2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« 貰ってしまったクリスマス・ケーキ | トップページ | 書初め »

2007年12月31日 (月)

今年の締めくくりは

やはり大枝下ろしってことになった。

 昨日処理するつもりで澤○さんの応援をお願いしたのだが、どういうわけか天気予報をブッ飛ばすような怒涛のミゾレが襲来。 これは無理とあきらめて解散した1時間後にはウソのように晴れ上がり、今年一番の寒波というTV気象情報が笑えてしまうような暖かい午後になってしまった。

 なにか悪いことでもしたのかな・・・ などと思いながらも、枝下ろしのロープを掛けたままの越年ってのは気分が悪いと感じていた。

 しかぁし! 今朝になって、欲張り黒ラブのエディが呑み込んでしまっていたゴム玩具を吐き出してくれた時は、それこそ大騒ぎしてエディを褒めまくり これでイヤな気分の1因が晴れた! と家内ともども大喜びしたりした。 なんせ、呑み込んでから2日間ず~っと、口を開けばエディの腸ねん転を心配したりしていたから。

 んな訳で気分が晴れて天気も晴れたこの大晦日、仕掛かり中の大枝下ろしを綺麗に片付けることにした。

 性懲りもなく枝下ろしの写真を載せるけれど、私にとっては記録しておく意味のある写真だと思っているので悪しからず。 もし興味のあるお方がおられたら、グーグルにアルバムを作っておいたので見てください。

023_2

今回の枝下ろしは小枝をつけたまま。 重心がかなりトップ寄りにある。 写真全体を重心に問題意識を置いて見てゆくとその辺りの機微がわかる。

最初はグー(笑  これが切断登高する前の問題樹。 すでに大枝を1つ除去してある。 

024_2

横に6m近く枝を伸ばした状態では、コナラのツルはあまり効かない。

 ミスマッチ切断はチェンソーG3200 25APだ。

 空中姿勢が取り難いまま手前の幹を抱えるようにして操作したので少しミスマッチのオフセットが均一になっていないが、これは十分に容認範囲だと思う。

025_2

トップ吊り点を隣接するコナラの梢からとっておいたのはやはり正解だったんぢゃないかと思う。

 

026_2

この写真は切除した枝の天を向いた元口。

029_2 公道と枝との位置関係も計算どおりに納まった。

 幾人かの通行人から色々な挨拶を貰い、まあ、佳い歳の瀬の仕事になった感じ。

033_2

思い切って墓地の中まで入り込んで撮影をした。

 

035_2

上を見ると雪ンコ。  をっと、本当はちがったな。

040_2 今回は5倍力のフィドル滑車の使い方を変えてみた。

 

どちらがよいか、しばらく研究してみる。

んな訳で、気分スッキリした2007年の締めくくり作業。 

 皆様、よいお年を!

 

« 貰ってしまったクリスマス・ケーキ | トップページ | 書初め »

木を伐る」カテゴリの記事

樹に登る」カテゴリの記事

コメント

明けましておめでとうございます。
軟弱にも今年はこの寒波に怖気づいて大晦日の彫り納めを断念してしまいました。(腰痛が!)
でも、年越し前に大分寝正月をさせてもらったので今日は彫り初めさせてもらいます!
問題は朝までに酔いが醒めるかだ!

あけましておめでとうございます。
ロープ使いの熟練の技には参りました!
年越しまでやられてたんですね、

新年のカーバーズミーティングのかくし芸で披露されるかなあ(^^♪
(実は別バージョンも達人だったりして!)

今年もよろしくお願いします。

例の350年の杉のカケラですが、もし良かったらカーバーズミーティングに持って行きますがどうですか?

音やん♪ TAA熊さんって可愛いですよね 私も惚れてしまいました、あのデザイン。
 プランターだけでなくて、あれにチェンソーを持たせたり、ワインキーパーにしたり堅木でブックエンドをつくったりしたら好きな人は幾つも欲しがってくれるかも知れませんしー  みちのくカービングクラブに売り上げ向上委員会を発足させたら面白い展開になるかもね♪
 今年は安曇野でも思い切り遊ばせていただけそうなので楽しみがまた増えました。
 今年も宜しくお願いしますです(^^)/ 

佐藤さん、今年も順調な滑り出しですね。
 ロープ使いの別バージョンって、どーゆーモノかしだないけれど(笑) 残念ながら亀甲縛りってのは私の知ってるロープワークの中には無いんですよねー ♪残念っ
 去年いただいたレッドシダーがまだ手元にありまして(乾燥実験に1/3程度使いました)、まだまだ木のことが判っていないと実感していたりします。 でも、杉って結構魅力的な素材なんですよねー
 ミーティングには大人28人が集まるんでしたっけ? 盛大ですねー! 最初に佐藤さんと川越の城所教室でおめにかかったころ、こんな展開になるとは想像もしていませんでした。
 私はまだ便乗組ですけど、今年あたりからは牽引組に混ざっていきたいものと思っています。
 よろしくお手柔らかにお願いしますです。

成瀬さん、おめでとうございます。
 ○○にムチ打たなくても、「ツリークライミング樵」ができるなんてスバラシイです。裏山の杉の枝打ちでも危ないなぁ~なんて・・・頭をよぎりながらやってる・・・私です。
 今年は、「カービングの大会に出る」ことを目標にレベルUPを計りたいと考えています。(まずは保安用具の購入から・・・かな。)ご指導よろしくお願い致します。
 新潟の「雪の裏山」から~!

あけましておめでとうございます
今年は、気骨の有るお仲間と愉快な企てが成りそうです。
一緒に楽しんでやって下さい。
東北の方々より少ーーーし爺むさくなりますが、そこは亀甲より年功の手練手管であんな事やこんな事をしちゃいましょう。
月光仮面のおじいさんさんの い抜き ぢゃない いげんで東北の方々もまきこんじゃいましょうか!

江村~さん、あけおめことよろ2008 ですっ!
 裏の杉山を持っている人が裏山しい(♪)

 おー、今年のオヤジギャグいっぱつ目。 被害者は江村さん・・・ いやはやすまんこってす。

 今年は上越で一緒に彫ることになりますね。 どんな作品になるか、なんとなく楽しみが又ぽっこりと増えてしまったりしてます。
 今年もよろしくお願いしまーす(^^)/

愛バーガーさん、今年もよろしくです。
 安曇野の威厳のある方、実は結構お茶目だったりするんで驚いてしまったりします。
 東北奥羽連合も凄腕揃いですから、ガッツと情熱でぶつかってお互いの気持ちをあわせていければ最高ですね。 
数週間前に年忘れをやったばかりなので、あまり年齢のことは言わないほうが何かと良ろしいことになるんではないかと思いますが・・・ (汗
 とにかく自分の彫りたいものを彫る これっきゃないと思いますです。
お手柔らかによろしくお願いしますねっ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102810/17535068

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の締めくくりは:

« 貰ってしまったクリスマス・ケーキ | トップページ | 書初め »