2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« 今年の梅雨も | トップページ | リギング/wチェンソー »

2007年7月30日 (月)

原爆と地雷と割り箸と

いささかフザケ過ぎた表題なのかも知れないが、混迷した今の日本では、むしろこの程度の表現でもまだ批判精神のあり方としては甘過ぎる言い方なのではないか。 
 核兵器廃絶論については我々日本人は過去に醜いイデオロギー主導の分裂騒動の幻滅を味わっている。 共産圏の保有する原爆はキレイな原爆なのだという恐るべき正義論理体系(イデオロギー)を振りかざした人間達を前に、ビルマの竪琴の著者、竹山 道雄、は「水島は、水島上等兵は死んだのです」と激白して核廃絶市民(?)運動と決別した。 遠いあの日のTV報道の場面だけが記憶にいまだ鮮明である。

 原爆が忌避されるべきとする根拠は、その兵器のもつ本質的な無差別殺戮能力にある。
 しかし、その対極において、通常兵器と核兵器とを峻別する根拠を尋ねると、その答えは宗教的主張、すなわち「にんげん」の神話、の中にその言葉は埋没してゆく。
 私は主張する。 たとへそれが通常兵器であろうとも、その引き金の標的が無辜の人間であるならば、非戦闘員たちの生活と生命の破壊がその目的であるならば、そこに核兵器との違いなど認めるわけにはいかない と。 
 唯一、核兵器を通常兵器と区別して忌避しなければならない根拠は時空を超えたその標的「非」限定性にある。  
 その意味では、いささか筋道が外れそうになるのだが、英国ダイアナ妃が主唱した地雷廃絶の論議にも疑義の余地が多い。
 地雷は本来が防衛的兵器である。 地雷が攻撃する対象は埋設された場所への侵犯者に限定されている。 にも関わらず、地雷が非人道的無差別攻撃兵器とされるのは、地雷の攻撃能力のもつ無期限有効性に見出すことができる。
 埋設後、限定された有効時間でそれらの地雷を完全に無効化することができるならば、地雷を格別に他の兵器と区別して忌避しなければならない根拠は存在しない。 戦闘行為が終了した時点で信管が無効化され、爆発する能力をもはや持たなくなった地雷であればいたずらに戦後の野にあって無辜を殺傷することはなくなる。 
 地雷という兵器が基本的に専守防衛の兵器であってみれば、平和を回復した地でいまだに攻撃行動を継続し目前にその非人道性が見えるからというだけの理由でその使用を声高く非難することは、非人道という言葉の本来の意味を見失わせるだけのことになるだろう。
  安価な原始的兵器として製造される地雷には、しかし、その能力を解除する近代的兵器としての機能が盛り込まれることはないだろう。
  禁止されるべき地雷とは何であるか、その議論を追求しても、その成果が実施される見通しがないために、一律して「地雷」は廃絶されるべきものとして規定されていることを認識すべきなのだ。

 割り箸=森林破壊論にも、同じような根の浅い安易な正義の体系(イデオロギー)が使われている。 
 基本的に、割り箸は究極のエコの成果物である。 割り箸を作るためにわざわざ山に登ってまで木を切り倒すような樵は居なかった。  
 山主や樵たちは険しい山肌を地拵えし、人間生活の用材として木を植え育て、やがて伐って収穫し、柱に造材し樽をつくってきた。 その作業の中から切り捨てられる部材の年輪を惜しみ、同じ1つの木から少しでも多くの収穫物を得ようとする試みの1つが割り箸の製造であった。
 単に食堂に並ぶ割り箸を見て思いつかれる安易な連想から、割り箸が森林伐採の目的に1つであるかのような錯覚に流されるのは当人の勝手である。
 しかし、そのお粗末な錯覚の結果として「割り箸」なるものすべてを攻撃するが如き論議の幼稚さには、そろそろ 「反吐がでる!」と通告すべき段階に来ているのではないだろうか。
 倫理観妖しげな商社が蠢いて安価な割り箸を外国から導入するのであれば、その商行為にいかなる規範が当て嵌められるべきかを論議しなければならない。 国連環境会議に臨む政策関連女史がTV報道の前にマイ箸をみせびらかせ割り箸否定論を吐くような日本という国で、明確な、割り箸認証エコマーク程度のことさへいまだに巷間、見聞し得無いというのはどういうことなのか。 それこそ某女史のパフォーマンスだろうと指摘するのがマスコミの持つべき能力なのではないか。

 禁止されるべき割り箸とは何であるか、その議論を追求しても、その倫理規範が尊守される見通しがないために、一律、「割り箸」廃絶されるべしと妄言を吐いる人達のことを、そして割り箸の無差別輸入で利潤をあげようとする人間達に倫理規範の尊守を強制し得ない日本社会の甘さを 自ら嗤うべきなのだ。

