2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« 目立ていろいろ | トップページ | さむいけど、あったかいね »

2006年11月11日 (土)

フクロウは千葉へ飛んだ

先週、千葉大会で作ったソアリング・オウルが気に入り、その後も気にしてくれているという方から電話で製作依頼をうけた。 大会で展示しておいた試作2体のようなものでも構わないという事だったので、依頼者のお名前を浮き彫りにして製作する約束をした。
 が、鹿足、いや、しかぁし! ・・・だ(汗)

以下は一昨日のことなのだが・・・
 自分にこんな色気が残っていると思ってはいなかったのだが、褒められたという事で、それに応えようとする意識が働く。 実力以上のものを追い求めようとする。 無論、それが若い時代であれば競争心や向上心に磨きをかけることになってきたのだが、人生の玄凍期を迎えて今更のようにうごめき始めたこの気分は、見方を変えれば虚栄にもつながりかねない。
 無心にフクロウのイメージを追いかけていたときと違って、褒められて依頼されて作るという経験(んなこと初めての事だし (^^;) )は思っていたよりも思いプレッシャーになっていた。

つまり、「気に入らない」のだ。 どうやっても。

 約束期日までに余裕がなくなったころ、ようやく諦めがついた。 素直な気持ちで作り直し、自分の現在の限界がここだと素直に言える作品を目指すことにした。 

Dscf0001_1 土台部分側面にリング状に依頼者のお名前を入れて自分のサインAKを入れ、最終の仕上げで胴の整形をやり始めたところ、少し小さなフケを見つけてしまった。

 もう約束納期の週末だ。 徒に悩んでいても仕方がない。思い切って削ってみたところ、これは深刻な死に節のフケたものであることが判明した時の焦りはちょっと辛いものがあった。
 そして昨夜、依頼主に思い切って正直に電話を入れ、送料を持ってもらえれば無料でも構わないと申し入れたのだが思いもかけず構わない受け取りに行くとの返事があった。
Dscf0006
そして迎えた雨の今朝。

 特に時間を打ち合わせていたわけではなく、川越のヤマの裏の文化会館駐車場に着いたら電話を貰うという手筈にして12時ごろになるのかな と考えていたので、9時ジャストに携帯に電話が入ったときにはびっくりしてしまった。

Dscf0010  
慌てて散歩前の我が家の犬どもをエスティマに積んでそのまま文化会館、そしてヤマの作業場へ。 まるで軽井沢のような雰囲気の里山だと言われてみれば、自分の土地でもないのに妙に嬉しい。 そして作りかけの夫婦フクロウやソアリングオウルも見ていただき、注文品を納めていただいた。

 回路設計やOOPSプログラムを組んでいたころの製品納品とは随分と違う感慨だった。 私のフクロウは埼玉から東京を越えて千葉に飛んでゆく。 望まれて。 
 いい気になって詩的に修飾した言い方をするなら、宮崎学さんの写真集に見つけたフクロウへの私のDscf0013_2 憧憬が形となって他の人に伝わった瞬間なのだ。 

 車に乗っていた2頭の犬達は礼儀正しく辛抱強く待ち続けてくれた。 お別れしてから雨の里山を一緒にあるいたら、予想通り思い切り大きな落し物を立て続けにしてくれた。 ウンチ袋はすぐに満タンになって冷たい雨にビニール袋の生暖かい手触りがなんとも妙な気分なのだが、今朝は懐のほうも少しだけ暖まった♪ むふっ。 これで良い~のだ。

« 目立ていろいろ | トップページ | さむいけど、あったかいね »

木を刻む」カテゴリの記事

コメント

良かったですね~
言葉で褒めていただくのもとてもうれしいですが、やっぱり“お金”というたいへんわかりやすい形で価値を認めていただくとか、“欲しい”というストレートを投げていただくと俄然やる気出ますよね(^_^)v

をー、佐藤さん、すっかりご無沙汰してしまいました。 激励のレス10蟻です(←アリガトウ の積りだったりして)
 いかに正確にカットを行うか、バーの先端の動きをどこまでしっかり考えるかということは、伐採の時の受け口・追い口の精度に直結しますね。 結果としてチェンソーアートの極短時間な作品づくりに繋がってくるわけですから、普段から丁寧な作業を心掛ける事がいかに大切であるかを感じています。
 それにしても、大きなイベントを終えて気がゆるみ、風邪をひきそうになってしまいました。  今はカリンのど飴をしゃぶってBLOGやってたりします。 終生未熟。
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 目立ていろいろ | トップページ | さむいけど、あったかいね »