欠礼の挨拶状の届くことがある。

 自分自身の身辺整理に取り掛かるのはまだまだ早かろうとは思うのだが、はるかな友の身辺におきた不幸な出来事に思いを致せば、卒業後40余年、互いの道程の長きを思わずにはいられない。

なんちって。

« 慎重に、あくまで慎重に。 | トップページ | 樹上のクリスマス・イヴ »

木を刻む」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102810/17457709

この記事へのトラックバック一覧です: 木霊さんちのチュウ~さん:

« 慎重に、あくまで慎重に。 | トップページ | 樹上のクリスマス・イヴ »