2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« 2005年6月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月

2005年8月29日 (月)

今日は何をしたんだっけ・・・

5時30分起床。 いつもの朝の日課ではじまったいつもの夏の1日のはずだったが、今日は前からの約束があって昼を早めに摂り午後には入間の谷津田再生地へ。
 糀谷の八幡神社に奉納したフクロウのツガイのことは前に書いたが、その縁もあって、境内に転がっている杉の丸太にトトロを彫ることになった。 少し練習してから挑戦することにする。 余り大きな恥をかかないで済むように・・・

 11月の団栗イベントに向けて色々と下ごしらえをしているのだた、この過程で元校長先生に引率されて市の教育長に会うこともできた。 今日はその足で2つの小学校の校長先生にも挨拶をして回る。 どうやら昔の教え子という関係もあって意思の疎通が円滑らしい。
 歳はとっても流石に矍鑠たるものだと感心しながら、その心配りと、元生徒から寄せられる言葉から感じ取れる親愛の念に感動したりする。  人と人のつながりこそは宝。 それが地域を支え、国を国たらしめるものだろう。
 地元自治会の幹事と一緒に学校めぐりをしている間に、サポータークラブの大先輩の堀口さんが一人で団栗拾い予定地の草を刈り取っていてくれていた。  挨拶まわりが終わってからその作業跡を検分し、目立たず黙々と今の自分にやれることを今やるという自尊の精神をその跡から感じた。

 明日は畑だ。 夜は雨になるらしい。

2005年8月28日 (日)

サラダ・ごぼう って何さ?

7時起床。 犬の散歩を終えてメールをチェックしてみたら、NPO会長から写真添付メールが5本きていた。 8月21日の活動の記録だ。 里山のゴミ掃除の記録をしている自分のURLを更新してから、受け取った写真の表現方法について少し悩んだ・・・ で、フラッシュをつかったアルバムに作ることにして写真のレタッチからファイアワークスとFlashMXで処理してドリームウイーバーでNPOのホームページに掲載更新。 これで昼になった。

昼のTV6chではしきりに明日の「広島」をテーマに3姉妹+1の物語を宣伝している。 政治的に偏ったものになっていなければ良いのだが、世界のどこにも在りもしなかった正義を求めるだけなら、今更そんなものは視たくはない。 後になって評価が定まってからDVDのレンタルで視るのがいいかな。 少し悩む。

午後3時から畑へ。 5時半になってようやく#3の草取りを終え、4月に「サラダごぼう」をマルチに蒔いた収穫をする。 とりあへず2株。 とてもぢゃないが石灰も鶏糞も処理する時間など取れなかった。 甘い見通しを反省する。  まだ左足にマヒした感覚が甦ることがあるが、まずまず順調に体が動くようになったのはありがたい。

それにしてもよく太ったゴボウだ。 畑は2尺程度に耕しているだけなので、60cmより深い根は赤土の中だ。 マルチの脇に深溝を掘り進み、ゴボウの葉をひっつかんで横に倒すようにして根の先を探り、穴掘り用のスコップで取り出す。  2株で4本収穫。 余りの太さに家内が笑っていた。 今日はキンピラにしてくれるそうだ。  え? サラダゴボウでキンピラって? ・・・ うーん。

2005年8月27日 (土)

あっしはアッシー

なんの事だか。 よーするに車をすっかり木材運搬・チェーンソー彫刻移動用にしてしまったので、家内が歯医者に行く時などは私が運転手をする義務があるという意味だ。 家内はこんな仕事用の車なんざ運転したくないという(泣)。

昨日は久しぶりの朝生TVを視た。 田原氏の司会(?)も概ね妥当な線に落ち着いてきたように思うが、社民党ってのは、あれはとうとうどうにもならないで終わるのかね。 ま、拉致誘拐を軍国日本の歴史のセイにして正当化を謀ったような連中だから、本来なら相手にされないのがスジだと思うのだが・・・日本ってのはそういう国だったのね と今更のように情けない思いに浸ったり・・・してる暇などなく、日が昇ると同時に犬の散歩。 そしてイソイソと畑へ雑草退治にでかけた。 水1Lを持参して#3の畑の草毟り1/4を終えたころにもう昼。 急いで帰宅して家内のアッシーとなり浦和の歯医者まで1時間のドライブ。

運転中、ふと思いついて、東京の土地面積と日本の借金総額を計算してみようと思った。 え〜と、1km^2が約300町歩 つまり30万坪だから、道路込みの坪平均価格が33万円のとき、1000億円/km^2ってことになる。 東京都全体の面積は2000km^2だから、思い切り高く評価したとして200兆円ってのが東京の土地価格ってことになる・・・・のかな? まあ、東京都と言ってもヤマ奥もあれば都心もあるので、土台こーゆー計算が成立する筈もないのだが、200兆円は無理としても100兆円くらいにはなるのかな。 坪平均15万って計算だ。

 神奈川県も似た様なものとして2つ併せて200兆円の資産。 関東平野全体で日本の借金総額1000兆円になるってのは無理な計算かもしんないね。

ん〜 関東平野と北海道1個。 これだけの土地を買い占める資金が日本の借金総額ってことでいいんだろうか。

 で、頭の中で日本地図から北海道と関東平野を切り取ったイメージを浮かべてみる・・・(汗)

