2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« 代々木 ♪青少年♪育成センター | トップページ | 目立ていろいろ »

2006年11月 1日 (水)

ドングリを育てる会

だったよな?・・・ 確か。 あれ? それとも ドングリを植える会 だったっけ??

 日曜にクラブの皆んなに応援して貰って車に積み込んだ孟宗竹を、せっせとタワシで洗って節ごとに切断、ドングリ用のプランターにつくる作業がようやく一段落した。 目標100鉢、実際に切断した数をかぞえたら合計108。 なんと実にピッタリ・・・なんちって。 

 名札150枚は日曜にお渡ししてきた。 オープンクリップも昨日川越のキムラヤに入荷したので100個を追加購入。 合計156個という結果になった。  あとは木の卵100個計画が現在84卵なので残り16個を作るだけ。

 をっと、次の日曜にまた年子の孟宗竹(それとも真竹)を切らしてもらってトン汁用の器を100個作る作業が残っている。
→ http://kobikiya.hp.infoseek.co.jp/PageYoshiaki/forestsupporter/crafts2006/craft_idea1.htm

 実際に100人の子供が集まるとも思えないのだが、目標として掲げ工数日程計画をたてた以上はそのとおりに実施する。 今回子供達が思うように集まらなければプランターは他の機会に使えば良い。  名札も別に賞味期限がある訳でもない。  ただ食器だけが問題になりそうだ。 少なければ困ることになるし多すぎて次回利用という方策がたたない性格のものだ。
 この季節に切った孟宗竹の器は約1ヶ月の乾燥で半分が割れるという観察結果を踏まえ、イベント開催の2週間前に竹を切断して1週間前に器に切り出すというストーリーを自分の責任で設定したのだが、食器という性格上衛生的な保管の責任も当然に発生する。  しばらくは気が抜けない作業になりそうだ。

今日は水曜日。 川越のヤマのゴミ掃除に緑のサポーター関連で知り合った人たちが集まってくれた。 地元の農家の戸森さんがヤマの落葉掃き下準備で落枝掃除にご自分のヤマにきておられた。  ご挨拶をしたら、犬の放置糞に多いに憤慨しておられた。 ゴミとして不法に投棄されているのは圧倒的にネコ缶やネコ砂が多いのだが、いずれにしても、ペットの後始末ぐらいちゃんとやってほしいもんだ。

→ http://homepage2.nifty.com/kawagoe/2006/2006_11.htm

« 代々木 ♪青少年♪育成センター | トップページ | 目立ていろいろ »

木を挽く」カテゴリの記事

コメント

成瀬さん各方面に大活躍ですね・・・感心します。husqの林業資料からゴミ拾いまで・・・なんとまめな方かと驚いてます。
 林業資料開き拝見⇒ダイナミックで素人の私にはとてもとても・・・論評等出来ませんが・・違う事は理解出来ます。
それから、千葉大会の沢山の写真拝見・・・梟を探すのに一苦労、成績は如何に?・・・良かった事でしょうね。
 投稿の件もすれ違いでした。10月31日に森サポ会長の通知を見ました。特段反論は有りませんが、チェーンソーの勉強をする機会が欲しいだけです。今後とも宜しくご指導お願い致します。個別活動にお誘い願います。
 10月は九州に長期滞在しました。九州への道中では趣味の山登りも出来、今は快調ですが、自宅不在のツケの処理に追われてます。
 私のHPのURLを書きましたが、知人には余り知らせてません。
プライバシーをPRしたく無いので、他言はしないで下さい。HP作成の支援ボランテイアに加入していて、やむなく作成したものです。
ただ、私の生き方を知って頂いたが、今後ご指導とご厚誼を頂く場合はいいかな・・・と勝手に考えました。私の勝手ご容赦下さい。
 勝手な山仙人より


 

山仙人さん、ご無沙汰していました。
 千葉のエコフェスタ会場ではなんとか我慢できる限界の下限でオークションがまとまりましたが、やはり可愛らしい人形系が好まれるようです。 オークションの最初でプロがつくった傑作がたったの5000円で落札されたのを目撃したので、その時から投げてしまっていましたが(汗)
 昨夕、みしらぬ方から電話があり、ソアリング・オウルを欲しいと言って下さったので感激してしまいました。 本当は無料で差し上げても良いくらいなのですが、やはり大金を払ったという感覚を持っていただいたほうが大切にして貰えるかと思い、ハーフサイズの彫刻で1万円という金額を提示させていただきました。
 出来上がったころには先方の気分が変わっているかもしれませんので、その時に無理強いはしないつもりで住所までは聞いていません。 目的はヤマの空気を伝えることで、ヤマにこういう彫刻をおいておけばそれを目当てに散歩する人も増えてヤマを護る目が増えること、不法投棄のゴミが減ることです。
 そんなお伽話といわれそうですが、3年続けてみたら本当にヤマが綺麗になりました。 昨日気がついたゴミが今日はあらら?片付いている。 そういう関係ができそうな気がしているのですが、信天翁の見る夢みたいなものかもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 代々木 ♪青少年♪育成センター | トップページ | 目立ていろいろ »