2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ

ブログの起点

15年も前の事など

2016年12月 4日 (日)

菅間の森サポ

 3年前に森サポのボランティア活動で依頼され剪定したハンノキ、その後が気になっていた。
 10月の竹林整備のおりに確認したオイラの剪定結果はかなり満足のいくものだったが、誰か知らない人の手が入った隣のハンノキは見事に枯れていた。
 なんだかオイラが枯らしたみたいな事を言われてかなり腹立たしい思いをしたのだが、施主さんがちゃんと あれは別の手だと証言してくれたので濡れ衣は免れることができた。

 

Photo  

 
 12月に入って3日(土曜)の活動では門際の傾斜樫の木3本の伐採と80cmクラスの傾斜ポプラを「倒すだけ」という条件で処理した。
 
 幸い、今回はオイラの話をちゃんと聞いてくれる仲間ばかりだったので2本はオイラも立ち会って目的通りに処理。 3本目はポプラの状況をチェックしている間に倒してくれちゃったのだが、ちょっと小屋の屋根にかかってしまったみたいだった。
 
Pc030851  
 
 
Pc030852
    

 立っている産廃だよ と助言はしといたんだが、ツルなんてお行儀のよい方法で倒せるような木でなく、ロープでヒカエをとってガイドするって話をしといたんだけど、オイラが戻る前に先にやっつけてしまったって事。

 とは言え、別段の事故ってほどでもなく処理ができてたのでそれなりの経験になってくれたことと思う。  強調したのは理屈の理解と作業時の残心の大切さ。

 あまり真面目に講義をすると、話が長くなるとか言われるので、それ以上はもう言わない。
 やっぱしオイラの力量で同年代のサムライにちゃんと従ってもらうなんて無理だったのかも知んない。
 

» 続きを読む

2016年11月26日 (土)

さんとめの木をいかす展2016

 循環農業の展示は例年のとおり武蔵野の農家のジオラマ
 
 
Santome2016g
 
クイズ出題で集客を図る山中さんの工夫、オイラはその下請けで問3を分担した
 
 
Santome2016f  
 
 

肝入りの飯能グリーンスマイル 細田さんの奥様がブログ更新しておられた。

 
 何故かオイラも家内と娘と一緒に写真がのっとっと。 
 
 
Santome2016b
 
 
Santome2016a
 
   
 今回はオイラ、殆ど時間がなくて新作は無し。

 娘・家内の手芸とのコラボで少し賑やかしを助けてもらった。
 
 

» 続きを読む

2016年11月16日 (水)

記念植樹50年の金木犀と欅

依頼されて南池袋まで出かけたが、行った甲斐があったような綺麗な材だということが分かった。

 経過報告はいつものようにFBのアルバム。
 リンクは以下のとおり。
 
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.1325257277525108.1073741857.100001225447157&type=1&l=7ec28ca4b6  

» 続きを読む

2016年11月14日 (月)

彫ってきた

 ヒマラヤ杉の幹、1/3を2分割して運び込んでおいた緑の森博物館 11月12日土曜に彫ってきた。

 
 テーマは祈り。 折り鶴を持った樹の精 
 
 折り鶴の意味は日本人なら通じるかな と思うので、オイラなりの精魂こめた製作だった。

» 続きを読む

2016年11月 8日 (火)

大日堂のヒマラヤスギを

分割して一部分だけ緑の森博物館に搬送した。
 最初は1/3ほどをようやくの思いで軽トラに積み込んだんだが、6プライのタイヤがペッちゃんこになってて走行したらバースト・・・ しかねないと心配になった。

 
 結局、その1/3の丸太の1/3を切り落としてなんとか積載、2回にわけて週末のチェンソーアートデモ現場に搬出できた。
 
  
 
Pb070298  
 
 
 デモ予定地では博物館の若い力持ちの担当者さんが応援してくれて、2つに分割した材を軽トラのパワーゲートと担当者さんのウルトラパワーとで正順に積み直すことができ 人力の凄さにびっくりした。
 
 

» 続きを読む

2016年11月 6日 (日)

嵐山町フェスティバルでオオムラサキを・・・

彫ることになってた。
 

 トンボとかは昔よく彫ったものだが、国蝶オオムラサキの羽根のイメージをどうやって表現するか、4枚の幅広の羽根をどうやってホゾ継ぎするか 昨日一日かけて工夫して失敗を重ねていた。

 
 今日の本番、窓口になってくれた嵐山町林業研究会の知人の顔に泥を塗らないよう、また、埼玉森林サポータークラブの事務局のサポートも得て かなり真剣に取り組んだ。
 
 結果、 それなりの結果になったように思う。
 
 
 

» 続きを読む

2016年11月 2日 (水)

続いてリョウブの話

午前中、コナラの旧作カップを4つ塗装剥がしで仕上げ挽 研磨2000番まで。
 

ノーフィニッシュ オリエ2を試す予定。

 
 10時半に待ち合わせた話がドタキャン ってか、新築のため伐採した誕生記念のケヤキと金木犀の50年丸太 受け渡しを川越で って事だったんだが 建築会社営業さん、丸太は素人さん の搬出計画は現実とぶつかって挫折したとのこと。