やはり60坪程度の菜園畑でヒーこら汗をかいている爺にはそういう高度の計算は無理だった。 明日は#3畑の残りブロックの雑草を退治して苦土石灰と鶏糞を撒く。 

2005年8月26日 (金)

台風11号

4時起床。 いったい台風はどうなったのだろうとTVの天気番組を探す。 どうやら未だに東京湾あたりに居るらしいのだが、雨のほうは少し勢力が衰えているようだ。 川越は、平和な雰囲気のままに寝ている。

さて、一昨日は予定を立てて行動する積もりが体力の裏づけが無くて計画した作業の1/3程度しか消化できなかった。 しょーかない。
 よーするに#2の畑の草毟りで体力を使い果たしたというわけだ。 己を知らずに計画を立てると、こーゆー事になるのだが、知っていた筈の限界がどんどん狭まっていることも確かだ。  畑作業では3Lの水を持参して午前中に2L、午後残りのリッターボトルの半分の水を飲んでギブアップした暑さだった。
 昨日、鶏糞20k180円x2 苦土石灰(手持ち1在)追加20kx1を購入。 草刈鎌として、縄切を1つ380円で買った。 前から持っていて柄が腐って無くなったヤツには古い立ち鎌の柄を切って接いでおいた。 仕上げはいい加減。 挽き割った柄に単なる金具となった鎌を2つの目釘で固定し、木工ボンドを隙間に詰め込んでタコ糸を巻いて目釘を隠した。 タコ糸の先端は引き割りした溝に木工ボンドを詰めておいて糸をその隙間に詰め込んで出来上がりとした。 ん〜 まあ、こんなもんでよかっちゃろ。

ヤマの倒木も、このぶんでは大したことにはなるまい。 あ、そういえば昨日深谷農機で、分割払いで買ったチェーンソーの最後の支払いを済ませた。 3回の分割だが、補償もなにも取り交わさないままクレジットでなくて本当の「信用」でモノを購入したのは初めての経験だった。
 川越では時代がまだ立ち止まって人を待っていてくれるのだろうか。 まあ、あまり甘い事は考えないようにしたいが、店番のご主人が古い言い方で、田畑かついで逃げ出せる訳もなかろう と笑っていたのが記憶に残った。
 台風が無事に通り過ぎても畑の土は重くなって作業は無理っぽい。 一日置いて土曜からまた雑草退治と石灰撒布だ。 新しく買った草刈用の縄切を使うか、古い再生鎌を使うか。 少しだけ選択できるということの豊かさを楽しもう。

2005年8月23日 (火)

朝だ

なんの変哲もない、8月の朝だ(笑)。

 5時起床。 いつものようにポットで湯を沸かし豆を挽いてコーヒーを入れる。 さて、新聞では内閣支持49%上昇続くとある。 望んでいたことではあるが、やはりそうなってゆくのかと思うと少し社会のアサハカサを感じてしまう。

 今日の畑はとにかく雑草退治。 天気予報によれば午後は雨が
降るようなので犬の散歩を急いで(かわいそうに・・・)水を3L持参
して6:30辺りには作業を開始したい。

#1 ではカボチャを始末しておくこと。 ナスもトマトも始末。 時間
  が許せばマルチの除去。
#2 は只管雑草退治。 一応レーキで均す前の土の盛り上げ処理
  をしておこう
#3 もインゲン豆を始末。 きゅうりを始末。 今年は終わるのが早
  い。 その後は雑草退治して土を盛り上げて日光に当てる。

午後、雨になったら消石灰やら苦土石灰やら堆肥やらを買い込んで
おく。 昨日買い込んだ携帯用蚊取り線香2.5時間用を持参する。

おーし。 

2005年8月22日 (月)

夏草や

BLOGに畑なんてカテゴリーがあることに木が、いや、気がつかなかった。 
そう言えばレンタルの農園日誌などというものをどこかで小バカにしていた
のだが、実際に自分の耕す畑が連作障害らしき現象を起こしたりすると、ち
ゃんと日誌なりメモなりを残して計画的な耕作をしておくことの重要性に唇
を噛むことがある。

んな訳で、今日の播種
 レタス 8(ポッド) 
 ブロッコリ 16  
 春菊 4 
 小松菜(紋次郎)24 + 青梗菜24 
 白菜(雪風) 24
 山東菜 12 
 白菜(70日)36

風が強いので今日の畑はお休み・・・ そういえば昨日は入間のヤマで
一日潰してしまっていた。 いったい何時になったら自分の畑をきちんと
管理できるようになるのか。 まあ、他の趣味を抑制するしかないことは
わかっているのだけれど。

そろそろ下地をつくって石灰や鶏糞も撒いておきたいが、あまり大根ば
かり作るのも芸がないが ・・・ あ、そうだ、タマネギの苗床とイチゴの
来年用の畝をきめておかなくっちゃ。

 発作のあと、痺れなどがだんだん回復してくるのと同時進行形で体力
の衰えも感じてくる。

そろそろ人生の幕引きのことも考えて生きる年齢になったのだな。 うん。

« 2005年6月 | トップページ | 2005年9月 »