2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« 熱っぽい一日 | トップページ | サクランボの実る頃 »

2007年5月 4日 (金)

飛べないブタ?

は徒のブタだ ってのは宮崎アニメ紅の豚の中の台詞だが、この写真はブタぢゃなくってリスのつもりで彫ったもの。
 飛ぶには臆病すぎるリスが、それでも勇気を奮って枝から飛ぼうとする、その寸前のヘッピリ腰を表現しようとしたもの。 まあ、一種の自画像みたいなもんだ。 
 でも、写真の目的はリスぢゃなくってサクランボ。 

Dscf0360_1

 元々は玄関前のコンクリートで固めた一時駐車場を、自営設計屋を廃業して無用になったスペースだからそこに2x4材で大きなプランターを作りこみし、農業用ビニールで材を耐湿保護してウイスキー樽で育てた桜の木や木苺の木を植え込んでおいたものだ。
 作年につづき今年も結構な量の実が生った。 いつでも元の駐車場に切り替えることはできるけれど、それは理屈の上でのはなし。 幸い今は必要性もない訳だが、イザとなっても、いよいよ夫婦で朗々介護せんならんよーにでもならんと、そんな踏ん切りはつけられそうにない。

ま、それはおいといて。

 今年のサクランボウはほぼ全て、かぁ~ちゃんがティッシュのボンボンで丁寧に受粉させた成果だ。 イベットジローだったかの「桜んぼの実る頃」が頭の中で無限リフレインを続けているが、飛べない豚ならぬ 飛べないリス ってのは一体どういうリスなのかな などとつまらぬ洒落を思いつい気になったりするのも、相当に熱が上がってきている証拠なのかもしれない。

Dscf0364

リスの裏側には(というより道路沿いにと言ったほうが正しいのだが)定番のフクロウ。

 この材はIさんのヤマの手入れで伐採した檜。

まだ共同墓地周辺の潜在的危険木は10本ちかく残っていてその伐採処理が気になっているけれど、前回の19m檜の架かり木処理で木回し作業をやりすぎて強い肩凝り頭痛から今の風邪になってしまった経過を考えると、やはり無理は利かない身体になっているんだろうなと思ったりもする。

Dscf0366

今の玄関前にはリスの阿吽像(?)を配置してあるけれど、これって何か意味があるんだろうか? 

 考えると眠れなくなるかもしんないから、当分はただ面白がっていることにしとこ。

« 熱っぽい一日 | トップページ | サクランボの実る頃 »

木を刻む」カテゴリの記事

コメント

お身体の具合はどうですか?
 やっぱり私のが移ったのかもしれませんね。
 お大事にしてください。

 美味しそうな桜んぼ。

 リスは飛べなくていいのじゃないですか?
 飛べると何処かに行ってしまいそう。

 ひび割れが大きくなってきた椋の木をなんとかしようとしてます。
 創造力が0なので在り来たりの物になってしまいそうです。
 出来たらBLOGに載せます。
 
 

黒檀さん、風邪を引いたというか身体にガタが来ただけというか ちょっと情けないBLOGを書いてしまいました。
 昨日は<翌日雨という天気予報>を見ながら、このさい多少無理をしても畑を耕しておかにゃあならんと思い むっちゃんこに無理をしました(笑)。
 60坪ほどに苦土石灰・牛糞撒きして耕耘機で再度撹拌して粗っぽく畝作りをし、ネギ苗やらナス・トマト・カボチャやらをピーカン天気の下で植え付けました。
 若い時ならこれで風邪なんか吹っ飛ばせて済んだ事もないわけぢゃなかったけど 果たしてこれからどーなることやら。 自分の事ながら バッカぢゃなかろか? と心配していたりして(汗)
 う~ん、言われるとおり、リスは確かに飛びませんね。 跳ぶっていわなくちゃいけなかったです。 本当に飛んだらきっとリスがモモンガアになっちまう(笑)
 でも、跳ばないリスはただのリスだ ってレトリックは結構気に入っています。

 材の干割れは広葉樹の場合とくに難しいように思います。 やはりPEG1000を使う手(昔購入したことのあるワ○ドメール○○は無力でした)しかないかな。 基本は厚さ一寸程度に粗取りして保存という先人の知恵に戻るべきなのかも知れませんが、割れがこない範囲なら乾燥歪を楽しむという境地もアリなんだろうと思います。 6月の第一水曜の夢工房講習会が楽しみです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102810/14954149

この記事へのトラックバック一覧です: 飛べないブタ?:

« 熱っぽい一日 | トップページ | サクランボの実る頃 »