2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« 山仲間から写真を送ってもらった | トップページ | 3人にした »

2007年8月24日 (金)

田園将に蕪せむとして

あわてて耕運機で耕したのがオトツイ、昨日、今日。 無論、石灰と牛糞は施肥して草は手で抜いておいたのだが、白菜の播種時期は8月25日と決めてあるので日程的にはそうとうきつかった。

 今年も農薬を使わないままできてしまった。 その分、トウモロコシや胡瓜やトマトなどでの虫害は深刻だったが、収穫だけが目的ではない家庭菜園の意味、みたいな力みもある。1_007 1_008 1_009

最初の3枚の写真が#1の畑。 賃借の約束では30坪あることになっている。

スイカはそろそろ終わり。 トウモロコシは片付けた。 カボチャの跡始末は9月に入ってからってことになる。 今の時期に元気なのはナスとゴーヤとピーマン。
 サツマイモの生育は順調。 落花生も雑草と張り合って結構ちゃんと育っていた。

#1のカボチャの後にはブロッコリ、キャベツを予定。

2_004 2_005 2_006

次の3枚が#2の畑。 これが約20坪。 45cm-45cm(6cmΦ)の黒マルチを2本敷いて白菜・大根の播種受け入れ準備を整えたところ。

ゴーヤはもうしばらく置いておく。 イチゴは10月までに植え替えをする必要がある。

 #2の畑で手を入れていないのは通路側の2本分。 これは8月中に耕運機で再度耕して菜類の植え付け場所にする。

3_001 3_002 3_003

最後の3枚が#3の畑の今日の姿。
 水が足りなかったのと除草の手抜きとで里芋はかなり惨めな姿になってしまった。

 穴なし黒マルチを2本敷いておいて雑草を防いで適季を待つ。 未処理の場所には涼しくなるのを待ってから、ほうれん草や青梗菜などの菜っ葉類を植えつける。

明日が日限の25日。 白菜は75日取りの中早生種。 同じ白菜ばかりではつまらないので山東菜も少し予定。 余った種は出来る限り撒いてしまってツマミナにするか虫害補植用にする。 

« 山仲間から写真を送ってもらった | トップページ | 3人にした »

畑仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102810/16225353

この記事へのトラックバック一覧です: 田園将に蕪せむとして:

« 山仲間から写真を送ってもらった | トップページ | 3人にした »