2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006年11月29日 (水)

マシラの如く。

 マシラというのは狒々の別名・異名だ。 猿という軽いイメージでなく、雄々しく軽快に森の梢を駆け巡る様を指してマシラと言ったものではないかと思っている。
 昨日、 予定通り深谷市本田の埼玉県農林公園にコナラ大径木伐採の手伝いにでかけた。 見学が主な目的だったのだが、何を見学するかと言って日本の森の名人100人にも選ばれた上林さんのマシラの技を直接この眼で再確認することその1点だった。
 前々からの予報のとおり雨模様に明けた朝、当日実行可否決定時刻7時30分を辛抱強く待ち続け、秒針が定刻を指した瞬間にプッシュホンの発信ボタンを押して確認の連絡をいれた。  窓口の大沢さんの言うことには、もう上林さんは家を出ているとのこと。 ♪むふっ そうこなくっちゃ。
 自宅で待機していた時刻が時刻なので現場集合8時30分というのは少し厳しい。 自分にしては珍しく関越高速道路をつかって川越から嵐山小川へ抜けたのだが、農林公園に着いたのがジャスト8時30分だったのはラッキーというか正解というか。 まあ、いつもこう巧く行ってくれると良いのだが♪

Dscf0009

 そこから後はもう夢中。 上林さんの技の凄さはその丁寧さにあるんだな、と幾つもの細かい事例で深く納得。 最大限度に伸ばしたクレーンで樹の主梢を吊って安全を確保した上で、ブリ縄(?だったっけ?)や梯子をつかって地上30mはあろうかと見えるコナラの枝先まで登ってゆく技にも凄みがあるのだが、その先の枝を切り落とす時にも、落下地点の障害物を見極めて受け口追い口を丁寧に切ってはワンクッション置いたタイミングで枝が落ちるように気を配っている。  つまり、単にスコンと切り落としたりするような事はせず、裂けが入ったりしないように枝にもツルを残しておいて、一度お辞儀をさせてから切り落とす。  ん~ ここまでするんだ、広葉樹の処理ってのは・・・ 両脚に着けた短剣様の垂直アイゼンと腰縄だけであの太い木を昇る速度ってえものは、暫く見とれてしまうほどの軽快さ+力強さ。 まあ、私の筆力では到底表現しきれないものと諦めておこう。

Dscf0002

広葉樹の太い枝を落とすときにわざわざ受け口を切るのは、その真下の街路灯を直撃しないように落下枝の向きをコントロールしているという事なのだが、そこまで丁寧に仕事をするのはプライドにかけた何かがあるのだろう。 見学している立場では、ただ感歎するしかない。 やってみたくても到底できないってのがわかっているから、ちょっと辛いものもあるんだけれどね。

Dscf0006_1

 昼の休みの会話では林業振興での「木使い」標語にかけて広葉樹伐採は「木疲れ」するなどと軽口も出る雰囲気だった。 なにしろ以前から欲しかったクヌギの大径木も伐採したし、太い檜が懸かってしまった時に私のチルホールが役に立ったし まあこれ以上言う事も無いくらいに手応えを感じた一日だった。

Dscf0010_1

 写真ではわかりにくいのだが、梢の先でチェンソーを使っているのが上林さん。 いつものように10mくらいの高さから柔らかい腐葉土の地面にチェンソーを垂直に落として見せたが、何かあったとき多少高価な道具であっても道具と心中するくらいなら放り投げてしまえるだけの肝を持てという事であるらしい。

Dscf0019

<補遺; トラック上の伐採枝はユニック1回の玉吊りで荷台に搭載したもの。 玉吊りは1本の鋼索だけ。 枝材の積み方に細かい工夫があることを知った。 短い材を繋ぎ合わせるように合わせてほかの長枝と一緒に積み上げるなど、ちょっと信じられないような知恵技のひとつを見学できたことも大きな収穫だった。>

 川越農林の尾澤さんが持ってきたコナラの挽き割り材に今回伐採したコナラの脚をつけてベンチを作ったのだが、チェンソーだけでのベンチの表面のカンナ掛けはどうもうまくいかなかった。
 乾燥具合と材の歪みをちゃんと補正するところまで丁寧にできたら良いのだが、やはり材の高さ調整を自分に合わせてきちんとやらないと水平面の加工ってのはうまく行かない。 幸い尾澤さんは満足してくれたよう♪なので、とりあへずの所は良しとしよう(汗)

