2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

2016年9月11日 (日)

今福のI川さん宅で

 山鳩を巣から追い出してまで枝を落とし工夫して寝かせておいた白樫 70cmΦ、人力で搬出可能かどうか、ちょっと構えていたが 9月10日の土曜、ヤマさんと二人でなんとか始末をつけることができた。

 
 腐れの進んでいた白樫からは枝が落ちたりして随分と心配しておられたとか。
  
 今では台風が来ても安心していられるのでうれしいとほめてもらってる。
 
 今回は、その完璧な後始末。 
 我ながら ボランティアでそこまでやるか? と感じることもあるんだが、やれるんだからやっちまう ってのが性格みたいなもん。
 
 
 
Kashi0
 
末口で58cmΦほど 元口は変形分をみれば70cm超。 
 
 オイラのアラスカン治具では無理な寸法だったので、ハスク576xp28インチバーで手持ち耳削ぎ なんとか治具が使えるようになったところで写真をとっとっと。
 
 
Kashi2
 
公道沿い生垣脇にピンポイントで寝かせるまでは別に難しくはなかったが、搬出するとなるとクレーンを呼ぶとか何かしないと、丸太状態で転がせるような状況ではない。
 
   玉切りしてしまったら薪以外に何の利用価値もなくなる。
 
 
丸太状態で簡易計算すると1.8トン。 
 
 かなり乾燥が進んでいるとは言っても樫は樫、アラスカンで半割りしたのにその半欠けでさへ人力+ツルハシ/クサビだけでは動かなかった。
  

» 続きを読む

2016年8月28日 (日)

エノキのサビ

毎回、冬でも春でも 今年は夏でも 試しては失敗しているエノキの乾燥処理。

 今回は電子レンジでの加熱を試してみた。
 
 結果は電子レンジによる発熱分布図が描かれてしまったみたいな・・・
 
P8210333
 
 
 30CM長に切った枝を横に並べて寝かせて70度まで加熱
 
 それを2回繰り返し、キッチンペーパーで拭き取り、室温にて乾燥10日で惨めな結果が明らかになった。
 
P8210334
 
 
 十分に熱された部位では材の白い特性が残っているが、温度が十分に上がりきらなかった領域には変色が進行してしまった。
 

» 続きを読む

2016年8月12日 (金)

先月のさんとめ活樹祭

東京新聞8月3日版で 里山の維持成果が紹介されていました。

 
 このイベントは、数十年にわたる地元農家の地道な里山再生作業の結果 荒れて危険だった森が心地好いヤマにうまれかわった結果行えることになった楽しいお祭りでした。
 
 
13942725_1181869755187638_850236952

» 続きを読む

2016年7月28日 (木)

蓋をつけたナチュラルエッジの器

 先日の「さんとめ活樹祭」で薪の積み上げ競技景品として、オイラはリョウブのナチュラルエッジ器を8個提供したのだが、その造形にまだ攻めてゆくポイントを幾つか感じてた。

 
 Keihin4
 
 
 
 Keihin6
 
 
この時は、蓋の全てをヤマザクラで仕上げた。
 

» 続きを読む

2016年7月17日 (日)

第一回さんとめ活樹祭 無事終了しました

 オイラ定番のハイジのブランコ、3基設定しといてオレンジネットで囲み ナルセワールド(笑)なるものを区切らせていただき 思い切り汗をかきました。

 
 

» 続きを読む

2016年7月14日 (木)

ちょっとだけ入院してました

7月5日深夜に激しいメマイに襲われて、万止むを得ず救急車をお願いしました。

 南古谷病院にてCT・MRIの検査を受け、脳味噌のほうには外見上問題はないとのこと、30年前に体験したメニエールの再発かもしれないとの所見をいただきました。

 3泊4日の経過観察入院のあと、高血圧と糖尿の治療が必要という宣告をうけて退院、もう一週間が経ちました。

 今週末に予定している三富のイベント「活樹祭」にむけて大会競技の景品を用意しつつあったのですが、1週間の空白ができちゃったもんで、予定数量に足りないまま突入ということになりそうです。
 
 所在なくFBをひらいてみたら 2年前の今日、こんな記事・動画をポストしてました。

 
https://www.facebook.com/yoshiaki.naruse.5/posts/1213005225416981?pnref=story
 

» 続きを読む

2016年6月24日 (金)

FBの友人から伐採動画へのリンクを貰った。

 多分 これほどの実例が紹介される事は少ないので、このブログにも紹介しておきます。 

  Rayさん、有難うです。

 
 