 無理な重さだということだったので、なるほど 素人さんに丸太扱わせたら危ないってこと思い出した。
 
まあ、マジメを絵に描いたような営業さん、怪我させたらマジいっしょ。
 
 んなワケで オイラは久しぶりの・・・ もう何年も回避してきた 都心への車運転 やらにゃ しゃあない って事になった。 予定がすっかり狂って参ったちゃん。
 
 GMAPで予め確認しておいて ゴリラカーナビで一方通行チェック、昼11時半に現地で素材を確認してパワーゲートでさっさと積み込み 電池切れ間際の携帯で真面目営業さんに連絡をとって確認挨拶の上帰宅した。
 
 50年のケヤキ、アカだったね。

 モノとしては悪くないけど、短寸すぎてちょっと作品用にはやばい感じ。

  金木犀はちょっと白っぽいのが気になる。
 とにかく、来週あたりに挽き割、粗取りして何がつくれるかチェックの上オーナーさんの意向を確認するべし。

» 続きを読む

2016年10月30日 (日)

10月も終わりになる

昨日今日と所沢の航空公園の農業祭に出店させていただいた。

 
 疲れたけど、寒かったけど、まあまあの週末を過ごすことができた。
 
 
 白樫について カードをつくっておいた
 
 B
 
 

» 続きを読む

2016年10月26日 (水)

タティングレースと白樫牡丹芯リングとのコラボを

やってみました。です。

 オイラの発想は、出来たレース編みを偏芯リングの中に吊るすってだけだったんだけど。

 娘に言わせると、それだと中のレースを別糸でつなぎ合わせることになるんで、素人の細工レベルだから楽しくない んだって。
 
 結果、ちょっと手に比べてリングが大きすぎて苦労してたみたいですけど、なんと一本の糸でキッチリとタティングレースを組み込んだ作品に仕立ててくれちゃいました。
 
Pa250218
 
 
 
Pa250220
 
 
 
Pa250219
 
 
 なるほど、親子して意地の突っ張り合い、 お互い、しゃあない性格してます。
 
 

» 続きを読む

2016年10月23日 (日)

展示会での販促リーフレット

作ってみました。
 10年ぶりに復活したボールペン軸制作 ヤマザクラのアテ材やクヌギ、コナラ、アカシアの杢の面白さを普段手元に置くボールペンに加工したもの。
 ついでにその樹にまつわる話とかを短くまとめて雑木林の自己紹介みたいな体裁のリーフレットに仕立てようとたくらんだもの。

001
 
001_2
 
001_3
001_4
 
001_5
 
 この後、ムクノキ、シラカシ、ウワミズザクラ、リョウブ、シデノキ、エゴノキ、ハンノキ、アオハダ、ムクロジ、マユミ、ヒサカキ、ケヤキ、エノキ、ヒイラギ、ガマズミ、ウルシ、・・・ 延々と雑木林の紹介リーフレット作成が続く予定です。
 
 あ、予定・・・ あくまで予定なんですけどね。
 

» 続きを読む

2016年9月11日 (日)

今福のI川さん宅で

 山鳩を巣から追い出してまで枝を落とし工夫して寝かせておいた白樫 70cmΦ、人力で搬出可能かどうか、ちょっと構えていたが 9月10日の土曜、ヤマさんと二人でなんとか始末をつけることができた。

 
 腐れの進んでいた白樫からは枝が落ちたりして随分と心配しておられたとか。
  
 今では台風が来ても安心していられるのでうれしいとほめてもらってる。
 
 今回は、その完璧な後始末。 
 我ながら ボランティアでそこまでやるか? と感じることもあるんだが、やれるんだからやっちまう ってのが性格みたいなもん。
 
 
 
Kashi0
 
末口で58cmΦほど 元口は変形分をみれば70cm超。 
 
 オイラのアラスカン治具では無理な寸法だったので、ハスク576xp28インチバーで手持ち耳削ぎ なんとか治具が使えるようになったところで写真をとっとっと。
 
 
Kashi2
 
公道沿い生垣脇にピンポイントで寝かせるまでは別に難しくはなかったが、搬出するとなるとクレーンを呼ぶとか何かしないと、丸太状態で転がせるような状況ではない。
 
   玉切りしてしまったら薪以外に何の利用価値もなくなる。
 
 
丸太状態で簡易計算すると1.8トン。 
 
 かなり乾燥が進んでいるとは言っても樫は樫、アラスカンで半割りしたのにその半欠けでさへ人力+ツルハシ/クサビだけでは動かなかった。
  

» 続きを読む

2016年8月28日 (日)

