2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« 百物語 | トップページ | 巫山の夢 »

2003年6月29日 (日)

安倍晴明

気が付いたら何時の間にか、NHK教育TV(地上波3ch)で梅若六郎の新作能を見ていた。 なぜそんなものを見る気になったのか、などという余り経過は覚えていないが、ワキが謡う毎度おなじみの
【 ねがわくば 花の下にて春死なん その如月の望月のころ 】
という西行法師の辞世が、たまたま小耳にひっかかった所為だったような気がする。

 ttp://www.noh-umewaka.com/seimei.htm
梅若六郎50周年記念 新作能『安倍晴明』
日時:平成13年12月17日(月)
会場:サントリーホール(大ホール)

 シテは、これから都へ上って勉学に勤しみ立身出世を目指そうという安倍晴明の子孫を名乗る旅の若者である。 ワキの旅僧と共に野中の宿で一晩を過ごすことになるのだが、仮寝の宿の主は糸車で糸をつむぐなにやら曰くありげな老女一人である。

宿の仮睡で若者は夢をみる。舞台は若者の夢の中に入ってゆく。

 安倍晴明といえば今の若者に不思議な人気をもつ平安の陰陽師である。
 この舞台はいかにも新作能らしく高名なこの陰陽師の出生伝説すなわち、阿倍仲麻呂の血をひく稀名という在野の男が土御門の野狩から白狐を助けた夜、偶然にも彼を訪ねた葛子、かつて悪辣な陰謀によって引き離されていた彼の妻、との話からを丁寧に解説する事から始まる。 
 妻との間の情のこまやかさを詠いあげる謡の句は漆黒の闇の中に響きわたる鼓の音の高さと相俟って、この謡の句を烈しく聴衆の心に刻みこむ
【 恋には人の死なぬものかは 恋には人の死なぬものかは 】
 実はこの妻は、男が助けた白狐の化身であり、やがて二人の間に産まれた子が安倍晴明その人であること、そして事実が明るみに出たとき、母である「者」が子を残して姿を消し去っていった
という不思議の記憶は、繰り返し舞い詠われる
【 恋ひしくば尋ね来てみよ和泉なる信太の森の恨み葛の葉 】
の詞(ことば)により観客の胸に一層深く刻み込まれるのである。

 途中、本来の能では絶対に起こりえないある種の試みに新鮮な驚きを感じた。
 
 左右の舞台袖に座ってそれまで出番を待っていた男、そして女のナレータにスポットライトがあてられ舞台の背景となる土御門や花山天皇についての詩的な解説 がフランス語で行われたとき
、視聴者はこの舞台が日本人の為というよりも外国へ発信する為に設計されたものであることに気付かされる。

 やがて舞台は花山天皇の一条戻り橋での出来事に進む。 既に晴明は陰陽師としての地位を確立し、受けている信任も厚い。 
 戻り橋の上で全く身動きができなくなった天皇一行のただならぬ有様を見て、晴明は全能力をあげてこの呪いを解こうと怨霊に挑むが、殺陣を舞う怨霊は晴明に向い おまえの知識能力が吾が呪いを解くのではない、おまえの中に流れている血こそがその力の淵源であることを知れ と告げる。

 船弁慶などの舞台で敦盛が投げる白糸と同様、暗い舞台上で効果的な照明をあびながら、飛び交い打ち広がり縺れるおびただしい量の蜘の糸の下で、一条戻り橋の怨霊が女郎蜘のすがたを顕して晴明と立ち回りを演じる部分は実に圧巻であった。

 ついに舞台は終局を迎える。 女郎蜘の白糸はいつしか仮寝の宿の老女のつむぐ糸車に重なりあい、夢にうなされる姿を怪しむ旅僧によって若者は覚醒させられる。

 立身を思って都を志した若者はこの夢に啓示を受け、母の待つ故郷に帰ってそこで人生を全うしようと思いなおし、聞いた僧はそれも1つの悟りの道であろうと告げる。

 久しぶりの能舞台だったがこれまでにない不思議な感銘を覚えた1時間であった。 昔5・15事件で裁かれた篤農、橘孝三郎がダーウイン主義と罵った進化論的社会学を我々は本当に克服することができているのだろうか。

♪  上りの急行がシュッシュラシュッと 行っちっち
♪    いやな噂を ふりまいて
♪   せめて せめて せめて
♪     遠い 遠い 東京の
♪        空に飛んでけ ちぎれ雲
♪  汽笛がなっちっち 遠くでなっちっち
♪    夜汽車の笛は いやだよ
♪  早く行こう
♪    あの娘の住んでる 東京へ

(2003年6月)

« 百物語 | トップページ | 巫山の夢 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102810/3946674

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍晴明:

« 百物語 | トップページ | 巫山の夢 »