Dscf0015

 3時過ぎ農林公園を辞するとき、土産に野菜と米とをいただいた。 ん。 散々遊んで木工旋盤加工の素材も良い所取りをした上に勉強させてもらっておまけに土産まで頂戴して・・・ 仕舞いには「ここでチェンソーアートの大会をやる時には是非声をかけてくれ」などと公園の理事さんに気安く言ってしまったりして。  あー ばかばか なんて恥ずかしひ(笑)

2006年11月27日 (月)

里山にさむくて冷たい雨が降る

冬を迎える心の準備が間に合わないわけではないのだけれど、やはり晩秋の里山の雨は冷たい。

一昨日、枯れ松の幹で不法投棄車両の侵入防止柵(?)をつくり、残りでフクロウを彫り始めた。 無論、私の狙いはフクロウの方がメインだ(笑)から、どっちが余りの材ということになるのか よく判らない。

 彫り始めたのが夕刻に近い時間帯だったので、昨日の午後にその続きを処理し、ついでにベンチを作ってみたのだが、材が松なのでヤニが出たりしないかと気になった。 

→ http://kobikiya.web.fc2.com/forestwork061127.htm

あ、そういえば、今まで使ってきた画像保存用の無料サイトが容量いっぱいになってしまったので幾つかのページを削除した。 ついでに無料1GBのfc2を借り足して大きな画像を載せられるようにしてみた。

 さぁて、気象庁のサイトをチェックしてみたが雨の予報はまだ変わらない。 農林公園での伐採手伝いを予定している明日は果たしてどんな事になるやら。

2006年11月19日 (日)

さむいけど、あったかいね

タイトルは雨模様の今日、ドングリを植える会に参加した子供達の会話からパクったもの。

Sa270053



 最近の子供たちは共働きの両親と学校、塾、習い事の忙しさの中で、この種の地域の催しに参加できるほどヒマではないという声も聞いていた。 子ども会を通して集まってくれた学童は18名。 時代をかんがえれば というよりも、この寒空の雨模様の日に屋外でのイベントに参加するということを考えれば、18名という参加児童の数は決して少ないものではないだろう。 幸い竹食器も竹プランターも桜の名札もヤジロベエも木の卵も好評だった。
 それにしても、本当に寒かった。  イベント終了直後から雨脚が強まり終了ミーティングに少し疲れを感じたが、終わってみれば この企画に参加できて良かったな という手応えは感じる。 
 一昨日、カビ発生を心配して神社社務所内に保管していた竹食器の新聞紙包装を開いて一人で風通し作業をしたのも、イベント全体像をかんがえれば結構良いパート分担になっていた訳だ。 展示資料の印刷や現地組立てに活躍したKWさんも、マテバシイの実を集めたり竹ヒゴを作ったりしてヤジロベエ計画の実質を担当してくれたKNさんも、炒ったり茹でたりして食べられるドングリの楽しみを伝える活躍をしてくれたHGさんも、ちゃんと芽を出すドングリの実を集めて仕分けし準備したTさんも、皆で互いを支えあう楽しみを分かち合ったイベントだったが、統括したSYさんもさぞ疲れたことだろう。 あ、予算の無いところで会計処理に苦労されたITさん、迅速な経費の精算サンキューでした(笑)。
 イベント進行の中心になった司会のOMさんも適材適所の一環といえるのだろうが、雨だからといってイベント実施を逃げたり投げやりに成らなかったクラブ全体としての心構えは頼もしい。 

 で、来年はどうするか って?  