 
 
   
 
 
かなりの太さのオーク(クヌギ)    実際には内部の腐蝕感覚が事前にチェンソーの応答で把握できてるので、こうなる前に退避することが普通かなと思われます。  
 

» 続きを読む

2016年6月19日 (日)

川越ウエスタでの音楽会

物凄く久しぶりに 殆ど50年ぶりぐらいに、交響楽を聴きに出かけた。

 
 いざ開演の時間になることには全席満員 あやうく立ち見になるところだったみたいな(汗)
 

 
Westa160618
 
FBに記事を入れてしばし記憶にとどめるようにした。
 
 
 この日、午前中はJWAでケンダマ作りの講習をうけ、木工爺様たちの実物とおめにかかり暫しの歓談を愉しむこともできた。
 
 
 
 

» 続きを読む

2016年6月11日 (土)

エノキの黒色変色域は・・・

生木でこの時期に伐り出したエノキでうまく処理できたことは少ない。

 カビとか菌糸とかで侵入してくる変色域を抑制できないことが殆ど。

 なので、 ブログとは別に(写真入力が非常に簡便にできるSNSとしての)FBにアルバムを登録してリンクすることにしたです。
 
カビの抑制は数種類 とりあえずはサンデーペイントの「カビころし」スプレー。 これは乳酸菌の利用とかで人畜無害のものらしい。

» 続きを読む

2016年6月10日 (金)

関東梅雨入りをうけて

 埼玉森林サポータークラブ定例で毎週火曜に所沢の糀谷農用林手入れにでかけているのだが、今シーズンほぼ一段落したので、宮司さんが持っている自走式ナイフ(訂正)モアを借用してきた。

 この能力にはじめて接した時は実に驚いたものだったし、今でも使うたびにおどろかされる。

 
 無理にお願いしたような雰囲気もあったけれど、川越の森林公園構想地周辺の民家所有農用林に派手な不法投棄が多発しつづけているので、対策上どうしても という思いで借用してしまった。
 借用翌日、翌々日と続けて処理を続けてきて、昨日は雨に降り籠められ下着までぬれてしまったつまんない作業。
 
 
11
 
 
22
 
 しかし、手入れしたヤマにみつける百合や萩の毎年の株だけでなく、春先のキンラン、ギンランにつづいてトンボソウが花芽をつけていたりするのを見つけると、ほっとする。
 

» 続きを読む

2016年6月 3日 (金)

2012年のFB記事をチェックしていたら

 こんな大手海外通販のWEBサイト写真にオイラが載ってたことを思い出した。

Wesspur_ad

 
 
 あのころ樹上用として使ってたのは ゼノアの3200、3701 STIHLのMS200とMS260だった。
 
 今手元で稼働してるのはゼノア3701だけ。
 2台もってたMS200は次世代の201に切り替わってすでにマイナーチェンジが行われているとか。
 
 MS260はプラグ孔溝がこわれててシリンダー交換 修理代が片手で済まない。
 

» 続きを読む

2016年5月22日 (日)

撤退した木曜のリベンジを果たしてきた

 昨日の土曜、完了させた。
 かなり疲れ切って何もできない日曜になってしまった けれど、記録しときたいものは記録しときたい。

 写真をイチイチサイズ調整しなきゃなんないブログとかHPってのは、FBの利便性にとても敵わない。 

 なので、リンクを置いて報告に替えることにします。

 写真にコメントいれておいたので、実務初めての人には役に立つ説明になっていると思います。

» 続きを読む

2016年5月20日 (金)

突然の夏、暑くて撤退したクヌギ除伐

 都市市街地での緑ってのは維持する上の責任とか負担とか、色々難しい問題を抱えるものだけれど、今回の除伐依頼も同じ路線の作業になってる。

 丁寧に手入れされた剪定痕のあるクヌギを、この季節に伐るのはいかにも常道を外れているのだけれど、都市ってのは人間のための空間だってこと 重い認識。


P5190009

 ヤマさんと一緒にクライミングするのは久しぶりだが、気楽に構えていた枝落としが意外と見落としていた電話線との距離とか、直下のパラボラアンテナとかで手間時間のかかる作業になってしまってた。
 建物・温室への養生と真っ新なアスファルト駐車場へのブルーシート敷き広げなど 現地9時到着したものの実作業着手は10時半ごろになってしまった。

 朝、待ち合わせの間、A井さんのヤマと道路との突合せ面で伸びだしている枝葉を剪定鋏で切り取っていた所為もあってか、12時の休憩ではそろそろ手鋸が無理って筋肉状態になってしまったのは不覚だった。

