2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« 原爆と地雷と割り箸と | トップページ | 「賢治像」から「叱られて」へ »

2007年7月31日 (火)

リギング/wチェンソー

 これまで樹の上でつかった刃物は手鋸だけだったが、今日は樹上でチェンソーを使うことに慣れる練習をした。 登ったソロは前の腐大枝を降ろしたその上の枝っちゅうか、幹っちゅうか、そういう太さのリム。 直径は22cm程度、長さは、さて・・・ たぶん、水平にのびている分だけで5m以上はある。 下から見ていて気軽にリギングの手順、イメージをつくっていたのだが、実際に登ってみてその重量感にややビビる。

070731_16030001_2 070731_16040001_2

現場に着いたのが1時ごろ。 のんびりまったりとおそい昼の弁当を済ませ、トップアンカーにロープを掛けて干渉枝を避け再セット完了するまで2時間で終わった。 ビッグショットでスローラインが一発でかかるようになった効果は大きい。

以前に切り落とした枝が6~7m高の位置、今回のターゲットはその上約3mの、はるかに太い枝。 2枚目の写真で上に私が乗っている状態の枝なのだが、その太さと重量感に弱気がさしたので枝単位の切り落としはやめにした。

 セオリーどおりに小さい枝を順次落としてターゲットを小さくまとめるように方針転換したわけだが、同時に、個別のおろす枝の数にあわせたロープワークがどんどん時間をつぶしてしまう。

 今日は中華丼当番なのであまりヤマ遊びに興じてばかりも居られない。 このまま単独作業で、公道上に落とす枝を樹上からのロープ操作で私有地内に引き込む作業を続けていると、終わるころには真っ暗になってしまう。
 しゃーない。 かぁちゃん携帯にSOS。 

 しばらくして自転車できてくれた家内に路上の枝の整理を頼む。 3本も脇枝を落とすとこれまでのターゲットだった大枝はすこし小さくなってくれた。 リギング用のロープは既に仕掛けてあるのだが、今日中に全部を処理するのは無理と判断。 なんせ去年にホヨっと60を過ぎちゃったおじーちゃんなんだから、こっちは。

 今日の写真は、家内がそのときに撮ってくれたもの。

070731_16120001_2 070731_16250001_2

使ったチェンソーはG3200の12インチカービング25AP仕様。

プライミングポンプをしっかりと使えばゼノアの3200は始動性能ピカイチかもしれない。

 スチールのMS200はヘソを曲げるとなかなかエンジンが掛からない場合があることと、スターターロープが重いので、樹上の気弱な私向きの機械ではないのかもしんない。

 姿勢コントロールが困難な樹上チェンソー作業ではキックバックが殆どおきないカービングバー・25APチェンは最高の組み合わせか。 腰のランヤードはICI石井スポーツで購入したm単価760円のウェブをビールノットでループに結んでスリングとしてランヤードに使ったもの。

  んな訳で(んな訳ないだろ)脇枝を降ろしただけで今日はおしまい。 そそくさと4時半に撤収。 ただし、明日以後の実施のため、リギング用のワークロープはセットしっぱなしにしておいた。

« 原爆と地雷と割り箸と | トップページ | 「賢治像」から「叱られて」へ »

木を伐る」カテゴリの記事

樹に登る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102810/15963681

この記事へのトラックバック一覧です: リギング/wチェンソー:

« 原爆と地雷と割り箸と | トップページ | 「賢治像」から「叱られて」へ »