 そんな鬼が笑うような先の事など、ヤマのフクロウにはわからない(笑)
→ http://kobikiya.hp.infoseek.co.jp/PageYoshiaki/forestsupporter/crafts2006/craft_idea1.htm

2006年11月11日 (土)

フクロウは千葉へ飛んだ

先週、千葉大会で作ったソアリング・オウルが気に入り、その後も気にしてくれているという方から電話で製作依頼をうけた。 大会で展示しておいた試作2体のようなものでも構わないという事だったので、依頼者のお名前を浮き彫りにして製作する約束をした。
 が、鹿足、いや、しかぁし! ・・・だ(汗)

以下は一昨日のことなのだが・・・
 自分にこんな色気が残っていると思ってはいなかったのだが、褒められたという事で、それに応えようとする意識が働く。 実力以上のものを追い求めようとする。 無論、それが若い時代であれば競争心や向上心に磨きをかけることになってきたのだが、人生の玄凍期を迎えて今更のようにうごめき始めたこの気分は、見方を変えれば虚栄にもつながりかねない。
 無心にフクロウのイメージを追いかけていたときと違って、褒められて依頼されて作るという経験(んなこと初めての事だし (^^;) )は思っていたよりも思いプレッシャーになっていた。

つまり、「気に入らない」のだ。 どうやっても。

 約束期日までに余裕がなくなったころ、ようやく諦めがついた。 素直な気持ちで作り直し、自分の現在の限界がここだと素直に言える作品を目指すことにした。 

Dscf0001_1 土台部分側面にリング状に依頼者のお名前を入れて自分のサインAKを入れ、最終の仕上げで胴の整形をやり始めたところ、少し小さなフケを見つけてしまった。

 もう約束納期の週末だ。 徒に悩んでいても仕方がない。思い切って削ってみたところ、これは深刻な死に節のフケたものであることが判明した時の焦りはちょっと辛いものがあった。
 そして昨夜、依頼主に思い切って正直に電話を入れ、送料を持ってもらえれば無料でも構わないと申し入れたのだが思いもかけず構わない受け取りに行くとの返事があった。
Dscf0006
そして迎えた雨の今朝。

 特に時間を打ち合わせていたわけではなく、川越のヤマの裏の文化会館駐車場に着いたら電話を貰うという手筈にして12時ごろになるのかな と考えていたので、9時ジャストに携帯に電話が入ったときにはびっくりしてしまった。

Dscf0010  
慌てて散歩前の我が家の犬どもをエスティマに積んでそのまま文化会館、そしてヤマの作業場へ。 まるで軽井沢のような雰囲気の里山だと言われてみれば、自分の土地でもないのに妙に嬉しい。 そして作りかけの夫婦フクロウやソアリングオウルも見ていただき、注文品を納めていただいた。

 回路設計やOOPSプログラムを組んでいたころの製品納品とは随分と違う感慨だった。 私のフクロウは埼玉から東京を越えて千葉に飛んでゆく。 望まれて。 
 いい気になって詩的に修飾した言い方をするなら、宮崎学さんの写真集に見つけたフクロウへの私のDscf0013_2 憧憬が形となって他の人に伝わった瞬間なのだ。 

 車に乗っていた2頭の犬達は礼儀正しく辛抱強く待ち続けてくれた。 お別れしてから雨の里山を一緒にあるいたら、予想通り思い切り大きな落し物を立て続けにしてくれた。 ウンチ袋はすぐに満タンになって冷たい雨にビニール袋の生暖かい手触りがなんとも妙な気分なのだが、今朝は懐のほうも少しだけ暖まった♪ むふっ。 これで良い~のだ。

2006年11月 3日 (金)

目立ていろいろ

暫らくチェンソーを使わない日が続いたが、プランター100鉢計画が片付いたこともあって、一昨日電話で注文のあったソアリング・オウルを作ろうかとヤマに入った。

 しかし・・・なんと切れないチェンソーだろ。 考えてみれば砂や小石を噛んだ杉の皮を刃の都合も聞かずに火花を飛ばしながらバリバリ削ったあとならば、切れる切れない以前の問題だろっていわれても仕方が無い。
 仕方が無いから今日の作業は目立てからはじまった。 ホントなら仕事の終わりに目立てしておくのが基本的な心がけだろうとは思う。 うん。

Dscf0001 シデの株に載っているのはこれまでに使ってきた目立て道具の変遷。
 クランプはずっと変わらないが、最初はスチールの金具つき丸ヤスリで目立てをしていたのが、いつの間にか丸ヤスリ+角度板での目立てになり、今ではハスクのローラージグと丸ヤスリに落ち着いている。
 スチールの教則本では最初に一番短くなってしまっているカッターを探して目立てを開始するという指示になっているが、現場的には余りその辺りのことは気にしない(汗)

