2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« ドングリを育てる会 | トップページ | フクロウは千葉へ飛んだ »

2006年11月 3日 (金)

目立ていろいろ

暫らくチェンソーを使わない日が続いたが、プランター100鉢計画が片付いたこともあって、一昨日電話で注文のあったソアリング・オウルを作ろうかとヤマに入った。

 しかし・・・なんと切れないチェンソーだろ。 考えてみれば砂や小石を噛んだ杉の皮を刃の都合も聞かずに火花を飛ばしながらバリバリ削ったあとならば、切れる切れない以前の問題だろっていわれても仕方が無い。
 仕方が無いから今日の作業は目立てからはじまった。 ホントなら仕事の終わりに目立てしておくのが基本的な心がけだろうとは思う。 うん。

Dscf0001 シデの株に載っているのはこれまでに使ってきた目立て道具の変遷。
 クランプはずっと変わらないが、最初はスチールの金具つき丸ヤスリで目立てをしていたのが、いつの間にか丸ヤスリ+角度板での目立てになり、今ではハスクのローラージグと丸ヤスリに落ち着いている。
 スチールの教則本では最初に一番短くなってしまっているカッターを探して目立てを開始するという指示になっているが、現場的には余りその辺りのことは気にしない(汗)

 4台とも綺麗に目立てをしてから、先月製作途中で中断していた2羽のフクロウを彫った。

Dscf0008 雰囲気は良いのだが、1本の樹があるだけで極端にカービングバーの動きが制限され難しくなる。
 2羽目の下枝のフクロウは低すぎて足を彫るのが難しい。
 また工夫してみる面白さがありそうだ。

 帰る途中でヤマの入り口に立ち枯れ風倒している中折れ松の整理を行った。 中折れといっても3m程度の高さがあるゴン太の折れ株だ。 根元でみるとMS260のバーは短すぎて届かない。  腐食している表面を削り中味の腐り具合を確認すると、60cm径程度の無傷の芯があることがわかった。
 こういう状況で伐採するのであれば受け口を切ったあと中心から突っ込み切りをいれておき、両サイドを根切りし、受け口に並行に先にツルが残るように突っ込み切りをいれてやる。
 結果的に追いツル切りの形になるのだが、これだけ重量のある松の事だし、不規則な腐りがあるので材の強度がアテにならない。 受け口中心からいれておいた突っ込み切りの口に反対側からクサビを叩き込んでおいて、追いツル切りをした時にチェンソーを噛まれるのを防いでおく。 片側の追いツルを切ったところでフェレンギバーを重心反対側からいれてゆっくり持ち上げると、見事に3m70cm径の折れ松株が地響きをたてて落ちた。
 しかし 跡をみると実にミットモナイ切り方だ(汗)

Dscf0013_1

私だって見栄は張りたい(笑) 荒れているツラを水平に切りなおしてチェンソーの格闘跡を誤魔化しておく。

それにしても酔いそうになる松のヤニの匂いには閉口する。  悪臭ではないのだけれど。

せっかく目立てをしておいたMS260だけれど、この作業でまたしても小石やら砂を噛んで火花が盛大に飛んでいたから多分目立ては元の木阿弥だろう。
 あ~ 疲れる(笑)

« ドングリを育てる会 | トップページ | フクロウは千葉へ飛んだ »

木を刻む」カテゴリの記事

コメント

上田敏訳の信天翁(アホウドリ)の話し、”私の勝手に解釈”し私のHPには即コメント致しましたが、その後気になりました。私は海潮音等持ち合わせず、ネットで調べました(笑)。最終章を下記に抜き書きしましたが・・・
雲居の君のこのさまよ、世の歌人に似たらずや、
暴風雨を笑い、風凌ぎ猟男の弓をあざみしも、
地の下界にやらはれて、勢子の叫びに煩へば、
太しき双の羽根さへも、起居妨ぐ足まとい。
・・・の詩文の事ですよね。ゆっくり全文を読み返しました。昔、聞いたようにも覚えますが・・・才覚無しの私の頭にはやはり無理です。
 思う様にならない現実(世)・・・とも受取れますが・・・私には難解です。
でも、”雨滴岩をも穿つ”では有りませんが、素晴らしい森に変り、そして素晴らしい友が出来満足ではありませんか?。でもでも・・・経済的には信天翁かも知れませんな・・・(笑)。でもでもでも・・・阿波踊りのアホウ・・・アホウに悪人は居ない・・・と言う事で終わりましょう。 たわいないコメント済みません。

私はにしまさんから目立てを教わりましたが、それまでに何本もチェンを駄目にしてしまいました(その後もやらかしていますが・・・)。
先日森林組合の人が目立てをしているのを見て「これはイカン!」と感じて、「こうやったほうが良いですよ」とアドバイスさせていただきました。

意外と解ってないものなのかなあと思いましたよ、森林組合だと、意外とチェンソー使う機会はそこそこあっても特段の切れ味とかは求めてないのかなあ?

本人は私のカリカリ目立てに驚いてましたが、私もこのごろはチェンの寿命を考慮して擦り過ぎに注意してます。

目立てって本当に奥深いですよ!

フクロウ、素晴らしくなりましたね。
よかったよかった!
また一緒にカービングしましょう!

”やまふくろう”さん誠に申し訳有りませんが、投稿者(私の)の情報を「登録する」欄のチェックマークを解除して・・・お願い。過去の投稿を確認すると、全てに私の情報が記載されているではありませんか!!!!・・・今頃気付く信天翁ですが。大変申し訳有りませんが、過去の私のメールアドレス及びURLの記載を削除して・・・お願い(ダメなら投稿自体を削除して下さい)・・・お手数取らせ済みません・・・至急にお願いします。
 実は、最近迷惑メールが増え困ってます。子供からHPなんかしないがいい!・・・と言われてまして、その通りになって来ました。ウイルス対策はしてますが気持ちが悪くて仕方有りません。迷惑メールを完全カットするプロバイダが有れば即加入したい処です。アドレス変えようと考え始めてます。特に私のHPのURLは知人には教えたくないです。是非にお願いします。
私が”山仙人”と名乗る理由は簡単です。”山ん中で暮らしたい”と言う私の願望を込めた名前です。本来は静かなはずの仙人が、何時もお騒がせ・・・格好つかない!。

”やまふくろう”さん・・・セッカチでお騒がせ仙人で申し訳ない。
チェックマークを外すと過去のデータからも、掲示の情報は出ません。投稿する時の手間省きの「情報登録」ですね・・・今頃・・・信天翁。
 先程のお願いはキャンセルです・・・ゴローマルさんのお笑い投稿を作っちゃった!。でも私のURLは口外しないようお願い致します。

ウヲッ マジ城所さん? KGさんから褒められた?! うーん、これは凄いと思います。 有難うございます。 まだまだ筋肉のトレーニングが追いつかなくて正確なカットを行うには力が足りません。 山形大会では城所フクロウを彫って上越で両羽を上げたフクロウを彫り、千葉でソアリングに進みました。 今は樹木とフクロウとか、2羽のフクロウに挑戦してますが、筋肉だけでなくて目立てのテクも鍛えないといけません。 そのうちにKGさんの弟子だと自慢する日が楽しみです。

山仙人さん、お互いに秘密はアッコちゃんにしておきましょう(笑)
12月第3週にプロの広葉樹伐採現場の見学を予定しています。 写真などの記録を丁寧に撮る積りなので楽しみにしていてくださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ドングリを育てる会 | トップページ | フクロウは千葉へ飛んだ »