2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« ツリークライミング | トップページ | そろそろ ソロ »

2007年5月23日 (水)

月月火水木近々

 まだ5月、とはいっても、爽やかな日差しにそろそろ暑さを予感する穏やかな日。
 定例の水曜里山清掃では木陰を求めて森林公園構想地である里山の道を行きかう人との挨拶が増えた。 わざわざ「道」と言ったのは、道ならぬケモノミチを勝手放題に踏み荒らす人も居るため。 無論、そーゆーのはホントに極く一部の人に限られる。 

 清掃後の昼食は毎度の火曜中華丼当番でいつものように作りすぎた中華丼風野菜煮込みの残り。 幸いかぁちゃんが文句を(あまり)つけてこないので、まあこんなデキでいいんだろう と適当な味付けで誤魔化している。 そのうちに野菜の色にこだわったり歯ごたえがあんたらかんたらのたまう水準にまで行くかもしんない。 そんなことはわからないけど。

 昨日は数時間かけてツリークライミングに挑戦するも、とっかかりのスローラインがどうしてもかからない。 数日前には簡単に一発でラインを架けたあのコナラなんだけど、最後には肩と肘の関節を脱臼しそうになって、その痛みでギブアップした同じコナラに今日も再挑戦した。
 ただし、今回はスロー方法を色々と工夫した。 詳しい経過は省くが、10オンスの白パウチを1個ダメにしてしまい12オンスの赤パウチでなんとかジンギットラインを架けたが、なんとかフォームを決めておかないと能率の悪いこと甚だしい。
 んでもって兎に角(汗)、ラインを確保した段階でかぁちゃんに携帯呼び出しをかけ写真撮影をお願いする。
 Dscf0029_2

今回のラインはかなり複雑な(しかし現実には頻発するような)妨害枝とのかかわりがあった。
 いずれにせよ、干渉を整理するため一度は目的の枝にパウチを吊り上げなおして垂直におろし、その状態で送り出し側のラインにもパウチをつけて目的枝まで一旦吊り上げ、これも垂直におろしてロープが目的の枝だけを跨ぐように持ってゆく。

 口で言うほど簡単ではないのだけれど、それでもロープとスローラインとをMの文字のように樹にかけたときは、やれやれ一仕事、という感覚になってしまう。

Dscf0037_2   

そうこうするうちに、かぁちゃんが到着、写真撮影をお願いして木登りに専念する。

まだまだ枝渡りの度胸がしっかり定まっていないのでワークロープを利用しようとしたが、これも方法論をきちんと考えていなかったので半端なまま。

 写真をみて唯一進歩したかな?と思うのは頭のヘルメットが新しい(笑)ってこと。
 昨日、ネット通販で買ったCAMPの赤ヘル。 やはり見上げたときに視界を遮るようなヘルメットでは樹上活動などおぼつかない ということなんだけど、年金生活者にはこのコストも余りバカにできるようなものではない。

ま、それは おいといて。

Dscf0043_2

この写真で吊り上げているのは愛機、スチールMS200。

 一応、吊り上げて手元にまではもってきたが、なんと不安定な姿勢でエンジンをかけるのが怖い。 また、6mm径15mロープで地上に置いて来たチェンソーを持ち上げるのはあまり賢いやりかたではなかったと気がついた。

適当なランヤードでチェンソーを吊って、クライミングロープと絡まったりしないようにしとかないと危なっかしくてしょーがない。 んー、これも実地にやってみて発見したアタリマエの知恵のひとつ ってか。

 とにかく、チェンソーを6mmロープで吊り上げてみるってのは、ちぇんそーが案外に重いって事を再認識させてくれただけだった。

Dscf0044_1   

今日はとにかく場数を踏むことを目的とした登高体験だったが、細かいことを数え上げれば色々な新発見とも遭遇した。

 ロープの摩擦損傷も案外と早い段階でおきる。 セルフビレイをしっかりととり、セーフティを1つ1つクリアしながらかなりゆっくりと下降を心掛けた割りには、ブレークス・ヒッチの内側ロープには摩擦痕と芯の凹みとが観察される。 もうそろそろクライミングロープの先端の1m程度は切り取って捨てておいたほうが良いのかも知れない。

 いや待て、それだと1000円前後の消耗費てことになる。 切りすてるのは50cm程度って事にしとこ。

Dscf0050_1

最後にただ一人の撮影部隊に感謝の1ショット。

 明日もまた、たのむねー なんちって。

« ツリークライミング | トップページ | そろそろ ソロ »

樹に登る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102810/15174957

この記事へのトラックバック一覧です: 月月火水木近々:

« ツリークライミング | トップページ | そろそろ ソロ »