2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« とかく人の世は | トップページ | 6月の雨には »

2005年5月 2日 (月)

え? 材木はいらんかね

 ケヤキという樹がある。 武蔵の国、埼玉県のシンボルとして指定されている樹である。欅とは「けやけし」つまり、気高い・貴いという意味をもつ言葉をを語源とする名前であるという。 古くは槻という文字を充てた。

 ごく近隣に白樫(しらかし)をシンボルとする市がある。 これはまた随分と限定した樹の定義を行ったものだ、さぞ植物に詳しい人達ばかりの住む市でもあろうか、と半ば感心してもいたのだが、どうも本来は常識的な水準、つまり大雑把に「かし」としたかったものだったらしい。

 植物の名前には俗に呼ばれる名前と四角張った学名とがある。 おおらかな気持ちで「樫の樹」といっても権威ある図鑑に照合すればそんなものは存在せず、樫は細かく分類され夫々に独特の名前を与えられている。
 想像だが、おそらく指名作業を命じられた担当官は「樫」といわれ確認のために立派な図鑑などを参照して少なからず困ってしまったたのではないだろうか。 図鑑に載せられていない名前を「市」を象徴する樹の名として公表することに自信をもてなかったのではないだろうか。

 アラカシ、シラカシなどの樹を厳密に区別するのは、樹を建築材として看る立場ではそれなりに重要である。 しかし一般市民を代表する立場で外見上それほど大きな差を持たない樹種を専門家の用語を借りて厳密に区別し正確を期して導入したことの意味とは、いったい何であったろう。

 その町に住む老人達は「シラカシ」という市のシンボル・ツリーの名を聞く度に眉をひくつかせ、わざわざ「ああ、樫のことだね」と念を押す。
 
 本音を問いただしてみたのだが、市民が全て植物学者になったり材木問屋に弟子入りする必要はないね、という軽い返事が返ってきた。
(2003年11月4日)

« とかく人の世は | トップページ | 6月の雨には »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102810/3946512

この記事へのトラックバック一覧です: え? 材木はいらんかね:

« とかく人の世は | トップページ | 6月の雨には »