2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« DVD三昧の週末? | トップページ | 男の道具って? »

2007年12月10日 (月)

安曇野再訪

さいほう、 と言っても別に針と糸を持って安曇野まで出かける用事があった訳ぢゃないし、大体このブログは意味のないつまらん駄洒落が多杉る って、誰かさんが言っていた。 そもそもさいほうってもとの字からして違ってるんだし。

 でもとにかく再訪~♪

 安曇野はいつ来ても・・・ と言ってもまだこれで3回目の訪問なんだけど、そのつど、最高の表情を見せてくれる。  安曇野と呼ばれる土地について、私の年代では小学唱歌「早春賦」に詠いこまれた山野という、一種清冽な気迫のこもった季節の印象が先に立つのが普通なのだろうと思うが、どうしてどうして、今回もまた天平の森はうらうらと好天に恵まれ、厳しい寒気を予期しユニクロで焦り買いした重装備で固めあげてきた身にとっては、まあ、なんともナマぬるかった・・・ りしたのだった。

Ca390011

 のみならず、開催時刻を失念し、焦って夜明けを待たずに川越を出発した結果、現地到着は午前10時! 大会会場跡には大勢のハイキング客やハング・パラ・グライダー乗りたちがあつまって機体の組み立てに余念がない・・・・

Ca390015

 まっさか、こんな場所でネットも張らずにチェンソー振り回すわけがないよなぁ(^^;

 そう思いながら、歳の功だけの図々しさ、そういえば今日のカービングは午後からだったと思い出し、時間つぶしにパラグライダー乗りのおっさんとタメ口をきいてしまった。 

 それにしても です。

 そのおっさんの言うことにゃ、今日は固定翼も来ているんだと。 連中はあの穂高の山並みを越えて遠く日本海まで飛ぶこともあるんだと。

 あー スゲエ~!

 思わず声にでてしまったら、パラシュートのおっさん、チェンソーやるほうが余程凄いぢゃんか だって(--;

 あー、たしかに仲間の中にはとんでもスゲエ人ってのもいるんだけれど、ちぃ~っとも凄くない私みたいなのも混ざって居るわけだからして・・・

 なんのかの言いながら時間潰しをしていたのだが、それにしても芯まで冷える斬馬刀のような(笑)アルプス超えの風の中。 堪らず昼を口実に管理棟の休憩室へ引き篭もりを決め込んだりした。 Ca390018

んな訳で、忘年会は水の滴る繊維だらけのポプラに初挑戦(←イッキに話題が飛ぶのも老化現象だって噂だ)。 こんな具合のはなはだ不満足な仕上がりとなったが、まあ、それも毎度のことなので今更ブログで告白するような内容ぢゃあない。

今回の仕掛け人も やはりこの人↓ Ca390019_2  

 え? 人ぢゃないだろ って? んにゃ、これ見れば作者がわかるってのがこの世界のことだからして、黒幕の正体の暴露は結構これだけでいーの だったりする。

 その夜、バンガローに集まった人相のよくないいけない(←イケテナイとも言う)おじさん達は、来年にこの会場で仕掛ける夢みたいに面白い素敵な悪企みを語り合って、いつまでも夜更かししていましたとさっ。

あ、いけね。 仕掛け人の中にこういう小諸の人も混ざっていたりしたっけ(笑)

Aiba_2 アイバーガーさん、本当に色々と、ありがとうございました。 今回見学させていただいた色々なアイデア、しっかりとパクらせていただきますっ (ちゃんちゃん♪)

« DVD三昧の週末? | トップページ | 男の道具って? »

木を刻む」カテゴリの記事

コメント

そうですか やはり斬馬刀のような(笑)風に呷られて休憩室へ引き篭もっていたわけでしたか。
でも外にはチェンソー持った半袖のオヤヂがいましたヨ。
どうぞどうぞ パックって下さい。でもパクリ元が悪いからバッグってしまわないようにネ(チャンチャン♪)
かえって長々と引き留めてしまってすみませんでした。
次回からの安曇野裁縫は、我が家に寄って生地を物色してから連れ立っての峠越えとしましょう。
どうも我等が謀てには天も味方するみたいで、小春日和のホントにまたもや楽しい良い会になりました。
きっと、来年の面白い素敵な悪企みも上手く運べるでしょう。
それには、納豆状態の糸を絡めて天網恢々成瀬さんの網が重要ですヨ!
ってまァ、因業一徹が三人五人寄れば文殊以上でしょう(かなぁ?
融通無碍・臨機応変 苦しみと義務にならないように、そこらへんを分かち合いましょう。

