2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« 水谷先生の本には・・・ | トップページ | 枯損松の伐倒 »

2007年1月13日 (土)

今年最初のフクロウ

この数日、・・・ ぢゃなくて十数日というもの、木工旋盤工房の移設とベランダからの雨漏り対策でチェンソーに触る時間がまるでとれない。
 14インチバンドソーや70cm級木工旋盤などの超重量級の電動工具(?)類の移設で散々筋肉(らしきもの)を酷使してきて、昔ならとっくに休養フェーズのはずなのだが、どっこい、チェンソー振るってイメージを彫り出す充実感への思い黙しがたく・・・なんちって。
 よーするに欲求不満。 あれこれ迷ったけれど、思い切ってヤマにでかけて新年の掃除とチェンソー事始を実行した。

→ http://kobikiya.web.fc2.com/chainsaw070113.htm

 チェンソーといえば目立てだが(笑)、埼玉から信州にIターンしたOさんから特別価格で入手したリッピングチェーンはまだ試す機会がないままだ。
 ただ、このリッピングチェンはチェンの上刃角が15度程度になっているだけで、他は殆どノーマル。 グランバーグのようにきつい振動を発生する要素はほとんどない事を知った。

0001 ん、これならアラスカンとは無関係につかえそうだ。

今日は大安。 なにか悪いことなど起きなければ良いとおもっていたのだが、この水曜の友引の今年最初のヤマの清掃では、ヤマ主のIさんに地境の確認と杉檜類の伐採・彫刻利用の許可をいただき、今日はO(市)さんのご一家総出でのクズ掃きに出会って危険木の伐倒の了解を得ることができた。

ん~、ラッキーな一年になりそうな予感が (←吾乍らあぶなひ性格)

« 水谷先生の本には・・・ | トップページ | 枯損松の伐倒 »

木を刻む」カテゴリの記事

コメント

お誕生日おめでとうございます。
フクロウ見ましたよ!私も事始にはフクロウ彫りました。
脇に木があると雰囲気出ますけど、彫るの難しそうです。

成瀬さんはいろいろとレパートリーが広いので大変ですね(笑)、リッピングチェーン私も分けていただきました。まだ試してはいないのですが、シンプルな作りなのでいろいろ試してみたいと思います。

こちらは今、目立て角と切断角度についてはまってます。いまさらですが、カービングに適した目立てを考えています。

佐藤さん、コメント有難うございます。 今年で昔風に言うと62歳。 村の渡しの船頭さんもそろそろ諦めて引退した年齢です・・・なんちゃって。
 今日はその船頭さんたちが12人、青梅のヤマの放置された杉山に出かけて伐採作業に汗をながしました。 足元がガレていて平均傾斜40度を超える藪杉檜のヤマというか山というか・・・ 大勢集まった爺さんたちに川越からちょっと男前の新顔が混じりました。 平均年齢がまたちょっと上がったそうです(笑)。

 去年暮から別のボランティア団体に参加して本格的な山林伐採作業に参加するようになりました。 愛機のMS260がちょっと重すぎた現場でした。
 お~ 腰がぁ腕がぁ肩がぁ・・・ わぁぁい(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 水谷先生の本には・・・ | トップページ | 枯損松の伐倒 »