2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« 第三段階終了(+補足) | トップページ | この物凄い人たち »

2007年9月28日 (金)

君の目にトンボは見えるか?

第二回東日本チェンソーアート大会の前夜祭で呑んだくれたとき、某Sさんの芸術論、っちゅうか、チェンソーアート論っちゅうか、そういうものにひどく感心した記憶がある。

 少年が指を突き出して、その指先にトンボがとまる。 そのトンボを彫らないでトンボが表現できないか という話なのだが、大いに意気投合するものがあった。

 昨日、「愛蔵版 少年時代」という藤子フジオ(?)氏のコミック本を中古市場から入手した。 富山に学童疎開した少年(柏原平三氏)の一夏の追憶「長い道」を漫画化した作品だとのことだが、結構コミックは嫌いでなかった筈の私の記憶にはまったくカタチをとどめていない作品だった。
 入手してその分厚さに萎えるものを感じたが、昨夜、気力を奮い立てて一気に読了。 なるほど、少年時代がメルヘンであった過去の所謂文学的な素養は、こうした近代文学の誠実さの前にあっけなく意味を喪っていったのだな、と柄にもなくエラそうな感慨を持つ。
 この漫画が少年誌に連載された昭和53年というのは息子が小学校に入学したころにあたる。 ハード屋でありながらソフト屋の不手際をカバーするような仕事に追われ、納期の催促に尻をたたかれながら無我夢中で徹夜残業を繰り返していたあのころ、漫画を読む精神的な余裕さへなかったような激走の記憶だけがよみがえる。

 いささか憮然とした思いを抱いてチェンソー作業場へ。

 そして、あくまで自分の少年時代の一番美しかった記憶を創作すべくチェンソーを振るう。

 Ca390042

写真が不鮮明なのは ご愛嬌! ということでよろしく。

これを以前に作成した少女像と組み合わせてみると・・・

Ca390049

う~ん、これはちょっと違うかもしんない。

 女の子は「そんな顔して何やってるの?」としか思っていないだろうし、大体、目線が指先に集中していないぢゃないか。

なら、これはどうだろう

Ca390052

を、ちょっと雰囲気がでてきたかな。

 少年の指先に少女の目線が・・・ん、なにかいい感じ。

  あー、これで私のトンボは指に留まった ことにしてしまをう。

Ca390043

それにしても、指を前に突き出しただけでずいぶんとチェンソーの取り回しが難しくなるもんだ。

Ca390064

ん、今の私にとっては、この少年像が「少年時代」そのもの。

思い返せば賢治像にショックを受けてチェンソー彫刻にのめり込み、大会前夜祭では呑んだくれとアート論を語り合い、挙句の果てに一人川越の森で杉の丸太をあいてに♪少年時代♪などをハミングしながらチェンソーを扱う羽目になっちまっている。

 やっぱし東日本は詩人の巣窟だったんだわ(笑)。

« 第三段階終了(+補足) | トップページ | この物凄い人たち »

木を刻む」カテゴリの記事

コメント

見えます!見えます!
最後の写真に感動しました!

そろそろ出発します 上越エコフェスタへ。
 テーマは 森の生き物たち。 
私もリスさんに栗持たせようかな(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102810/16599767

この記事へのトラックバック一覧です: 君の目にトンボは見えるか?:

« 第三段階終了(+補足) | トップページ | この物凄い人たち »