2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« アメニモマケズ | トップページ | 下刈り »

2007年6月15日 (金)

明日はお発ちか♪

 ♪お名残り惜しや って、今どき、こんな唄の題がわかる人がどれだけ居ることやら。

 月曜、事務局のKさんから県植樹祭という場でチェンソー彫刻をアピールするのにフクロウ像を持ってきてという話があって、ぎりぎり押し詰まった今日になってようやく2つ目をこさえた。  材は本当の間伐杉。 2つとも明日はどっかに飛んでいくことになるかもしんない。

Dscf0080

一日でこういうのを8つ作ってしまって、まだたっぷりと暇がある って人が岩手のどっかに居るみたいだけど、私は手が2本、足が1組しかない普通の人間だから、そんな千手観音みたいなアーチストとは棲む世界が違う・・・かもしんない。

植樹祭で販売も可能ということなので価格札を添付できる用意はしておいたが、たぶん、浦和のSさんの常設展示場に置いていただくことになるんぢゃないかと思う。

 先週伐採した朽木はまだ切り倒した時そのまま。 元玉落としで処理した赤松は、かかり木処理での重心移動の痕跡をそのまま形に残している。
Dscf0076_1

赤松はたぶん、芯の部分を彫刻に利用できるだろう。 まだ何を彫るか考えていないが、羅漢さんでも少年像でも、思い切り挑戦できるものを彫ってみたい。

それとは別に、腐れコナラは案外に芯材に油が乗っていて緻密で硬い材の味が出そうだ。 これは木工旋盤での器づくりに使わせていただこう。

Dscf0071

板材に挽いたり年輪の味を出す木取りを自由に考えるってぇのは、これだけの大きな素材を丸ごとマルっといただけたからこそできる発想だ。

 有難く利用させていただき、地代でお返しする。

 明日は越生の植樹祭。 明後日は入間のヤマの下刈り。  よく体が続くもんだと、自分で自分に感心したりしているけど、現役のころの厳しさを思い出せばこれは労わり過ぎってもんかもしんない。

 今夕、突然にだが、黒ラブ エディの元気がなくなった。 8種混合ワクチンを打ったのが月曜だから、まさかそのセイと言うことはないだろうが・・・

 普段なら目があうだけで24時間いつでも尾を振ってくれるエディが、なぜか気持ちぐったりして静かにしているのを見ると、明日自分の勝手で出かけてしまっては労わりが無さ過ぎるってことになるかもしんないと思う。  子供のころはそういうのを薄情モンってバカにしたもんだ。

なんか落ち着かない、不安な一夜になりそうだ。

« アメニモマケズ | トップページ | 下刈り »

木を刻む」カテゴリの記事

コメント

エディ心配ですね

ワクチンの影響も十分考えられます。
お大事にしてください。

唄ですが
「御立ち酒」だと思っていた酔いどれカーバーでした。

おはようございます。 ウツラウツラしていつの間にか寝てしまったんですが、エディは思い切り甘えることを覚えてしまってます。 こまったもんだ(汗)

 昔かわいがっていたエアデールテリアのエリオットが、具合の悪い時に1週間ほど自分で食事を絶って回復したことなど、家内と思い出話が尽きません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102810/15444603

この記事へのトラックバック一覧です: 明日はお発ちか♪:

« アメニモマケズ | トップページ | 下刈り »