2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« はじめての・・・ | トップページ | 水谷先生の本には・・・ »

2006年12月29日 (金)

七輪というと・・・

最近は全国的にあちこちで(笑)三河の黒○○が流行(はやり)のようだ。 誰のせいだろう。  ついでと言ってはナンだけど、極く最近に私も旋盤仲間と一緒に野辺さんが用意した七輪で遊んだことを思い出した。

005

とは言え、この七輪、残念ながら魚やスルメと無縁な用途で使ったもの。  左の写真で焼いているものは・・・

 ん? 焼いているのは炭だろうっって?

ん~  そういう突っ込みぢゃなくて。

 七輪に突っ込んでいるのはハイス鋼の丸棒。 目的は 和式轆轤の刃物を作る・・・んですね これが。

 FEWSの前会長の佐野さん自宅地下にある夢工房での12月例会・兼忘年会での作業テーマがこれ。

007 

講師は本職の山口さん。 前回は漆本職の会員が講師をして拭き漆+αの講習が好評だったけれど、 残念ながら私は水曜には予定が組んであるので月例会に参加できなかった(涙)

 鉄は熱いうちに打てと言うけれど実際に鉄(と言ってもハイス55鋼)を打ってみると、加熱しすぎれば脆くなってちぎれてしまうし、少し醒めれば堅くなりすぎ、どうにも扱いの難しいものであると知りませり。

詳細写真はいつものように

→ http://kobikiya.web.fc2.com/woodturning/wood061214/wood061214.htm

七輪で最初に使った炭は普通の黒炭。 形状が完成し、ヤキを入れる時にはこれを楢炭に変えて温度を少し上げるという事。 エンジンオイルに突っ込んで炎が立ち昇る光景をみたら突然、和式轆轤の伝統工芸の講師をやってくれた伊東さんが「オイル焼き・空気焼き」といっていた事を思い出した。

最初から呑むことが判っていたので往復は電車で。 酔いが醒めないうちに自宅に戻れた。 またひとつ、冥土への佳い土産噺ができた(笑)

« はじめての・・・ | トップページ | 水谷先生の本には・・・ »

木を挽く」カテゴリの記事

コメント

 七輪(火地輪)を使って普通の木炭でもハイス鋼が溶け出すくらい加熱できるんですね。
 刃物を鍛造で作るのはすごく難しいと思っていましたが、講師が良かったからか案外簡単に出来るものなんだと思いました。 今回の講習会は大勢参加した割には見ているだけの人が少なくてハンマーを振らなかったのは成瀬さんだけでしたよ。
 でも詳しい記録画像をありがとうございます。

講師が良いって、実感です。 ハンマーを振るわなかったんぢゃなくて、ですね。 自分の刃物を申しこまなかったのに他人のハイス鋼を叩いたりしたもんで、できるだけ目立たないように凄く気をつかっていました(笑)
 刃物の砥ぎでも他人の刃物を勝手に研いでいて山口さんが砥石を傷めるなよとイエローカードをだされてしまった(汗)
 皆さん、仲間内にはオープンすることがあってもWEBで勝手に公開したらきっと気分よくないだろうと思うので、研修会の席でのノウハウ的な会話内容はなるべく記録に公開しないようにしています。 でもやはり記録は残しておきたいと思いますです。

これはまた凄いですね、しかし、成瀬さん、一体何を目指しておられるのでしょう(ーー;)

私もこんなの実は大好きです!
チェンソーのバーでナイフ作ってみたいと思ってるんですよ、今年山形で見せてもらったチェンソーのバーで作ったという山刀は素晴らしいものでした。

 成瀬さんも叩きましたか。全員が叩いたわけでよかったです。
 土産話だけにしないで実際に応用したいです。
 カービングナイフなどは簡単に自作できますね。
 山口さんの鍛造技術は並みのプロを超えていますが本職ではありません。本職はウッドターナーです。(^.^)

佐藤さん、チェンソーバーでナイフ作りですか。 いいですね。 寿命がきたバーってのはなかなか捨てにくいものです。
 作るとき、ローラートップやハードノーズ、またカービング仕様バーなど、色々な種類のバーについて加工方法は同じでいいのかなど、考えると難しいものがあるような気がします。 
 ヤマの仲間では鉄工用の古いヤスリを研ぎ出して切り出しナイフにしている知人がいます。 そういうナイフは硬いから割れるだろう欠けるだろうという大方の助言をよそに、結構重宝に活用していますね。
 ご挨拶しないまま年を越してしまいました。 今年もよろしくお願いします。

野辺さん、チェンソーのカーバイド処理された先端をグラインダーで削るってのはどうなのかなあ・・・複合構成バーの加工という面もあるので、案外に厄介なところがあるのではないかと思っています。
 実際にやってみてポイントを抑えた指導ができるだけの理解をした講師がいれば、多分なにをやっても簡単にできるのかも知れませんが、私にはちょっと自信がなひ(汗)
 夢工房さんでの実習は、そういう意味でいつも良く工夫された指導を受けられますね。 みなさん揃って凄杉(笑)ます。
 
 我が家はワークショップの移転や2Fベランダからの雨漏り対策(コーキングのやりなおし処理)で目いっぱい重い寒い騒々しい年末で暮れてしまいました。
 まともなご挨拶もしないまま年が明けてしまいましたが、本年もよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« はじめての・・・ | トップページ | 水谷先生の本には・・・ »