2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« 早春賦 | トップページ | 風船になって »

2007年3月 2日 (金)

里山の新規手入れ地

が決まった。 昨日に続いて今日もAさんとヤマで出会ったのだが、Aさんが今日クズ掃きをした場が、不法投棄ゴミの件で話題にした区域だったので話しが早かった。 とにかく見通しをよくしておかないとゴミ捨て場にされちまう。 

 実は今日、丁度いいタイミングで市役所が不法投棄ゴミを収拾しに来てくれていたらしい。  先週水曜にファックスで通報しておいた投棄油なのだが、流石に毎週の通報では市役所も対応しきれないらしく昨日まで放置されていた。
 たまたま公園整備課の職員が現地の調査に来ていたので、苦情ではないのだけれどお願いがある と、まあ要するに苦情伝言を産廃指導課に伝えていただくようにお願いしたばかりだった。 市役所としても、いまの所はまだ地元ボランティアを無視する積りはないらしい事だけは確認できたってことかな。

 Aさん、昨日の話しではあまり手入れに乗り気ではなかったのだが、当然だろう。 まだよく知りもしない人間に大切な自分のヤマを任せたりするものぢゃないって事は常識の範囲だし、 毎週清掃活動をしているといっても週に1回程度の作業だ。 いくら足掛け5年継続しているからと言ってもまだであったことのない地主さんも何人かは居る。 
 幸い、IさんもAさんも、私がOさんの名前を入れたフクロウ&ベンチを作ったことはよく知っていた。
 つまりチェンソーアートの作品を設置して里山美化の訴求を始めたことが、これまで敬遠されがちだったボランティア活動へ認知、容認につながってきたのかなと感じた。 まあ、勘違いしている部分もあるかもしんないけれど。

0002 作成途中だったフクロウを仕上げ、隣にリスさんを彫ってみた。 リスさんが登っている樹は葉の形をみれば栗だってわかる・・・かなぁ?

 あんまり品がよくないと怒られたら、実は宮城のSさんという人物に教えられたのだと言い訳をするつもり。

写真には写っていないけれど、このベンチの前にもうひとつ太い杭をうってある。 それに何かを彫ってから、このヤマの奥の大きな山桜の下にまたベンチを作るつもり。

 杭で思い出したのだが、何かを安定させる為に地面に打つ杭はいつも3本(3面)に切る。 放り投げてもグサっと地面に刺さるその鋭さがモノの用に立つかどうかのポイントになる。。
Dscf0009_2

 知らない人はすぐに4本(4面)に切りたがるが、これでは回転する方向に弱くなりすぎるし、いざ打ち込んだ時、エッジ角60度で土の中の根を切る鋭さに比較すれば90度のエッジには実用価値が感じられなくなる。 
 幾つかのNPO活動に参加していても、この杭の切り方を弁えている人に出会うことは余りない。 そんな身近なところから、NPOの質や本気度も見え透いてしまうような気がする というと、また年寄りのヒガミってことになるのかもしんない

ま、それでいいんだけれどっ。

« 早春賦 | トップページ | 風船になって »

木を挽く」カテゴリの記事

コメント

栗の葉っぱとは随分遠慮がちな表現ですね(笑)、でも、洒落のある作品ってのは楽しいですよね!

「あら、可愛いリスちゃん。止まってる木は・・あら?杉の木じゃないですよねえ?何の葉っぱかしら?」
「それは栗の葉っぱなんですよ」
「あら、そうですか、でもなんで栗の葉っぱなのかしら?」
「それはですねー  うほん、長くなるのでちょっとこのベンチに腰掛けてお話ししましょうか、実は・・・」

という展開を考えてるのでしょうか?是非お願いします!

杭の3面カットはその合理的理由を知りませんでした。目からウロコが50枚くらいボロボロと落ちました。

あは、佐藤さん、こういう事に関しては特別読みが深いですね。 なるほどなるほど、そーゆー具合にベンチを利用できるんだ、勉強になります(笑)
 洒落ってのはむき出しにしたら下品になるから、なるべく受け取り側のイマジネーションを尊重するカタチで楽しみたいと尾も運ですが ちゃった、思うんですが(汗)、上越大会でB○やさんがリスに栗もたせてマツタケの上に乗っけたやつを彫ったときには思わず(ぽっ)としてしまひました・・・。 あ、これって一部は事実、その他は脚色です。 どこからどこまでが脚色かってのは ご想像におまかせしますっ!