エノキのサビ

毎回、冬でも春でも 今年は夏でも 試しては失敗しているエノキの乾燥処理。

 今回は電子レンジでの加熱を試してみた。
 
 結果は電子レンジによる発熱分布図が描かれてしまったみたいな・・・
 
P8210333
 
 
 30CM長に切った枝を横に並べて寝かせて70度まで加熱
 
 それを2回繰り返し、キッチンペーパーで拭き取り、室温にて乾燥10日で惨めな結果が明らかになった。
 
P8210334
 
 
 十分に熱された部位では材の白い特性が残っているが、温度が十分に上がりきらなかった領域には変色が進行してしまった。
 

» 続きを読む

2016年8月12日 (金)

先月のさんとめ活樹祭

東京新聞8月3日版で 里山の維持成果が紹介されていました。

 
 このイベントは、数十年にわたる地元農家の地道な里山再生作業の結果 荒れて危険だった森が心地好いヤマにうまれかわった結果行えることになった楽しいお祭りでした。
 
 
13942725_1181869755187638_850236952

» 続きを読む

2016年7月28日 (木)

蓋をつけたナチュラルエッジの器

 先日の「さんとめ活樹祭」で薪の積み上げ競技景品として、オイラはリョウブのナチュラルエッジ器を8個提供したのだが、その造形にまだ攻めてゆくポイントを幾つか感じてた。

 
 Keihin4
 
 
 
 Keihin6
 
 
この時は、蓋の全てをヤマザクラで仕上げた。
 

» 続きを読む

2016年7月17日 (日)

第一回さんとめ活樹祭 無事終了しました

 オイラ定番のハイジのブランコ、3基設定しといてオレンジネットで囲み ナルセワールド(笑)なるものを区切らせていただき 思い切り汗をかきました。

 
 

» 続きを読む

2016年7月14日 (木)

ちょっとだけ入院してました

7月5日深夜に激しいメマイに襲われて、万止むを得ず救急車をお願いしました。

 南古谷病院にてCT・MRIの検査を受け、脳味噌のほうには外見上問題はないとのこと、30年前に体験したメニエールの再発かもしれないとの所見をいただきました。

 3泊4日の経過観察入院のあと、高血圧と糖尿の治療が必要という宣告をうけて退院、もう一週間が経ちました。

 今週末に予定している三富のイベント「活樹祭」にむけて大会競技の景品を用意しつつあったのですが、1週間の空白ができちゃったもんで、予定数量に足りないまま突入ということになりそうです。
 
 所在なくFBをひらいてみたら 2年前の今日、こんな記事・動画をポストしてました。

 
https://www.facebook.com/yoshiaki.naruse.5/posts/1213005225416981?pnref=story
 

» 続きを読む

2016年6月24日 (金)

FBの友人から伐採動画へのリンクを貰った。

 多分 これほどの実例が紹介される事は少ないので、このブログにも紹介しておきます。 

  Rayさん、有難うです。

 
 
 
 
   
 
 
かなりの太さのオーク(クヌギ)    実際には内部の腐蝕感覚が事前にチェンソーの応答で把握できてるので、こうなる前に退避することが普通かなと思われます。  
 

» 続きを読む

2016年6月19日 (日)

川越ウエスタでの音楽会

物凄く久しぶりに 殆ど50年ぶりぐらいに、交響楽を聴きに出かけた。

 
 いざ開演の時間になることには全席満員 あやうく立ち見になるところだったみたいな(汗)
 

 
Westa160618
 
FBに記事を入れてしばし記憶にとどめるようにした。
 
 
 この日、午前中はJWAでケンダマ作りの講習をうけ、木工爺様たちの実物とおめにかかり暫しの歓談を愉しむこともできた。
 
 
 
 

» 続きを読む

2016年6月11日 (土)

エノキの黒色変色域は・・・

生木でこの時期に伐り出したエノキでうまく処理できたことは少ない。

 カビとか菌糸とかで侵入してくる変色域を抑制できないことが殆ど。

 なので、 ブログとは別に(写真入力が非常に簡便にできるSNSとしての)FBにアルバムを登録してリンクすることにしたです。
 
カビの抑制は数種類 とりあえずはサンデーペイントの「カビころし」スプレー。 これは乳酸菌の利用とかで人畜無害のものらしい。

» 続きを読む

2016年6月10日 (金)

関東梅雨入りをうけて

 埼玉森林サポータークラブ定例で毎週火曜に所沢の糀谷農用林手入れにでかけているのだが、今シーズンほぼ一段落したので、宮司さんが持っている自走式ナイフ(訂正)モアを借用してきた。

 この能力にはじめて接した時は実に驚いたものだったし、今でも使うたびにおどろかされる。

 
 無理にお願いしたような雰囲気もあったけれど、川越の森林公園構想地周辺の民家所有農用林に派手な不法投棄が多発しつづけているので、対策上どうしても という思いで借用してしまった。
 借用翌日、翌々日と続けて処理を続けてきて、昨日は雨に降り籠められ下着までぬれてしまったつまんない作業。
 
 
11
 
 
22
 
 しかし、手入れしたヤマにみつける百合や萩の毎年の株だけでなく、春先のキンラン、ギンランにつづいてトンボソウが花芽をつけていたりするのを見つけると、ほっとする。
 

» 続きを読む

«2012年のFB記事をチェックしていたら