2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« 第一回東日本チェンソーアート大会 | トップページ | おーし いよいよ 出発だ。 »

2006年9月19日 (火)

新潟大会に間に合うか?

翼を広げただけで、フクロウは猛々しくなる。
 この製作で6時間。 MS260満タン5回。 MS200満タン4回。
 末口径40cm、高さ120cmの杉は節くれだって歯ごたえがあった。

今から練って、きっちり3時間以内で仕上げる筋道をみつけられるだろうか? ・・・(汗)

Dscf0065




佐藤さん、上越ではウサギらしい。 私の場合はまだまだ4本足の生き物を彫るには実力が至らないから、当然、見送る。 まずは鳥。 それから犬。 後になって猪。
 ん? あ、当然これは干支の順の話し。  だからその次は栗鼠ってことになる。
 牛や虎を彫るときまで元気でいられる保障などないけど、笑いたい鬼には笑わせておけ。 
 お~し、今週はチェンソーアートで明け暮れするのだ。
Dscf0062

« 第一回東日本チェンソーアート大会 | トップページ | おーし いよいよ 出発だ。 »

木を刻む」カテゴリの記事

コメント

バリバリやってますねー!!!
>この製作で6時間。 MS260満タン5回。 MS200満タン4回

凄いです!この構図は結構難しいですよね、私も羽ばたくフクロウは1度しか彫ってません、というのも初作品の出来栄えが余りよくなかったので・・・
根の張っている材を使う場合は根っこの方を上にして羽の広がりを出すのも手ですよ!

私は上越では・・というか、上越でも・・となる感じです。
イノシシか河童かどうしようか迷ったんですが、山形でやりたくても出来なかった部分をやってみたいなあと思ってます。また同じ?とも思いましたが、まずウサギをきっちり決めて今度は月を浮かせようかと思案中です。

私はイメージトレーニングだけですね、先週末は法事やら仕事やらで殆んど練習してないんです。

いよいよ明日出発ということになりました。
 昨日は筋肉痛で背中腕肩腰足全部アウト・・・
今回からはサロンパスのスプレー缶を持参するようにします(泣)
 月を浮かす。。。 なんだか凄いことになりそうですね。 そういうチャレンジ精神が本当の面白を極めるいきかたなんでしょう。 私は4本足の動物へ挑戦するのを来年の楽しみにとっておきます(汗)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第一回東日本チェンソーアート大会 | トップページ | おーし いよいよ 出発だ。 »