 

P5190011  

 

 


 

» 続きを読む

2016年5月 6日 (金)

枯損コナラ始末

 随分昔のことのように錯覚していたが、手遅れになってしまって登るのがこわくなったのは去年の暮のころのことだった。

昨日の定例木曜作業で栗泥棒対策と枯れコナラ始末とを片づけてきた。
 
P5050001a
 
 

登って貰う理由は そのまま倒すとなると、ほかに2本のコナラが障害になって架かり木始末に往生する為。
 
 大きく張り出した大枝を1つ切り落とすことで伐倒コースが確保できる。
 

» 続きを読む

2016年5月 4日 (水)

世はGW 初夏の陽射し

嵐のような強風が続く。
 また枯れ枝とか風折れとか風倒木とか 気になることが色々。

 
P5030017a
 
 去年伐倒した無患子の根元から採苗したムクロジの子、しっかりと芽吹いていた。


 家内との朝の散歩も15000歩とか 日によっては7000歩とか、気まま木のまま。
ンラン・ギンランの消息を確認した。 

 これらの花が掘り起こされたりして持ち去られる森、いつまでも陰で嘆いているだけでは何も変わらない。 

 手始めにゴミ掃除から バカにされながら始めた毎週の里山清掃が2003年から14年目、最初のころの記録はWEBサイトの変遷でいつの間にかリンク先が消えてしまったが、利用できるWEB形態も、HPからブログへ、そして今ではFBへ と大きく変化してきてる。
 

» 続きを読む

2016年4月13日 (水)

偏芯リング作成に治具は必要か?

多分、必要ない。
--------------

 FBに写真記事を載せておいたです。


必要なのはねじ2本 というノートからの推論・実施した結論 だったので改めて報告。


ここで直接写真は載せません。

 FBならイチイチ写真のファイルサイズを調整しなくてもデカい写真をテキトウに放り込んで記事にできるのでそっちに書いて公開扱いにしておいたので、気になるようだったら覗いてみてください。

実際に確認してみて、思惑どおりに作業ができたので報告かたがたブログ記事にリンクして挨拶代わりにしときます。

» 続きを読む

2016年3月21日 (月)

3月21日時期外れの落ち葉掃きしてきた

 I 川さんのヤマ、ブロワーで満タン2回 3Lでなんとか間に合った。



P3210001_1
 
 これまでに同じようにブロワー満タン なんやかやで6L近くBR600で吹いて落ち葉を集めておいたのだが、これを熊手で片づけるのは、もう70台に入ったオイラの体力ではかなり厳しい って感じ。
 
P3210005_1
 
 例年なら1月中旬から2月あたまにかけての作業
 
P3210004_1
 

» 続きを読む

2016年3月12日 (土)

動画を直接ブログにUPできるかな?

mp4を試してみたいんだけど、どうかな 結論: 無理みたい。  FBならできちゃうんで、やっぱしメデ...

» 続きを読む

2016年3月 7日 (月)

栗の枝の偏芯リング

懲りずに下手なウッドターニング記事。

 余り説明は要しない、プラ俎板での治具づくりから 写真ばっかのベタ記事になります。
 もし参考にして貰えれば と思いますが、多分JWAの会員であれば先刻承知のことばかり。

それはそれとして、今年の夏の植樹祭参加記念章に配布することを目的にしてますので 

 目標100枚!

 
なんちゃって(笑) 無理無理 年寄の冷や水ですけどね。
 
 
030702
 
  
030703
 
 
030704
 
 
030705
 
 
030706
 

» 続きを読む

2016年2月25日 (木)

ムクロジ ヤマザクラ 東屋 

ムクロジの板挽き残材でナチュラルエッジの器を生木挽きしておいた。
 いきなり仕上げ挽の厚みにしてくるみ油フィニッシュ。

 やたらに黄色い仕上がりになるが、感じは悪くない

Mukurojibowl1

年輪の乱れと周囲の森の伐採状況を思い合わせれば、この小さな器に森の履歴がきざまれていることを知る。
 
Mukurojibowl2
 

 緑森博物館では数年前に業者依頼した皆伐地に市民要望で伐り残したヤマザクラが施設建屋にかぶさってかなり危険な状況になっていた。 

 
指定管理者さんと県の了解のもと、業者でなくボランティア作業で処理することにした。
 残材は地域木工作家さんたちに適切に配布する予定。
 

» 続きを読む

«ムクロジの伐採依頼