 4台とも綺麗に目立てをしてから、先月製作途中で中断していた2羽のフクロウを彫った。

Dscf0008 雰囲気は良いのだが、1本の樹があるだけで極端にカービングバーの動きが制限され難しくなる。
 2羽目の下枝のフクロウは低すぎて足を彫るのが難しい。
 また工夫してみる面白さがありそうだ。

 帰る途中でヤマの入り口に立ち枯れ風倒している中折れ松の整理を行った。 中折れといっても3m程度の高さがあるゴン太の折れ株だ。 根元でみるとMS260のバーは短すぎて届かない。  腐食している表面を削り中味の腐り具合を確認すると、60cm径程度の無傷の芯があることがわかった。
 こういう状況で伐採するのであれば受け口を切ったあと中心から突っ込み切りをいれておき、両サイドを根切りし、受け口に並行に先にツルが残るように突っ込み切りをいれてやる。
 結果的に追いツル切りの形になるのだが、これだけ重量のある松の事だし、不規則な腐りがあるので材の強度がアテにならない。 受け口中心からいれておいた突っ込み切りの口に反対側からクサビを叩き込んでおいて、追いツル切りをした時にチェンソーを噛まれるのを防いでおく。 片側の追いツルを切ったところでフェレンギバーを重心反対側からいれてゆっくり持ち上げると、見事に3m70cm径の折れ松株が地響きをたてて落ちた。
 しかし 跡をみると実にミットモナイ切り方だ(汗)

Dscf0013_1

私だって見栄は張りたい(笑) 荒れているツラを水平に切りなおしてチェンソーの格闘跡を誤魔化しておく。

それにしても酔いそうになる松のヤニの匂いには閉口する。  悪臭ではないのだけれど。

せっかく目立てをしておいたMS260だけれど、この作業でまたしても小石やら砂を噛んで火花が盛大に飛んでいたから多分目立ては元の木阿弥だろう。
 あ~ 疲れる(笑)

2006年11月 1日 (水)

ドングリを育てる会

だったよな?・・・ 確か。 あれ? それとも ドングリを植える会 だったっけ??

 日曜にクラブの皆んなに応援して貰って車に積み込んだ孟宗竹を、せっせとタワシで洗って節ごとに切断、ドングリ用のプランターにつくる作業がようやく一段落した。 目標100鉢、実際に切断した数をかぞえたら合計108。 なんと実にピッタリ・・・なんちって。 

 名札150枚は日曜にお渡ししてきた。 オープンクリップも昨日川越のキムラヤに入荷したので100個を追加購入。 合計156個という結果になった。  あとは木の卵100個計画が現在84卵なので残り16個を作るだけ。

 をっと、次の日曜にまた年子の孟宗竹(それとも真竹)を切らしてもらってトン汁用の器を100個作る作業が残っている。
→ http://kobikiya.hp.infoseek.co.jp/PageYoshiaki/forestsupporter/crafts2006/craft_idea1.htm

 実際に100人の子供が集まるとも思えないのだが、目標として掲げ工数日程計画をたてた以上はそのとおりに実施する。 今回子供達が思うように集まらなければプランターは他の機会に使えば良い。  名札も別に賞味期限がある訳でもない。  ただ食器だけが問題になりそうだ。 少なければ困ることになるし多すぎて次回利用という方策がたたない性格のものだ。
 この季節に切った孟宗竹の器は約1ヶ月の乾燥で半分が割れるという観察結果を踏まえ、イベント開催の2週間前に竹を切断して1週間前に器に切り出すというストーリーを自分の責任で設定したのだが、食器という性格上衛生的な保管の責任も当然に発生する。  しばらくは気が抜けない作業になりそうだ。

今日は水曜日。 川越のヤマのゴミ掃除に緑のサポーター関連で知り合った人たちが集まってくれた。 地元の農家の戸森さんがヤマの落葉掃き下準備で落枝掃除にご自分のヤマにきておられた。  ご挨拶をしたら、犬の放置糞に多いに憤慨しておられた。 ゴミとして不法に投棄されているのは圧倒的にネコ缶やネコ砂が多いのだが、いずれにしても、ペットの後始末ぐらいちゃんとやってほしいもんだ。

→ http://homepage2.nifty.com/kawagoe/2006/2006_11.htm

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »