2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« フリクションセーバー到着 | トップページ | ロープワークといえば »

2007年7月 3日 (火)

曇り時々ターニング

2年乾燥したリョウブの半割り材で懲りない器づくり。 別に雨だからという訳ではないのだけれど、アウトドアで旋盤遊びはできないから、結果的に雨の日とウッドターニングの相関ってのが有意になっちまう。

 つくる過程はアルバムに置いた。 生木のリョウブより乾燥したリョウブのほうが扱い易いように思うが、材の均質性という意味では、生木のうちに挽いておいたほうが良い結果がでるのかもしれない。

7月5日補追

Dscf0001_6

なんだかカメラのオートフォーカスが利かなくなって、おまけにズームも働かなくなった。

 尻のポケットに入れて持ち運ぶのはカメラにとって想定外の使用環境ということなのだろうか。

 WEBで修理見積もりができるので試してみたら新品金額の7割程度。  うーん、ボーデチャートで言うならカットオフ、3dB点という微妙な設定だ。 どないすべえか・・・

« フリクションセーバー到着 | トップページ | ロープワークといえば »

木を挽く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102810/15638422

この記事へのトラックバック一覧です: 曇り時々ターニング:

« フリクションセーバー到着 | トップページ | ロープワークといえば »