ヤマノフクロウ様は、歳を感じさせないバイタリテイの持ち主ですな!!!。カービングで満足してるかと思いきや、今度はツリーイミングでフクロウと仲良くなるのですか?~いやはやタマゲタ!。
 較べて、輩(ヤツガレ)は九州に帰省したり、自宅の下水道工事の準備やらでウロウロしてたら、フクロウさんのブログにもご無沙汰中でした。怪我無きようにしないと・・・日頃の事はは諦めてる上さんもの心中をお察し申し上げます。森サポのHP(ブログ)の件を拝読致しました。お手伝いしたい気持ちです・・・が、私も度々家を空けますのでどのようにするかご相談に乗って下さい(森サポのMLには、フクロウサさんの意見を聞いて投稿します)。今、懇意にしている会社の社長から、会社のHPを造ってくれ・・・と依頼されてまして・・・まだ手が付いてません。でも、フクロウさん一人では大変です・・・他に助っ人が現れないなら、やれる範囲で手伝わせて下さい。
 しょせん仙人・・・スピーデイは苦手です!。

なはっ 仙人さん、ご無沙汰でした。
 歳を感じさせないという所あたりにはグ~ッときましたけれど、本人は結構自覚していたりします(笑)
 2日間の地獄の特訓を受けて昨日帰宅しましたがPCの電源を入れる気力が湧かず、今日の今になっちまったです。
 今回は残念ながらフクロウとは友達になれんかったですけど、研修生9人の平均年齢、私をいれなければおそらく30前後でした。 お陰で皆さんから優しくしていただいて(汗)・・・そーゆー気配りを感じると、やっぱしさびしいものがありますですね。
 豊田農園の除伐お疲れ様でした。 3年前だったか、あのヤマの上の水をおいしく頂いたり、帰路ずーずーしく倒木コナラを玉切りして背負子で頂いてきた前科があるので、懐かしいようなヤマです。
 森サポのホームページは過去の資料を活かす目的で原型のとおりのフレーム構造を踏襲してきたのですが、途中から過去ログが契約プロバイダの制約容量をはみ出してしまったので、結果的には踏襲した意味がなかったみたいです。 いやぁ・・・画像データの重さの意味をあまり考えていなかったと言われればそれまでですが(汗)

 応援のご連絡、ありがとうございます。
 早速ですが、基本的なアウトラインを説明します。
 詳細は別途打ち合わせということであくまで概念として把握していただければと思います。

 基本的な遣り方としてはページを作っておいてFTPでのUpLoadという型どおりの手法です。
 一回の更新で幾つかのリンクを改訂操作しています。

<1> 更新データが入ると、最初にやることは現在のTOPページを更新日付つきの名前のhtmlファイルに改名して保存(保存用フォルダ)することです。
 このとき、html上の写真のリンクにフォルダ階層を付加反映させて、保存したページの写真などのリンクが死なないようにします。

 <2>事務局が記事・写真を文章と一緒にメールしてくれているので、それを適当にページ上のレイアウトし(写真はアイコンを作成配置して記事ごとのフォルダー内元写真にリンク)、これを新しいTOPページに置き換えます。

ホームページ最上位のindexファイルは2つのフレームで構成されていて、上がタイトルと新規記事案内(ナビゲーションフレーム)、下に<2>で作った(TOPページ)を表示するよにしています。

<3>事務局便りのページは上・左・右の3フレーム構成です。 上フレームは「リンク・リスト」で毎回の更新で1行上に継ぎ足しています。 追加するリンクは<1>で保存した過去のTOPページです。

<4>最後にABOUUSページ(自己紹介)に、更新履歴を追加します。

 文字で書くとやっかいですが、実際にやっていることは単純な作業です。 現状のメールによる記事更新連絡ですが、事務局がFTPで新規データを特定のフォルダにUPしてくれると少し楽になるかもしれません。 複数のメンバーで1つのサイトを運営するのはアクセス・改修の衝突などがあるのでお互いの連絡が欠かせませんが、少し気長に体制づくりをやれればと思います。
 チェックリストを作ってHPスペースにUPしておいて、HP作業参加者がそのチェックリストを参照しながら複数の手で更新してゆくようにすれば良いように思います。
 ゆっくりお付き合い戴ければ幸甚です。

フクロウさん、ご無事の帰還のようで、ブログまた賑やかになりますね♪♪♪。腹は少し締まりましたか?(笑)。
 また「ふくろうの森」へ伺おうと思ってます。その時詳細はご教授頂くとして、私も落ち着かない男で日程に苦労してます。
1)3月18日~26日不在で今月27日以降にしましょう。
2)月の1/3は不在であり、継続性に欠けるのが心配です。
2)事務局との関係をどうしますか?・・・MLには未掲載です。
とにかく一度お会いして打合せましょう。ご教授下さい。

山仙人さん、了解です。 しばらくの間ですが、以前の作業場ではなくて、道路をはさんだ反対側の藪ヤマの奥で作業していたりします。 あ、今度こられるころには藪は切り開いて綺麗にしてしまっているかもしんない。
 どっちにしてもフクロウが彫ってあります(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 早春賦 | トップページ | 風船になって »