2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« ソロ・クライミング | トップページ | ちょっとハードだった一日 »

2007年5月10日 (木)

昨日、今日そして明日

この所サボっていたチェンソー彫刻に連荘でいれ込んでいる。 腕が上がる前に目が肥えてしまうのが素人の哀しさ、技術と筋力の不足感が目の前にドン!と立ち塞がるが、もう怖いもののない退役人生だから、とにかく納得できる所まで突き進んで斃れて後已むのだ。

 毎度口先ばかりだが、それでも一応の到達点。 リスとフクロウを彫り、角度を変えて写真にとってアルバムにした。  リスではミスカットが、フクロウでは雑カットが目立つ。 かぁちゃんからフクロウの顔の角度について駄目出しをされてしまったが、ま、有益な助言もしくは注文がついた という程度に認識しておく。 なにしろこれが今の私の限界なんだかんね。

 明日は杉で基本フクロウを彫っておく。 クイック30分でどの程度のレベルのものができるか挑戦だ。 出来上がったらYさんの小学校へのプレゼントにしてもらうつもり。 をっとぉ、Yさんで思い出した。 今度は自分がチェンソー目立ての講師をする事になっていたんだ・・・ ヤバっ!

« ソロ・クライミング | トップページ | ちょっとハードだった一日 »

木を刻む」カテゴリの記事

コメント

その時々が最高の到達点ですよね
 世界中のフクロウが載っている国際花園のパンフレットが出てきたのでモデルはどのフクロウかなーと見ていました(笑)
 フクロウにもいろいろ種類があるものですね

去年のいまごろ、フクロウの写真集を買いました
 動物写真家の宮崎学さんが出している大型本ですが、眼窩の窪みがまるで人間の目のような表情を演出しているところまで捉えています。
手っ取り早くは → http://g-ec2.images-amazon.com/images/I/51TCGV2952L._SS500_.jpg

宮崎さんのWEBサイトは
→ http://www.owlet.net/03-hon/fukurou/index.html

なかなか佳い仕事をする写真家だと思います。

リスの原点は本当は秘密なんですが(笑)
 ホンドリスの写真を掲載している素晴らしいWEBサイトがあります。
→ http://www.kidsjapan.net/~albion/risu.htm

こういう表情を捉えようとすると、どんどん病みつきになります

ふくろうさんこんばんわ
ツリークライムやカービングに畑とご多忙な毎日ご同慶の至りです。
 輩(ヤツガレ)は、ご紹介頂いた「伐木造材のチェーンソーワーク」の本読み上げましたが、何せ読解力の無い悲しさ・・・良く判らない事だらけで(‐?‐)・・・ヨタヨタです。理をベースに、確かに良い本ですが、図解が無い文章の説明は10辺読まねばダメのようです・・・でも良い本です。
 目立てに関しても丁寧に説明されており、感心し、説明に添い、鑢を造り、台を作り、握りを真似て見れどもしっくりしない!!!・・・ま~老いの道楽、気長に勝負で自己納得の今日この頃です。くだらぬ書き込み御免なさい(”!”)。

仙人さん、おはようございます。
 今日はこれから東京のNPOの現場で40~50年生の荒れ杉たヤマでの伐採です。 白岩よりも急な斜面の上、枯れ木が多くて足場の悪さはさらに1ランク上って場所ですが、このNPOが昔切り開いた場所ではすでにハナイカダなどの植生も再生しています。
 ごく近くにトウキョウサンショウウオの繁殖する田があり、モリアオガエルのコロコロ鳴く夏が楽しめます。 結構気合のはいっているNPOで道沿いの方向ミスが許されない大径木もチル2台+アルファで倒す実力があります。 もしよろしければ(^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102810/15023711

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日、今日そして明日:

« ソロ・クライミング | トップページ | ちょっとハードだった一日 »