冒頭に原爆を引き合いに出したので、蛇足ながら
 祈ることしか出来ないではないか と嘲笑をうけることのある「平和運動」だが、水島上等兵が死んだとされたあの日以来、日本人の多くは、祈ることさへも奪われてきたのではなかったか。  戦後60年を超え、もう一度祈ることの意義を、心に力を取り戻す行為の意味を、考え直していきたいものだ。  それは8月15日、わたしたちが靖国神社にささげる祈りにも、同等に言えることでなければならない。

« 今年の梅雨も | トップページ | リギング/wチェンソー »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

木挽屋さん今晩は
 息子の家で孫を見ながら、長文を拝読。
孫の名前も、私の感覚から遠くなった不思議な文字・・・でも周りを見ればそう言う名前が溢れ、息子夫婦はともあれ社会が変わったと思う。参院選の結果の論評、マスコミ各社の反応等も・・・大勢に流れ本筋の正論は少なく、格闘の責任のなすり合いにはへきえきします。
 「原爆と地雷と割り箸」、私共の時代は遠くなったのかな~、日本を紆余屈曲させた政党の衰退も激しい・・・これは自業自得。しかし、タレント議が幅をきかせ、投票率が60%を切り、3年も投票に行かなかったタレント女性新人が当選する・・・ふざけた世になったのは誰のせい・・・腹が立ちます・・・私達の責任かな~。無力な自分にも腹が立ちます。
 
 

山仙人さん、お互いに森林ボランティアなんて怪しげなものに首突っ込んでしまってますね。 昔から同病はあい哀れむものだとか(汗)
 いまだに旧社会党のドイタカコなんて名前が選挙報道の陰に蠢いていたりするようで、悪い夢がまだ続いているのかな なんて思うこともあった今度の参院選挙でした。
 戦没日本人の遺骨収集という根幹の礼節さへもおざなりにしてきた厚生行政の棄民政策など、あげつらう
言葉はサヨクの連中のそれに倣ってしまいそうな戦後の現実が確かにあるように思います。
 世代論に迷い込むのは避けたいと思いますが、私達の年代のものは、間違いなく、日本をここまで誤らせてきた責任を逃れられないと思います。 日教組だけを責任追及したりする今の風潮ってのは、割り箸論と同じ安直な論理の誤謬ってことになるのでしょうね。
 それにしても菅直人の顔って、私はあまり見たくないんですよね(汗)
 今日はまた墓地脇での大枝降ろし研究です。ロープワークも、単独作業での安全と能率を考えると頭の体操としてだけでも結構な内容になります。

木挽屋さん御免なさい
今自宅に帰り、読み直すと私の書込み、変換誤字に脱字だらけ、誠に申し訳なく恥ずかしい次第です(‐!‐)。一寸入っては居ましたが、近頃の私の文章の傾向がこの様で、今後は慎重に読み直し送信を心掛けます・・・御容赦下さい。

 成瀬さん こんにちは!
 確かに綺麗な原爆などありはしませんね。
 あると思って原爆の廃絶運動をした人と その運動を批判的に見ていて原爆廃絶のために何んの行動もしなかった人と比べると 批判だけして何もしなかった人達の方がはるかに罪深いと私は思っています。
 割り箸禁止論にしても割り箸を禁止ししたところで森林保護には何の役にも立つどころか逆にエネルギーのさらなる消費につながってしまうことは誰でもわかることです。しかし 割り箸禁止論は物を大切にする心を育て環境に対する感心を強める大切な働きがあると考えますがいかがでしょうか。

ebonyさん、ebonyさんがここで言う論点こそ、私の今回のBLOGで忌避したいとする視座そのものだという事程度はお分かりでしょう。 割り箸を禁止することで数少ない山の仕事をこれ以上に奪ってよいのだという傲慢さには我慢ならんのです。  割り箸は洗ってまた使うと教えるていどの発想があれば、ものを大切にする心は涵養できます。 

 核が存在するという現実に対峙したとき、敗戦国が自ら核を持つことなく国を保つ方策は日米安保しかないのだという認識が核廃絶の祈りと共に、ハガチー事件の頃から国論を2分してきました。  日米安保に自国の安全を依拠しておきながら、核廃絶を論じることはできない というのはやはり論理の倒錯だと思っています。 

 日本が輸出できるものはせいぜいがブリキの洗濯ばさみどまりだった時代、まずは産業立国を目指し科学技術の技を身につけて社会に参加することが 未熟なプロパガンダに振り回され政治論議に時間を空費することよりはるかに大切なことでした。

成瀬さん
お互いの信頼がなくなるような気がしてこうゆう話って なんとなく避けてしまいますよね。
 特に趣味の世界では禁句のような気がします。
 で 一言だけ言わせてください。
 割り箸を洗ってまた使うことは私には出来ません。自宅の中でもいやです。まして外では絶対いやです。
 人によって さまざまな考えがあるんだなーとは思っています。

ebonyさん、ご自分の過去の発言を少し振り返ってみるようお勧めします。 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102810/15949569

この記事へのトラックバック一覧です: 原爆と地雷と割り箸と:

« 今年の梅雨も | トップページ | リギング/wチェンソー »