2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

« 娘道成寺 | トップページ | 百物語 »

2003年3月13日 (木)

富岡松五郎伝

 幾度となく板妻の「無法松の一生」を総括した記事をWebサイトの上で探してみたのだが、今のところ、これと言って優れたものには未だに出会っていない。

唯一、それらしいか と思われる内容は以下のようなものであった。

---- 引用開始 ----

 無法松のかなしみ 玉木研二氏(毎日 西部報道部)
  http://www.mainichi.co.jp/eye/hassinbako/2002/11/24.html

  北九州の作家・岩下俊作の「富島松五郎伝」は戦前から「無法松の一生」の名で何度も映画や芝居になり、筋立ては今も広く知られている。 
  気性は荒く情にもろい小倉の車夫・松五郎。夫を失い、一人息子を育てる 陸軍大尉夫人。松五郎はひそかに夫人に寄せる思いに苦しみながら、その家庭を守るため献身する。
 【略】
  だが父と子は当然離れゆくものではないのか。松五郎は敏雄の実父ではないが、まぎれもなく育ての父だ。 晩年酒に身を滅ぼした彼の遺品から敏雄名義で長年積み立てた多額の通帳が出てくる。物語はそこで終わる。
  「父の役割を」の掛け声に焦っても仕方がない。懸命に生き、静かにほほ笑んでいればいい。   

---- 引用終了----

これは・・・随分と違う。 そう思った。

 大切なものが欠落しているのではないだろうか。

 松五郎の気の荒さは、彼が車夫という職業に就いた事ひとつを取り上げても理解できる。 この時代この仕事につくという事は、すなわち、その過酷な労働条件ゆへに平均してわずかに3年という生存期間しか許されない「車夫」の世界に身を投じるのだという意味があった事はイザベラ・バード女史の日本奥地紀行からも伺える。
 この、命を的(まと)にする生き方(あるいは同じことだが死に方)から得られる現金収入は、明治10年の頃の荷駄馬賃料の半額程度であったという。

 上での引用文にみられるような「酒に身を滅ぼす」までもなく、時代の業病である結核肺炎が、その過重な労働に見合わぬ栄養の質とそのバランスとによって、実に簡単に屈強な者たちの生命をも奪っていったのだ。
 何よりもこの事は世間に広く知られている経験法則であった。

 世を捨て身を捨てた者、富島松五郎が確実な現金収入の途として「車夫」になる事を決意したとき、おそらく彼の意識には日本社会の上層に対する深い不信と疑いとを持っていたのではないだろうか。 
 毎晩の俥の客達が果たしてその社会的信用や尊敬に値するものであるか否か、享受している給金に相応しい働きをしているものかどうか、俥を牽きつつその重さを量っていたのではなかったろうか。 

 ある晩のこと、松五郎は俥の客となった吉岡に喧嘩を売る。中身の無い空威張り野郎だと頭から決め込んで、客である立派な身なりの紳士を恫喝して幾許かの金を巻き上げようとするのである。
 どうせこいつもニセモノだ。 こいつ等の懐の中の財布の中味は俺のものにしても一向に構わないんだ。

 しかし、松五郎はものの見事に吉岡に打ち据えられる。 数日は足腰が立たぬほど完璧に打ち負かされ、医師の手当てを受けさせられたことを知った彼は、初めて吉岡が陸軍大尉であり、かつ、警察の剣道師範を勤める漢であることを知る。
 そして、無法にも自分が恫喝した相手から自分が人間として扱われたことを知るのである。
 当時、世の中で最も威張り腐っている連中が警官であった。その警官を指導する立場にある吉岡という男が、身を捨てて生きることを選んだこの自分という者を、ひとりの人間として扱ったことへの素直な感動があったのだろう。 そして、明治と言う時代に生きた彼の中でその感動は「忠義」という意識に転化したのではなかったろうか。
 くだらない世の中だ。 くそ面白くもない人生だ。 そう決めてかかっていた者が、本来そうあってほしいと願っていた通りの姿をした世の中の「上層」に触れた、と信じた。 
 夫を失い、一人息子を育てる陸軍大尉吉岡夫人に、松五郎は明治人の忠義を尽くそうと願ったのではないだろうか。 彼の思慕の念は決して吉岡夫人への恋ではなかったのではないか。 それはむしろ、彼の愛国心 という言い方でしか表現できないものではなかったのだろうか。
 忘れ形見の敏雄少年は、長ずるに従って松五郎をうとましく感じ疎遠となっていった。 久しぶりの帰郷で小倉祇園太鼓を舞い打つ松五郎を、ただ同行した高校教師の感動を通してしか理解できない少年に育っていた。

 戯画的に言うなら、この敏雄少年は、やがて大正時代を荷う青年へと成長して行った。 土着の文物を軽蔑し、紙と活字で描かれた西欧への憧憬を語ることが文化であると錯覚する大正ロマンの時代を創りだした。
 再び故郷に放棄され遺棄された松五郎のような者達はついに下克上の5・15、更に2・26へと突進んで行く他になかったのではないだろうか。 突撃の日、橘孝三郎は満州に逃れていったという。

 最後の場面で、吉岡敏雄名義で長年積み立てられた多額の預金通帳が松五郎の遺物の柳行李から出てくる場面では、劇場のあちこちで遠慮がちにすすり泣く音がしていた。
 今、もしこの映画を若者達の前に上映したなら、一体どんな感想が聞かされることだろうか。
 そうおもえば、昭和さへも 遠くなりつつある事に気がつく。 小熊英二氏の著作によく引用される丸山真男などのような戦後思想界の人物群像に、私はぼんぼんの吉岡敏雄の姿をみたような気がしてならない。

2003.3.13

« 娘道成寺 | トップページ | 百物語 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102810/5702849

この記事へのトラックバック一覧です: 富岡松五郎伝:

« 娘道成寺 | トップページ | 百物語 »