おかげさまで初冬の小諸の情景を楽しませていただきました。
 まっこと 暮れ行けば浅間も見えず♪
 帰路、めまいを覚えてハタ!と気がついたのが、搭載していたクスの木の発散する瘴気です。 Pエリアで止まり換気を繰り返しながら安全運転で無事帰宅しましたけれど、今回のクスはかなりキツイきり立ての新鮮な瘴気を発散しておりましたです。
 かぁちゃんが喜んでクローゼットルームにさっさと持っていきましたが、そのうちに取り返して地蔵さまでも彫ってみたいものと思います。
また安曇野へ行くときは、小諸で降りてお店に押しかけますで(^^) なにぶん宜しくお願いします。

木挽屋さんこんばんわ
アッチコッチとご多忙の事、御同慶の至りです。
安曇野いいですね!、小諸いいですね!!・・・ 私、山好き、冠雪のアルプス痺れます。
コッチに帰ったら早速、森サポのHPが更新されてましたよ!!!。なんとバイタリテイーに満ち溢れてる人かと・・・メタボリックが吹っ飛びますよ。それにチャントPDFファイルの、「回転」アイコンが丁寧についてます・・・それも「VOL31」「VOL32」と有り驚きました。
 森サポのMLで、「ニュース誌の掲載と見方」を事務局から展開して貰うべきです。
 森サポのHPが活用段階に入ったな~と思います。

山仙人さん、時々は下界のチェックで雲から降りてくるんですね(笑)
 ようやく奥穂につらなる山々の姿の美しさにシビレはじめている森のフクロウとしては、昔からこんな贅沢な山野を楽しんできた人たちがちょこっとだけ怨めしかったりして(汗)
 森サポHP更新は事務局へのお次の番だよ♪記事更新の催促みたいなもんです。
 誰かさんが豊田農園の落ち葉掃きの記事を自分のHPに載せているのに、誰かさんはHPサポーターのメンバーでもあるのに、なんでかな~? 不思議にクラブのHPには何も掲載してなかったりする~ から(笑)
 今度頑張るのは誰だろうなあ~(^^?)
   なぁ~んちって。

木挽屋さん・・・厳しい突っ込みだな~。
都合がいい事に、私は明日から小屋住まいの予定なんですが~(何時も逃げてる!!!)。
 先程、事務局にメールを入れて、ブログ拝読、ギョットしました(本当です)。
 過日頂いた「森サポHPの作成注意点」まだ理解してないので、そこから開始では・・・師走に重たいな~(泣・泣・・・だな~)。
 話をそらそう~。
 ニュース誌のHP掲載の件、事務局から展開したが良さそうに思います・・・大変立派な代物です(記事の回転操作方法も含めて)。それに、記事には(New)マークを付けるべきですよ!。

今日は午前中が川越の里山の4m幅公道の落ち葉掃き。 雨あがりだったので手早く掃いておかないと車につぶされた落ち葉ってのは実に始末が悪いもんで。
 午後に暇をもてあまして入間の宮司さん宅を急襲。 案の定、奥様ひとりであの広いお屋敷周りの落ち葉を掃いておられました。
 梅の木を伐ったという話を聞いていたので、その下見もかねて落ち葉掃きを買って出たんですが、なかなか見事な梅の木で長径30cmほど。 この梅ってのは乾燥してもなかなか紅が消えないので旋盤でいじるにはもってこいって代物です。
 ふっふっふ。 こーゆー楽しみもなかなか捨てがたいですぞ(^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102810/17330608

この記事へのトラックバック一覧です: 安曇野再訪:

« DVD三昧の週末? | トップページ | 男の道具って? »