2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« 3度目の正直? | トップページ | 田園将に蕪せむとして »

2007年8月21日 (火)

山仲間から写真を送ってもらった

厚かましく応援をお願いした山仙人さんが今朝のリギングの記録写真を送ってくれた。

 やっぱしちゃんと望遠が利くカメラで撮ると迫力が違ってきます。

4003

 

 

 

4016

折角の時間を応援に割いていただき、本当に有難うございました。

« 3度目の正直? | トップページ | 田園将に蕪せむとして »

木を伐る」カテゴリの記事

樹に登る」カテゴリの記事

コメント

木挽屋さんこんばんわ
 「望遠が効くカメラ」・・・カメラより腕がいいでしょう!(笑)・・・いや、更に良かったのは、ツリークライム(リキング?)の実演を拝見させて頂きました事です。
 昔、岩登りをトレーニングした時、ロープを使い絶壁を降下した経験が有りますが、ロープで登った経験は有りません。足で登るんですね!・・・やっと飲み込めました。
 枝降しも、慎重に検討され、130%計算通りに出来た事賞賛すべきでしょう。しかし、「勝って冑の緒を締めよ」の諺通り、今後に続く全てのチャレンジに事故無きよう、精進されん事を祈ります。
 又の機会も楽しみにしております。

熱闘甲子園、佐賀北に凱歌が上がりましたね。 私は先日の常葉戦ですっかり観戦疲れしてしまいましたが、やはり若いってことは凄いことだったのだとつくづく思い返しています。
 降ろした枝の痕はCODIT切断をしてきれいに削り直し、トップジンMペーストで保護しておくつもりです。
 通常の伐採と違って、大枝降ろしでは自分が逃げる場所を確保できませんので、どうしても計算が慎重になります。 確かに今回も考えたとおりに枝を振って、3本のロープを順次操作して地上に降ろす処はうまくいったのですが、クサビや手鋸の用意が無かったのは油断でした。 
 これからもっと方法論を研究し、新機軸を打ち出せたら面白いかと思ったりします。 これからもヒマを持て余したりした時には川越のヤマに遊びに来てください(^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102810/16193387

この記事へのトラックバック一覧です: 山仲間から写真を送ってもらった:

« 3度目の正直? | トップページ | 田園将に蕪せむとして »